*

白浜花火大会2018日程と穴場スポットは?見える場所取りのコツ

SPONSORED LINK

夏!海!花火大会!!でも…夏は疲れるほどの暑さや日焼けに億劫な時期で昼間はクーラーから離れられない。という方も多いのでは!?私もどちらかといえば夏は苦手な方…。

 

しかーし!花火大会となると話は別!大好きな花火大会のことを考えるだけでワクワクして夏が待ち遠しくなります!さらに、花火大会の中でも気持ちいい夜風に当たりながらゆったりと観覧できる夜の海岸での花火大会は絶品そのもの!

 

そこで今回は、数ある関西の花火大会の中から人気花火大会ランキング第2位に輝いた「白浜花火大会」についてご紹介したいと思います!裏情報も盛りだくさんですよ!!

 

早打ち、スターマイン、仕掛花火など、大空に輝く花火の他に、水中で炸裂する水中スターマイン、海上に数十メートルに渡って降り注ぐ仕掛花火ナイアガラの滝など、3,500発の花火は感度の嵐です。そこで今回は、是非知っておいてほしい…

 

■白浜花火大会2018年の日程。開催場所とアクセス方法は?
■駐車場はどこが良い?当日の交通規制と渋滞情報を教えて!
■白浜花火大会の穴場スポットは?混雑なしで見える場所は?
■場所取りのコツやアドバイス。お役立ち情報まとめ
■白浜花火大会が見えるホテル。宿泊におすすめのホテルは?

こんな情報についてお伝えします!

 

SPONSORED LINK

 

白浜花火大会2018年の日程。開催場所とアクセス方法は?

和歌山県の数ある海水浴場の中でも人気ランキング堂々の1位!「白良浜海水浴場」で行われます。白良浜海水浴場の特徴はなんといっても真っ白いさらさらの砂浜!透き通る綺麗な海水!それだけでも見る価値あるかも!?

 

白浜花火大会は、毎年曜日に関係なく8月10日の開催となっているようですので、変更がなければ今年も、同時期の開催かと思われます。

 

ですから、2018年の開催日程は、

2018年8月10日(金)

の見通しです。

 

アクセス方法

○電車:JR白浜駅から明光バス三段壁方面行に乗り14分。白良浜下車すぐ。

○車:阪和道南紀田辺ICから国道42号経由で車で15分

 

 

 

駐車場はどこが良い?当日の交通規制と渋滞情報を教えて!

人気の海水浴場なので駐車場(有料)は周辺にたくさんあります。当日は臨時駐車場も開放されます。ただ、注意していただきたいのが、当日は午後から交通規制が行われます。

 

立ち入り禁止エリアもあるので午前中には白浜入りしておいた方がいいでしょう。

 

日帰りで行く方は駐車場探しに必死です。私の経験では近隣の駐車場は午前中で満車になります。午後になると開催地から遠く離れた場所に停めることになるかも…。

 

道路も午後になると渋滞に巻き込まれて後悔する羽目になります。もちろん、帰路についても同じこと。私の経験では帰りの車に乗り込んでから高速に乗るまでに2時間近くかかったこともあります。日帰りの方はここを覚悟した上で行きましょう。

 

SPONSORED LINK

 

渋滞や混雑をどうしても避けたい方は宿泊がお勧めです。私はこの渋滞を経験してからは宿泊施設を必ず予約しています。後ほど近隣ホテルについて、ホテルの予約の裏技についてもご紹介しますね。

 

 

白浜花火大会の穴場スポットは?混雑なしで見える場所は?

花火大会って場所取りが大変で苦手だわ…。という方も少なくないのでは?ご安心ください!白浜花火大会は海上から打ち上げられるので広~い海岸のどこからでも綺麗ににしっかりと見ることができます

 

海岸で見る観客全員が座って見ることができます。もちろん建物や人が邪魔で見えない!という心配もありません。日中は海水浴ができるので夕方までは海水浴を楽しんで夜に花火大会が見れるのです。ちなみに私はいつもそのパターンです。

 

6208482941_855dd80dce_m

 

そのままビーチチェアをひろげて花火大会を寝転びながら見てる方もいます。広い海岸なので座って見られるし、目の前の海の上から花火が上がるので、とても近くてド迫力!どこからでも見やすいのが白浜花火大会の特徴です。本当に嬉しいポイントですよね。

 

 

場所取りのコツやアドバイス。お役立ち情報まとめ

夕方、花火大会の時間が近づくと波打ち際から順に人が次々と集まってきます。

 

砂浜の上に座ることになるので直に座るのが抵抗のある方はレジャーシート簡易イスを持参しましょう。先程も述べましたが、砂浜は真っ白でさらさらなので直に座っても気持ちいいですよ!

 

3840034624_a8b61ae6fd_m

 

皆さん夕方にはだいたいの場所を確保し、たくさん並んでいる屋台のごはんを食べながら花火大会までの時間を潰されてます。どの場所で見ても綺麗に見えるのですが、ここで1つお楽しみ情報

 

時間に余裕のある方は是非この花火大会を波打ち際の最前列でご覧ください!!これは早めに場所を取る必要がありますよ!私は必ず最前列にレジャーシートを敷き場所取りをしています。日中に海水浴される方はその時点で前の方にシートを敷いておくと確実でしょう。

 

自分の目の前にある真っ暗な海から花火があがるあの感動。まるでこの花火は私のためだけに上がっているのではないかという気分になります!もう絶叫ものです!言葉では言い表せないあの感動を是非!!

 

 

白浜花火大会が見えるホテル。宿泊におすすめのホテルは?

人気の海水浴場、白良浜で行われるので遠方からの方は早めに宿をとるといいでしょう。ただ、たくさんある宿もすぐに満室になるので、花火大会の日程が確定したらすぐに予約しないと取れません

 

ここでひとつこっそり裏技を…。延長などがない限り、だいたい毎年8月10日に開催されるので、花火大会の日程が確定していなくても前もって宿を予約しておいてもいいでしょう

 

万が一日程が違ったら、変更orキャンセルすればオッケー。実は、人気の花火大会なので花火大会の日程が確定してからでは手遅れになることも。

 

225602

 

ここで、人気のある白良浜周辺のお宿をいくつかご紹介します。

 

ホテル三楽荘

白良浜海水浴場が目の前!水着でビーチに行けちゃう!

 

白良荘グランドホテル

白良浜まで徒歩0分の絶景オーシャンビュー!

 

むさし

ウェルカムベビーの旅館で子連れも安心!

 

ラフォーレ南紀白浜

お部屋から花火が見える!

 

ホテルグリーンヒル白浜

ホテル最上階にある展望温泉からのオーシャンビューは絶景そのもの!

 

ご紹介した全てのホテルが白良浜の目の前で、お部屋からor施設内から花火が楽しめます!

 

最後に

私は毎年の白浜花火大会に行っています。自宅からは車で3時間ほどかかりますが、毎年必ず行きたいほど1番好きな花火大会です。

 

今まで10ヶ所以上行っている数ある花火大会の中でも、私の中ではダントツ1位です。そして感動で思わず涙が流れた花火大会が唯一この白浜花火大会です。

 

【関連記事】
大曲花火大会2018。穴場の観覧スポットは?おすすめ駐車場情報

 

カップルのためのロマンチックな花火大会、小さなお子様がいる家族のためのゆったりと見られる花火大会、お友達とワーキャー騒ぎながら楽しめる花火大会…。老若男女問わず、全ての人が満足できる和歌山県の白浜花火大会!

 

是非一度足を運んでみてはいかがですか!?

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お花見の穴場はどこ?東京都内の隠れ花見スポットはここだ!

今年もお花見のシーズンがやってきました。しかし都内にはお花見スポットがたくさんありますが、情報誌やネ

記事を読む

大宮氷川神社の初詣2018。混雑状況と空いてる時間帯は?

初詣には行きたいけれど、何時間も並ぶのはちょっとな…そんな方のために今回は、大宮氷川神社へ初詣につい

記事を読む

七五三のお参りの時間帯。仏滅の日はまずい?普段着でお参りは?

我が子の大事なイベント、七五三。毎年11月15日と日にちが決まっていますが、写真の早撮りなどに気を取

記事を読む

クリスマスの折り紙!サンタやトナカイ。星やリース飾りの簡単折り方

今年はクリスマスの飾りを折り紙で作ってみませんか。クリスマスになると、家の中を飾りつけたくなりますよ

記事を読む

青森ねぶた祭り2018。宿泊で穴場ホテル3選。座敷席おすすめは?

夏の東北最大の祭りと言っても過言ではない「青森のねぶた祭り」。   奈良時代に中国から

記事を読む

運動会のお弁当にサンドイッチ!前日準備のコツとおすすめデザート

運動会のお弁当となると、作るものを何にしたらいいのか困ったりもしますよね。なんせ、家族全員分のものを

記事を読む

京都の紅葉時期、見ごろは何月?2018最新!観光名所ランキング

春夏秋冬、いつの季節も京都はすばらしい自然にあふれ、情緒ある観光名所だと思います。私も1年に1度は訪

記事を読む

水戸偕楽園の梅まつり2018年。見頃と開花状況は?

日本三名園の1つに数えられている水戸の偕楽園では、毎年2月から3月にかけて約100品種3,000本の

記事を読む

土浦花火大会2018!良く見える穴場と場所取りの口コミ情報!

皆さん、日本三大花火大会をご存知ですか?一つは秋田県の「大曲の花火」、二つ目は新潟県の「長岡まつり大

記事を読む

熊本一心行の大桜2018年開花予想。見頃はいつ?車の渋滞予測

桜の季節。近所の桜ももちろん美しいですが、出来れば名所と呼ばれるところの桜も見たいものですよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑