*

ほうれい線を消すには?マッサージからメイク等。整形しない対策法

お肌の悩みがつきない中でも、特に気になるのはほうれい線ではないでしょうか?

 

あれが目立つと、実際の年齢よりも老けて見えてしまうので、目立たなくしたい、何か対策を取りたい!と思っている方、沢山いらっしゃいますよね?

 

●マッサージや筋トレで消す
●メイクでほうれい線を消す
●その他の解消、対策法は?
●ほうれい線の悩み知らず

 

そんな方の為に、今日はほうれい線を消す為の方法、表情筋の体操やマッサージ、そしてメイクなど、色々とご紹介していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

マッサージや筋トレで消す

ほうれい線は口の周りの筋肉を使いすぎる事で、老廃物が溜まってしまうとできやすいそうです。

 

そこで気になる方の多いこのほうれい線、もちろん私も気になるので、自分の為にも、ほうれい線を薄く目立たなくする為のマッサージをご紹介していきたいと思います!

 

まずは顔のマッサージをする際には、今回のほうれい線解消のマッサージ以外でも、耳の後ろのリンパをほぐす事から入るといいそうです。

 

そのリンパから鎖骨に老廃物流す感じにマッサージをして、準備してから始めましょう!

1.手を鍵の形にして、顎先からぐるっと鼻の付け根まで、一周するようにマッサージ

2.鏡で自分のほうれい線の位置と長さを確認

3.ほうれい線にそって中指を使い、小刻みに揺らすように、上に鼻の付け根までほぐしていく

4.細かくほぐしたものをほうれい線にそって、下から小鼻の辺りへと流す

5.小鼻に流したら、今度は耳の後ろのリンパへと流す

6.耳の後ろのリンパから、今度は鎖骨へと流す

 

こんな感じでマッサージすると、一度行っただけで、ほうれい線は目立たなくなるんですね!

 

ほうれい線を消すマッサージやメイクについてお伝えします。

 

文章では分かりづらい方の為に、実際にマッサージしている動画を探してみました。動画を参考に、マッサージしてみてください。

 

<ほうれい線を消す!たったの3分間で、たるみ解消!…>

 

メイクでほうれい線を消す

マッサージもいいですが、メイクで消す事が出来たら、お手軽かな?って思いませんか?

 

メイクで消すと聞いて、私が一番最初に思い浮かべたのは、ジーニーという商品です。母が使っていた事があるのですが、ほうれい線にかぎらず、小じわを目立たなくしてくれるんですよね。

 

面白い程隠れるのですが、ジーニーをつけた後に、しばらく定着するまで大人しくしている必要があるようで、うちの母は常に忙しく動いている人の為、じっとまっている事が苦手で。

 

最近は使わなくなってしまいましたが、朝のメイクの時にお時間のある方にはオススメかと思います。

 

SPONSORED LINK

 

続いてはすでに持っているものをうまく利用する事で、ほうれい線を目立たなくする方法です。

 

ファンデーションの塗り方を変えるだけで、ほうれい線が目立たなくなるなんて、とても手軽ですよね?

 

やり方は簡単。

1.化粧下地を塗る

2.ほうれい線に明るめの色のコンシーラーを塗る

3.指の腹を使って、トントンと優しくぼかして馴染ませる

※ファンデーションをごく薄く重ねると目立ちにくくなる。
※ファンデーションは他の部分より薄く塗ること!

 

これだけでいいんです。どうですか?お手軽じゃありませんか?

 

laughlines_02_002

 

その他の解消、対策法は?

マッサージとメイクと、ほうれい線対策をご紹介しましたが、その他、こんな方法もあるよ…というものをこちらでご紹介したいと思います。

 

ツボを押す事でむくみを解消して、ほうれい線の対策をする事も出来ます。

 

この時にオススメのツボが、コリョウ(巨りょう)

 

鼻の両脇(小鼻の外側)と、黒目からまっすぐ下へおろした線が交わる所にあるツボで、ここを優しく刺激するとむくみが解消されます。人差し指のはらを左右同時に垂直にあて5秒間軽く押し、ゆっくり離します。これを5回繰り返すだけでいいんです。

 

頬のむくみやたるみ、口や目の歪みの改善も期待できるんだとか。

 

また、肌の皮脂分泌を正常化させるため、乾燥肌の人には特におすすめのツボです。ほうれい線の対策で乾燥肌まで改善されたら、一石二鳥ですよね!

 

乾燥肌で悩んでいる方も、そうでない方も、ぜひ一度お試しあれ。

 

laughlines_02_003

 

ほうれい線の悩み知らず

いかがでしたか?色々な方法がありましたよね。

 

【関連記事】

ほうれい線の原因。骨格や筋肉で肌への影響。片側だけの原因は?

顔のしわの原因と対策法は?伸ばし、マッサージ体操でシワを予防

 

メイクでお手軽に隠してしまう方法や、ツボにマッサージと、ここでご紹介した以外にも、まだまだ方法はあると思います。方法は様々ですが、相性もあるでしょうし、これなら続けられるとか、やりやすいと感じる方法も、個人差があるものです。

 

今回ご紹介した中に、皆さんのやりやすいと感じる方法がありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

 

まだまだほうれい線の心配は要らないという方も、早めに取り組めば、ほうれい線の悩み知らずで過ごせるのではないでしょうか?

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

蚊取り線香の効果とは?赤ちゃんや妊婦に害が心配。犬や猫には?

夏の風物詩といえば蚊取り線香ですね。窓を開けて寝るような季節になってきたら、蚊取り線香を使い出すご家

記事を読む

銀杏の栄養と効能。食べ過ぎによる中毒症状とは?妊娠中はNG?

銀杏といえば、私には、茶碗蒸しに1粒入っているモノという認識です。 あとは、お酒のおつまみで串に刺し

記事を読む

ヨーグルトの賞味期限切れ。未開封はいつまで大丈夫?良い使い道は?

冷蔵庫で発見したヨーグルトが賞味期限を過ぎていた!よくあることですよね~。半年や1年となると即座に諦

記事を読む

ネギの栄養とすごい効能!白と緑の部分で違う?食べ過ぎは体に悪い?

日本人になじみの深いネギ。脇役なイメージですが、色々な料理の引き立て役として昔から使われて来ました。

記事を読む

顔の毛穴の黒ずみ、汚れ除去。パックは有効?目立つ穴の引き締め

緑がまぶしい季節なりました。新生活や、ライフスタイルの変化にも少し慣れ、楽しさ味わう時期にもなりまし

記事を読む

むくみの解消方法。食べ物やお茶、漢方やマッサージで浮腫み改善

現代人に多いといわれているむくみ。   それらの原因の多くは運動不足であったり、長時間

記事を読む

喉の痛み治し方。原因と対処法は?のどが痛い時の食べ物・飲み物

空気が乾燥してくると、気になるのが喉の痛み。喉が痛くなってくると、四六時中気になりますし、酷くなって

記事を読む

貧血の原因とは?男性と女性、高齢者が貧血になる理由、原因は?

「わたし貧血気味で…」というと、儚げな印象を持ったり、守ってあげたくなったりますが、実は当の本人は結

記事を読む

ゴーヤの栄養と効能。妊婦は食べない方がいい?健康にいい効果とは?

毎年、夏のグリーンカーテンのために、5月頃からせっせとプランターに苗を植えます。夏になると、立派なグ

記事を読む

夏風邪の症状と治し方。高熱の原因は?長引く風邪を早く治す方法

夏風邪は馬鹿がひく!という話、聞いたことは無いですか?これって、夏風邪をひくのは体調管理の出来ないお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑