*

熱田神宮の初詣で混雑する時間帯。元旦、2日、3日の状況

関西地区では知らない人はいない、毎年230万人もの人出を誇る由緒ある熱田神宮三種の神器である草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀っている事で有名です。

 

約19万平方メートルもの境内には、本宮や別宮に、8つの摂社と19の末社が鎮座しており、平成25年には創祀1900年を迎え、ますます人気を集めています。

 

ここでは、熱田神宮へのアクセウス方法や混雑予想、混雑を回避する方法をまとめました。

 

●初詣は電車やバスを利用しよう!
●元旦の状況、空いてる時間帯
●2日、3日はどんな具合?
●混雑を避けるためのポイントまとめ

 

熱田神宮へ初詣にお出かけ予定の方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

初詣は電車やバスを利用しよう!

お正月の三が日だけで230万人もの人が訪れる熱田神社。周辺道路は交通規制が実施され、多くの人が行き交います。また、熱田神宮内の駐車場は12月31日~1月5日まで利用出来ません。

 

周辺にコインパーキングもありますが、駐車場を探すのはかなり難しいので、車は諦めて電車やバスで行くことをオススメします。

 

09_txt55_01

 

熱田神宮

住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

電話:052-671-4151

 

 

●電車で行く熱田神社へのアクセス

名鉄名古屋本線神宮前駅から徒歩3分

※年末年始は特別ダイヤで運行されます。各鉄道HPで確認して下さいね

 

 

●車で行く熱田神宮へのアクセス

名古屋高速3号大高線呼続出口から国道1号を経由し、国道19号を金山駅方面へ車で2km

 

子供連れや、おばあちゃんやおじいちゃんを連れて行ってあげたいなど、どうしても車で行きたい場合もあるかと思いますが、熱田神宮の無料駐車場は12月31日~1月5日まで閉鎖されるのでご注意を!

 

近くまで乗り付けるのではなく、歩ける程度に離れた場所でコインパーキングを探すか、隣の駅からは電車に乗るなど工夫しましょう。

 

 

その他、各地方面からのアクセス方法は、公式サイトに詳しく掲載されておりますので、参考になさってみてくださいね。

 

●アクセス・駐車場 | 熱田神宮
http://www.atsutajingu.or.jp/access/

 

 

元旦の状況、空いてる時間帯

家族で楽しく年越し番組を見て、年越しそばを食べて、さぁ!初詣に行こうかな…なんて思ったらよっぽど近所にお住まいの方以外は、3時間から4時間はは並ぶ覚悟が必要です。

 

混雑するのは仕方がないけれど、真冬に何時間も並ぶのはしんどいですね。そこでおすすめの時間帯や混雑のピークを調べました。

 

2

 

<最も避けたい混雑ピーク>

31日0時~1月1日3時頃

初詣に来た満足感が味わえる時間でもありますが、この時間帯は避けた方が無難です。

 

 

<一番のおすすめ時間帯>

1日4時~6時前

それなりの人出はありますが、すこし落ち着きを見せる時間帯です。ただ、冷え込みがきついのと…眠気に耐えられるかが問題です。

 

 

その他おすすめの時間帯としましては、年明け前の23時頃から並んで、参道をぶらぶらしながら除夜の鐘とともにお参りするのも良いでしょう。

 

SPONSORED LINK

 

2日、3日はどんな具合?

大晦日の夜更かしから1日よりも2日、3日に初詣に行くという人も非常に多いです。混雑は朝9時頃から始まり、日が暮れだす17時前後までとなり、この時間帯は非常に混みあいます。

 

最も避けたい時間帯は、10時から2時頃。元旦同様早朝か夕方に参拝するのが良いでしょう。4日は2日・3日に比べると多少は落ち着いてきます。しかし、まだまだ人出がありますので、やはり日中の参拝は避けたいところ。

 

2

 

1月5日は「初えびす」というお祭りがあります。「初えびす」は商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈る祭りで、上知我麻神社、大国主社、事代主社で執り行われます。

 

午前零時の祭典にもかかわらず毎年かなりの大賑わい。なので、4日の午後11時頃から5日にかけては再び大混雑が予想されます。

 

お休みの都合もあるでしょうが、6日以降はぐっと人出が少なくなるのでスケジュールが合えば非常におすすめです。

 

 

混雑を避けるためのポイントまとめ

いかがだったでしょうか?混雑を避けるには、人が行きたがらない時間に行くというのが最大のポイントになりそうです。

 

また、当日のお天気によっても混雑の状況が変わって来ますので、天気予報をチェックしつつ、防寒対策をバッチリ整えて風邪など引かないように気をつけて下さいね!

 

皆様にとって2019年も良い年となりますように!素敵な新年をお過ごしください。

【関連記事】

伊勢神宮の初詣2019。混雑する時間帯、元旦の状況は?

 

熱田神宮と共に関西(東海)では伊勢神宮も初詣に人気のスポットで有名ですよね。上記記事ではそんな伊勢神宮への初詣を検討している皆様のお役に立てそうな情報をまとめていますので、合わせてチェックしてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

箱根の桜の開花状況2018。見ごろの時期はいつ?花見の名所と予想

箱根といえば温泉!!年間約二千万人が訪れる人気の旅先です。箱根の魅力は、山々に囲まれた自然の絶景♪四

記事を読む

明治神宮で七五三。予約受付方法と初穂料の金額。混雑状況は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣を考える方もいらっしゃいますよね。  

記事を読む

秋分の日2018年はいつ?意味について。計算式と決め方とは?

秋も近づきつつある今日この頃です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。   秋と言えば、

記事を読む

ヒートショックを防ぐための対策と予防ノウハウ!入浴にはご用心!

冷たい風が吹く寒い冬。風邪やインフルエンザといった病気の予防や対策の他にも、特にこの寒い冬に気をつけ

記事を読む

セミの寿命はどれくらい?成虫が短い理由。 幼虫の土の中の年数は?

13年、17年の周期で発生する素数ゼミがいるとか、携帯電話ではセミの声は聞こえないとか、人間の大きさ

記事を読む

横須賀花火大会の穴場スポット2018。三笠公園、うみかぜ公園ほか

よこすか開国祭というお祭りをご存知でしょうか?ペリー来航150周年を記念して2003年から始まったお

記事を読む

京都の初詣2019。八坂神社の混雑状況と回避する方法

2018年のお正月は京都で、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。京都には伏見稲荷大社、下

記事を読む

歯ぎしりの原因と治し方。子供はなぜ?マウスピース等で予防と対策

歯ぎしりの音で目が覚めたら、音の発生源が親ではなく子供から発せられていて驚いた、というような方もいら

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2018年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。   この冬至の日は

記事を読む

東京湾花火大会の穴場スポットと絶景レストラン。大華火祭2018

お台場の発展と共に賑を増した東京湾花火大会。最近では、隅田川花火大会に匹敵する、大規模な花火大会とな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑