*

芦屋花火大会2018穴場スポットは?サマーカーニバル場所と駐車場

さて、夏本番です。ムシムシと暑い夏ですが解放感溢れる季節でもありますね。夏のイベントといえば花火!でも花火だけじゃ物足りないって人に朗報です。

 

今回は、芦屋サマーカーニバルと花火大会2016のご紹介をさせていただきます。今年で38回目を数えるまさにカーニバル!といった盛大な花火大会は、この夏是非訪れたい関西の花火大会のひとつだと思います。

 

●芦屋サマーカーニバルとは?
●芦屋花火大会の日程は?
●あしや花火大会の開催場所は?
●駐車場ってあるの?
●芦屋花火大会の穴場スポットってあるの?

 

といった内容で、芦屋サマーカーニバル及び花火大会に関するさまざまなクエスチョンを、一挙に私なりに紹介しますね。

 

SPONSORED LINK

 

芦屋サマーカーニバルとは?花火大会2018の日程

 

芦屋サマーカーニバルとは、芦屋の夏の市民まつり…もっと詳しく言いますと、開催はNPO法人芦屋市民まつり協議会を中心とした芦屋市民が、頑張って盛り上げているおまつりなのです。

 

今年で38回目を迎えるこのイベント。

 

日中から花火打ち上げまで、音楽LIVEやお笑いLIVEなどのステージでのイベントはもちろん、約1,500店舗もの露店が立ち並び、まさに魅惑のサマーカーニバルなのです。

 

最後を締めくくるように打ち上げられる花火は、このサマーカーニバルのプログラムに含まれていて、まさしく音楽に合わせて打ちあがるという、素敵なエンターテイメントショーなのです。

 

芦屋花火大会の穴場スポットについて調べてみました。

 

これは行くべき!見るべし!体験すべし!花火だけじゃない楽しみ方が満載のサマーカーニバル。1日中楽しめるイベントになっていますので、足を運ぶ価値はあると思いますよ。

 

芦屋サマーカーニバル

開催日:2018年7月28日(土)

カーニバル開催時間:13:00~21:00

花火打ち上げ時間:19:50~20:30(予定)

※小雨は決行。荒天時は中止となります

 

 

是非お腹を空かせて行くことをお勧めします。夏バテ防止にモリモリ美味しいものを食べながら、お笑いLIVE見ながら大笑いするなんて楽しいことだらけと思いませんか?

 

私なら朝食抜いてでも現地に向かいますね。露店に魅せられながらその日1日を目一杯楽しみたいですもの。音楽にも心奪われながら体が勝手に踊り出すかも…

 

な~んてよく考えると、何もかもに心奪われるカーニバルですね。皆さんが夏をさらにenjoyできる事間違いなしです。

 

ashiya_fireworks_2015_002

 

あしや花火大会の開催場所と駐車場。交通規制はあるの?

開催場所:芦屋市総合公園、潮芦屋ビーチ周辺

 

 

駐車場ありませんので車でのご来場は控えましょう。公共機関のご利用をお勧め致します。

 

交通規制:13:00~21:00まであります。混雑が予想されますのでご注意ください

 

最寄り駅:JR、阪急、阪神電鉄芦屋駅から阪急バスで芦屋市総合公園前下車

(18:00以降バスの運行はありません)

 

SPONSORED LINK

 

会場付近では大幅な交通規制がありますので、なるべく公共機関を利用してくださいね。せっかくですので、まる1日サマーカーニバルを楽しむ勢いで、お昼頃から会場へ行った方がいいと思いますよ。

 

そのほか、詳細につきましては、公式サイト等でご確認ください。

 

ステージの上も夏のようにアツくなってること間違いなしなので、この2016年の夏の1日は思いっ切り楽しんだもの勝ちです。

 

ashiya_fireworks_2015_006

 

芦屋花火大会おすすめの穴場スポットは?

芦屋市総合運動公園

こちらでは無料の花火観覧広場として解放してくれています。広い芝生で花火を観覧することが可能です。

 

 

サンシャインワーフ神戸

 

深江浜を挟み、打ち上げ場所からは1kmほど離れた場所なので、花火の迫力を感じる事は出来ませんが、ゆっくりのんびり観覧可能です。車で行けるというのも魅力的ですね。

 

 

渦森台の高台

夜景と花火のコラボが堪能できるスポットです。こちらには駐車場がないのでご注意ください。

 

 

 

西宮大橋

 

打ち上げ場所から少し離れますが、花火が綺麗に観覧できると少し有名なスポットです。迫力は感じる事は出来ませんが、じゅうぶんに花火は観覧可能です。

 

 

リゾ鳴尾浜の芝生

 

その名の通り、芝生にゆったり座ってのんびりと花火観覧が楽しめるスポットです。

 

 

六甲山山頂ガーデンテラス展望台

 

100万ドルの阪神間の夜景とともに花火を観覧する事が可能です。デートなどには最適じゃないでしょうか?夜空を彩る花火と夜景。是非お勧めするスポットです。

 

ashiya_fireworks_2015_003

 

その他、色々なスタイルで花火観覧が出来る有料の協賛観覧席が設けられています。ローソンチケット、ポンパレ、実行委員会事務局で購入可能ですよ。気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

ashiya_fireworks_2015_005

 

サマーカーニバルの最後にプログラムされた花火は、BGMの音楽と花火のコラボレーションを楽しめますので、よりロマンティックな夜になる事でしょう。

 

この夏を1日中楽しめるこのサマーカーニバル。素敵な夏の思い出がまたひとつ増えると思いますよ。誘惑に負けすぎての食べすぎは要注意ですね。まぁ1日くらい食べすぎたっていいとは思いますがね。

 

【関連記事】

みなとこうべ海上花火大会2018。穴場スポットと宿泊ホテルはここ!

 

2016年の夏。一夜限りの花火のエンターテイメントショーを、しっかり心のアルバムに保存してくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

大阪天満宮の初詣2019年。空いてる時間帯と混雑状況は?

今年はどこの初詣にお参りに行こうか?悩まれる方も多いのではないでしょうか。   せっか

記事を読む

湯島天神で初詣。アクセス方法は?元旦の混み具合と混雑を避けるコツ

雄略天皇2年(458年)に創建したと伝えられている、湯島天神。菅原道真が祀るこの神社は、学問の神様と

記事を読む

ハロウィンのかぼちゃ販売はどこ?通販はある?由来から育て方

ハロウィンと言えば、やっぱりオレンジ色のかぼちゃが真っ先に思い浮かびますよね。そもそもハロウィンって

記事を読む

箱根あじさい電車2018。見頃と開花状況。混雑予想と撮影スポット

梅雨に入り、雨が続くとお出かけしたくなくなりますよね。でも綺麗に咲いたあじさいの、涼しい青や紫の花を

記事を読む

祇園祭の山鉾巡行2018。日程と時間。見どころとコースを見る穴場

京都三大祭、日本三大祭、日本三大曳山祭、日本三大山車祭など、様々な三大祭の1つに数えられている京都の

記事を読む

大曲花火大会2018。穴場の観覧スポットは?おすすめ駐車場情報

全国に花火大会は多かれど。花火ファンとして一度は行ってみたいのが「大曲花火大会」ではないでしょうか。

記事を読む

童謡鯉のぼりの歌詞で2番、3番を教えて!歌の意味や由来とは?

桜の季節も終わり、初夏が近づいてくると目に入ってくるのが、大空を泳いでいる鯉のぼり。今回は、 &n

記事を読む

大阪城公園の桜を見に行こう!2018開花予想。お花見イベント情報

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきました。この間散歩をしていたら、近所に梅の花が咲

記事を読む

クリスマスデート東京プラン!昼から行くスポットとイルミネーション

東京都内でクリスマスデートをすることになったら、みなさんはどんな所に行きたくなりますか。ショッピング

記事を読む

七草粥の由来と意味。いつ作る?食べる理由について。レシピと作り方

新年に食べるものの代表として、何といっても日本では、おせちですよね。そして、次にくるのが、七草粥では

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑