*

熊谷花火大会2018穴場スポットと場所取り最新情報!駐車場と屋台

ど迫力の花火と500もの屋台が立ち並ぶ熊谷花火大会関東で開催される最大級の花火大会です。

 

大切な人にメッセージを送れる花火大会なのが魅力的ですね。こんな愛あるメッセージ花火を見ながら心ときめかせるなんて、デートには最適じゃないでしょうか?

 

今回は、そんな熊谷花火大会の楽しみ方を私なりにエスコートしちゃおうと思います。

 

●熊谷花火大会の日程と打ち上げ場所は?
●穴場の駐車場について
●交通規制はあるか?
●熊谷花火大会の穴場スポットは?

 

どうですか?こんな内容でお届けしてまいりますので、是非この夏の予定の参考にしていただけたらと思います。

 

SPONSORED LINK

 

熊谷花火大会2018の日程。開催場所と時間

それでは早速、気になる今年2018年の開催日程などからご紹介します。

開催日:2018年8月11日(土・祝)
小雨は決行。荒天時は、2018年8月12日(日)・18日(土)・19日(日)の順に延期

 

開催時間:19:00~21:00(予定)

打ち上げ総数:約10,000発

来場者数:約35万人予定

 

開催場所:荒川河畔(荒川大橋下流)

 

 

河川敷からの打ち上げで比較的遠い場所からも観覧可能です。

 

kumagaya_fireworks_006

 

見どころは、なんといっても7社もの花火業者が競い合うスターマインコンクール!美しく艶やかに熊谷の夏の夜空を飾ります。かなりレベルの高い花火合戦なので一見の価値ありですよ。

 

熊谷花火大会の穴場スポットと場所取り最新情報です。

 

アクセス方法と駐車場。交通規制は?

アクセス:JR熊谷駅南口(徒歩約5分)

会場付近では大幅な交通規制が17:00頃からかかります。

 

大変な混雑が予想されますので、早めに会場付近へは到着できるようにしましょう。開催日には臨時駐車場も設けられますので、是非早めに確保しておきたいですね。

 

SPONSORED LINK

 

河川敷有料臨時駐車場(1台1,000円)

13:00から駐車OK

・第1臨時駐車場(熊谷市榎町河川敷)→1,750台

・第2臨時駐車場(熊谷市万吉河川敷)→750台

・第3臨時駐車場(熊谷市手島5)→1,000台

 

 

その他の駐車場

・熊谷市役所→100台

・有料市営本町駐車場→305台

・八木橋駐車場→730台(19:00~22:00)

・熊谷地方庁舎駐車場→250台(17:00~22:00)

・イオン熊谷駐車場→500台(19:00~22:00)

 

 

その他、コインパーキングも熊谷市周辺にありますので、営業時間や駅からの距離など検討しながら探すのもポイントです。

 

 

kumagaya_fireworks_007

 

熊谷花火大会の穴場の鑑賞スポット。場所取りのコツ

さて、花火観覧の穴場スポットを紹介します。

 

有料観覧席

有料になりますが、熊谷花火大会を特等席で観覧出来ます。各席の料金は、以下のようになっております。※但し価格については変更がある可能性があります

●枡席(4名) 22,000円
●イス・テーブル席(4名) 16,000円
●イス席(1名) 3,000円
●ブルーシート席(4名) 6,000円

 

 

荒川運動公園

 

当然人気の場所なので早めの場所取りが必要となります。

 

 

荒川運動公園横ラグビー場

こちらも人気の高いスポットで、16:00から開放してくれますので早めの場所取りが必要です。

 

 

イオン熊谷店の屋上

 

開催当日はイオン熊谷店が無料で駐車場を開放してくれます。少し早めに場所取りをしておけば、食事やおトイレの心配する事がないのでお勧めです。

 

 

石原公園

 

開催場所から少し離れますが、視界を遮るものがないので綺麗に花火を観覧する事が可能です。

 

 

熊谷大橋

 

開催場所からはだいぶ遠くなりますが、河川敷なので綺麗に花火を観覧することが可能です。

 

 

久下の河川敷

 

こちらも開催場所から遠くなりますが、視界を遮るものがない河川敷なのでじゅうぶんに観覧可能です。

 

 

ベルク赤木町店の駐車場

 

熊谷駅周辺の混雑も回避でき、食料やトイレなどに困る必要もありません。早めの場所取りをしましょう。

 

kumagaya_fireworks_2015_005

 

場所取りのコツといいますか、13:00から臨時駐車場などが設けられていますので、混雑を避けるためにもいいポジションを確保するためにも、早め早めに現地入りする行動がカギとなります。

 

暑さ対策水分補給を忘れずに、いい場所を確保したら後は優雅に開催時間まで待ちましょう。この熊谷花火大会を楽しむカギはあなたが握っているのですよ!

 

kumagaya_fireworks_2015_002

 

なんといっても車で来場できるのが魅力的ですね。私は基本車行動派なので嬉しい限りです。

 

食べる事が大好きな私には、屋台もやっぱり魅力的要素のひとつです。車の中は家も同然、帰りが混雑してもデートの延長で楽しい時間が増えるかもしれませんね。

 

また、熊谷花火大会の魅力のひとつでもある「メッセージ花火」は、募集期間が毎年5月初旬~6月初旬となっており、今年2018年は5月7日(月)~6月1日(金)ですので、サプライズ好きで、花火と共に溢れる思いを打ち上げてみたい!なんて方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

価格などの詳細につきましては、下記熊谷観光局内のメッセージ花火案内ページをご覧になってください。

 

参考サイト:熊谷観光局メッセージ花火(募集要項、申込書)

 

【関連記事】

隅田川花火大会の穴場スポット。2018日程。場所取りのコツと裏技

 

今年はメッセージ花火の応募に間に合わなかった!という方は、毎年大体5月初旬~6月初旬が応募期間となっているようですので、覚えておくといいかもしれません!

 

愛あるメッセージ花火でときめいて…この2016年の夏の夜を素敵な思い出に変えてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

真駒内花火大会2018!会場外の穴場スポットは?無料で見れる場所

今から夏休みの計画を立てている人もたくさんいますよね。人気スポットだと、もう予約でいっぱいで残念な思

記事を読む

熱田神宮の初詣で混雑する時間帯。元旦、2日、3日の状況

関西地区では知らない人はいない、毎年230万人もの人出を誇る由緒ある熱田神宮。三種の神器である草薙神

記事を読む

東福寺の紅葉2018!見ごろとライトアップ時間。拝観料と混雑状況

秋と言えば、紅葉の秋と言うことで、今回は京都の東福寺というお寺の見どころをご紹介しようと思います。

記事を読む

大阪天神祭花火の穴場スポット2018。日程や場所までの地元体験談

今回は、例年開かれていて、日本三大祭りの一つである天神祭花火大会について詳しく調べていこうと思います

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣2019年。混雑状況、混み具合は?

伏見稲荷大社とは、その名の通り「おいなりさま」の総本山!稲荷神社といえば、耳に馴染みのある神様ですよ

記事を読む

喪中に新年の挨拶メール。返事はどうする?喪中の相手への挨拶マナー

新年の挨拶は、きちんとしておきたいところですが、喪中の相手にはどのように挨拶すれば良いのでしょう?

記事を読む

ハロウィンで子供の衣装を手作りで!男の子やベビーに簡単作り方

もう日本にもすっかり定着したハロウィンですが、本場アメリカとは違って日本では大人も子供も楽しんでいる

記事を読む

福男選び2019はいつ?歴史と参加方法。走る距離とコース攻略法

いよいよ新年がスタートしました。そこで今回は、福男選びという催し物について調べてみました。 &nb

記事を読む

高尾山の紅葉2018!見ごろ時期と混雑状況。おすすめ鑑賞コース

東京の八王子市西方にある「高尾山」は、年間200万人を超える世界一の登山者数を誇ります。 都心から

記事を読む

芝桜の育て方・増やし方。植える時期と正しい植え方とは?

暖かくなると沢山の花が咲くようになりますよね。そんな花の名所を巡る事ももちろん楽しいのですが、自分の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑