*

十五夜の意味を子供に説明するなら?由来とすすきや団子の意味

突然ですが、十五夜のお月見って詳しくどういうものかご存じですか。

私は先日、姪に突然「十五夜って何?」と聞かれて、お団子を食べてお月見する日のこととしか答えられませんでした。

 

その後も「なんで十五夜って言うの?」とか「なんでお団子を食べるの?」とか質問攻めでした。

おばあちゃんに聞いてみてって逃げましたけど、私って十五夜のこと何も知らないなと思っていろいろと調べてみました。

日本の伝統文化が失われていく中で、皆さんにも十五夜を知っていただけたらと思います。

 

そこで今回は、

●十五夜とは?
●すすきを飾る意味とは?
●お月見団子をお供えする意味、由来は?
●子どもにわかりやすく説明するコツは?

このテーマでお届けします。

 

SPONSORED LINK

 

十五夜とは?

実は、十五夜とは満月という意味なのです。

満月は1年に12回(うるう年は13回)あります。

 

では、なぜ満月を十五夜と言うのでしょう?

 

月は満ち欠けを繰り返していますが、新月から満月になるまでは約15日かかるそうです。そこから満月のことを十五夜と言うようになりました。

 

旧暦の8月15日にあたる満月の日は、空が澄んで月が明るくキレイに見えるということで、十五夜と言えばこの旧暦の8月15日のことを指すようになったそうです。

この旧暦の8月15日にあたる日は毎年変わるので、十五夜も毎年変わることになります。

 

 

ちなみに2018年は9月24日(月)が十五夜です。

 

この十五夜は「お月見」や「中秋の名月」とも呼ばれ、平安時代には貴族がお月見をしていたそうですが、江戸時代に秋の収穫に感謝する収穫祭として庶民に親しまれるようになりました。

 

ここから現代へ繋がっていると思うと、昔ながらの伝統を大切にしなければと思いますね。

 

十五夜の意味を子供に説明する方法です。

 

すすきを飾る意味とは?

お月見にかかせないのが、お団子とすすきですよね。詳しく知らなかった私でも、お月見と言えばお団子とすすきのイメージが湧きます。

 

そこで、なんですすきを飾るの?という疑問が湧いてきませんか。すすきって地味ですし、花を飾る方が華やかでいいと思ったりしませんか?

 

でも、すすきを飾ることにも、ちゃんと意味がありました。

 

SPONSORED LINK

 

実は、すすきは稲穂の代わりだったのです。

 

本来は稲穂が神様を招く依り代(よりしろと読みます。精霊や神が依りつく物や場所のことです)なのですが、

この十五夜の時期には稲穂の収穫が間に合わない為にすすきで代用することになりました。

 

稲穂に似たすすきを飾ることで、神様をお招きしようとしているのですね。さらに、すすきは切り口が鋭いことから魔除けとしての意味もあるそうです。

 

こういう理由なら、すすきは絶対に飾らないといけませんね。

 

fifteenth_night_002

 

お月見団子をお供えする意味、由来は?

お月見にかかせないのは、やっぱりお団子ですよね。

昔は秋に収穫された里芋などをお供えしていたそうですが、途中から米粉で作ったお団子もお供えするようになりました。

 

このお団子は収穫への感謝と健康、幸福も表しているそうで、お供えした後のお団子を食べることで健康や幸福がもたらされると考えられています。

 

お月見団子と聞いてみなさんが思い浮かべるのは、白くて丸いお団子でしょうか。

 

ea6dcb639e9fb2011d996fe52b0589b9_s

 

テレビや絵では白くて丸いお団子が一般的ですが、私が思い浮かべるお団子は紡錘形でこし餡が巻いてあるものです。

これは関西地方特有のもので、里芋の形を表しているそうです。そして、まわりのこし餡は月にかかる雲を表しています。

 

お月見団子も地域によって少しずつ違いがあるようですね。

 

白くて丸いお団子は山の形のように積み上げてお供えされていますが、これは先端から霊界へ通じ月に感謝の気持ちを伝える為だそうです。

 

いくつお供えするかは3通りの説がありまして、

1) 十五夜に合わせて15個
2)
満月の回数分で12個(うるう年は13個)
3) 15の10を省略して5個

 

これも各地域やご家庭によって違いがあるようですね。

 

今年はお子さんと一緒にお団子を作ってみてはいかがですか。

お月見団子の作り方は動画を参考にしてみて下さいね。

 

 

子どもにわかりやすく説明するコツは?

小さいお子さんがいらっしゃれば、ぜひ一緒にお月見を楽しんでほしいですが、質問攻撃にされるかもしれないことを覚悟しておいて下さいね。

 

私が今回いろいろと調べて思ったことは、十五夜って子どもに説明するのは難しいです。なので、なるべく簡単にわかりやすく私なりに考えてみました。

 

お子さんの年齢にもよりますが、これさえ説明しておけば大丈夫というポイントをまとめてみました。

 

1) 十五夜は1年の中で一番キレイな満月が見られる日。だからこの日にお月見をする
 
2) 
秋は食べ物がたくさん取れるから、お供え物をして月にお礼をする
 
3) 
すすきを飾るのは、悪いことが起こらないようにする為と月の神様に来てもらう為
 
4) 
お団子は月へのお供え物で、お供えした後に健康と幸せになれますように願って食べようね

 

この4つのポイントを説明してあげれば、子どもでも十五夜のことがなんとなくわかってくれるのではないでしょうか。

 

子どもの頃からこうして十五夜にお月見をする伝統を知っていれば、大人になってからも引き継いでいってくれるかもしれませんね。

 

fifteenth_night_003

 

私なりに調べた十五夜のこと、いかがでしたか。

今年はお団子も手作りして、きちんとしたお月見を楽しんでみたいと思います。今から十五夜が待ち遠しくなってきました。

 

【関連記事】

中秋の名月2018年はいつ?満月は見られる?由来と意味。行事食とは

次のスーパームーンはいつ?2018年。現象と災害の関連性は?

 

上記の記事では中秋の名月についてや、最近話題のスーパームーンについてまとめていますので、是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お歳暮の時期はいつからいつまで?のしの書き方。喪中の場合とマナー

12月に入ると、デパートはお歳暮の時期の贈り物を選ぶ方で混雑していますよね。最近では、お歳暮もインタ

記事を読む

勝毎花火大会2018。場所取りのコツと穴場スポットは?体験談あり

夏と言えば、あなたが連想するものはなんですか?キャンプ、アクティビティ、レジャー、旅行など、想像した

記事を読む

神奈川新聞花火大会2018。穴場と見どころ。場所取りのコツは?

夏は各地でたくさんの花火大会が開かれますが、中でも神奈川新聞花火大会は、関東最大級の直径480mに及

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣2019年。混雑状況、混み具合は?

伏見稲荷大社とは、その名の通り「おいなりさま」の総本山!稲荷神社といえば、耳に馴染みのある神様ですよ

記事を読む

喪中はがきの文例。夫や義父の場合は?夫婦連名で出す続柄の書き方

木々の葉が色づき始め、朝晩冷え込むようになってまいりました。今年親しいご家族を亡くされた方の中には、

記事を読む

天神祭花火大会2018日程。場所と開始時間は?穴場スポット情報

天神祭とは東京神田祭、京都祇園祭りと並ぶ日本三大祭りの中のひとつです。水の都大阪の、火と水の伝統的な

記事を読む

ヒートショックを防ぐための対策と予防ノウハウ!入浴にはご用心!

冷たい風が吹く寒い冬。風邪やインフルエンザといった病気の予防や対策の他にも、特にこの寒い冬に気をつけ

記事を読む

入籍の手続きに必要書類とは?手続きの流れ。婚姻届けの書き方

「ねぇ、入籍するのに必要な書類って何かある?」この時期になると、昔、友人の口からこぼれた言葉を思い出

記事を読む

川越祭り2018日程と交通規制。山車のルートと時間は?雨天の時

夏休みも終わり、祭りも一区切りと思いきや、まだまだお祭りムードは続きます。   そこで

記事を読む

セミの寿命はどれくらい?成虫が短い理由。 幼虫の土の中の年数は?

13年、17年の周期で発生する素数ゼミがいるとか、携帯電話ではセミの声は聞こえないとか、人間の大きさ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑