*

熱田神宮の初詣で混雑する時間帯。元旦、2日、3日の状況

関西地区では知らない人はいない、毎年230万人もの人出を誇る由緒ある熱田神宮三種の神器である草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀っている事で有名です。

 

約19万平方メートルもの境内には、本宮や別宮に、8つの摂社と19の末社が鎮座しており、平成25年には創祀1900年を迎え、ますます人気を集めています。

 

ここでは、熱田神宮へのアクセウス方法や混雑予想、混雑を回避する方法をまとめました。

 

●初詣は電車やバスを利用しよう!
●元旦の状況、空いてる時間帯
●2日、3日はどんな具合?
●混雑を避けるためのポイントまとめ

 

熱田神宮へ初詣にお出かけ予定の方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

初詣は電車やバスを利用しよう!

お正月の三が日だけで230万人もの人が訪れる熱田神社。周辺道路は交通規制が実施され、多くの人が行き交います。また、熱田神宮内の駐車場は12月31日~1月5日まで利用出来ません。

 

周辺にコインパーキングもありますが、駐車場を探すのはかなり難しいので、車は諦めて電車やバスで行くことをオススメします。

 

09_txt55_01

 

熱田神宮

住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

電話:052-671-4151

 

 

●電車で行く熱田神社へのアクセス

名鉄名古屋本線神宮前駅から徒歩3分

※年末年始は特別ダイヤで運行されます。各鉄道HPで確認して下さいね

 

 

●車で行く熱田神宮へのアクセス

名古屋高速3号大高線呼続出口から国道1号を経由し、国道19号を金山駅方面へ車で2km

 

子供連れや、おばあちゃんやおじいちゃんを連れて行ってあげたいなど、どうしても車で行きたい場合もあるかと思いますが、熱田神宮の無料駐車場は12月31日~1月5日まで閉鎖されるのでご注意を!

 

近くまで乗り付けるのではなく、歩ける程度に離れた場所でコインパーキングを探すか、隣の駅からは電車に乗るなど工夫しましょう。

 

 

その他、各地方面からのアクセス方法は、公式サイトに詳しく掲載されておりますので、参考になさってみてくださいね。

 

●アクセス・駐車場 | 熱田神宮
http://www.atsutajingu.or.jp/access/

 

 

元旦の状況、空いてる時間帯

家族で楽しく年越し番組を見て、年越しそばを食べて、さぁ!初詣に行こうかな…なんて思ったらよっぽど近所にお住まいの方以外は、3時間から4時間はは並ぶ覚悟が必要です。

 

混雑するのは仕方がないけれど、真冬に何時間も並ぶのはしんどいですね。そこでおすすめの時間帯や混雑のピークを調べました。

 

2

 

<最も避けたい混雑ピーク>

31日0時~1月1日3時頃

初詣に来た満足感が味わえる時間でもありますが、この時間帯は避けた方が無難です。

 

 

<一番のおすすめ時間帯>

1日4時~6時前

それなりの人出はありますが、すこし落ち着きを見せる時間帯です。ただ、冷え込みがきついのと…眠気に耐えられるかが問題です。

 

 

その他おすすめの時間帯としましては、年明け前の23時頃から並んで、参道をぶらぶらしながら除夜の鐘とともにお参りするのも良いでしょう。

 

SPONSORED LINK

 

2日、3日はどんな具合?

大晦日の夜更かしから1日よりも2日、3日に初詣に行くという人も非常に多いです。混雑は朝9時頃から始まり、日が暮れだす17時前後までとなり、この時間帯は非常に混みあいます。

 

最も避けたい時間帯は、10時から2時頃。元旦同様早朝か夕方に参拝するのが良いでしょう。4日は2日・3日に比べると多少は落ち着いてきます。しかし、まだまだ人出がありますので、やはり日中の参拝は避けたいところ。

 

2

 

1月5日は「初えびす」というお祭りがあります。「初えびす」は商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈る祭りで、上知我麻神社、大国主社、事代主社で執り行われます。

 

午前零時の祭典にもかかわらず毎年かなりの大賑わい。なので、4日の午後11時頃から5日にかけては再び大混雑が予想されます。

 

お休みの都合もあるでしょうが、6日以降はぐっと人出が少なくなるのでスケジュールが合えば非常におすすめです。

 

 

混雑を避けるためのポイントまとめ

いかがだったでしょうか?混雑を避けるには、人が行きたがらない時間に行くというのが最大のポイントになりそうです。

 

また、当日のお天気によっても混雑の状況が変わって来ますので、天気予報をチェックしつつ、防寒対策をバッチリ整えて風邪など引かないように気をつけて下さいね!

 

皆様にとって2019年も良い年となりますように!素敵な新年をお過ごしください。

【関連記事】

伊勢神宮の初詣2019。混雑する時間帯、元旦の状況は?

 

熱田神宮と共に関西(東海)では伊勢神宮も初詣に人気のスポットで有名ですよね。上記記事ではそんな伊勢神宮への初詣を検討している皆様のお役に立てそうな情報をまとめていますので、合わせてチェックしてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

佐野厄除け大師で初詣。大晦日と正月の混雑状況。営業時間はいつまで?

佐野厄除け大師は、関東では初詣や厄除けや方位除けなどで知られる関東三大師の一つです。他には青柳大師、

記事を読む

花粉症の治療。舌下免疫療法とレーザーの費用。東京ほか病院おすすめ

花粉の季節になると、鼻水やくしゃみ・咳、目のカユミなどの症状に日本人の約3割が悩まされるそうです。

記事を読む

お墓参りの線香の本数は一人何本立てればいい?線香の意味は?

1人でお墓参りって行った事がありますか?いつも親戚や両親と一緒に行く事が主で、考えてみたら1人でお墓

記事を読む

龍安寺の石庭の謎と意味。見所と京都駅からバスのアクセス方法

世界遺産に登録されている龍安寺、いつも多くの参拝客の方が訪れています。こちらの石庭についてご存知です

記事を読む

七五三で親の服装。父親は?スーツとネクタイの色。礼服で良い?

七五三では普段は着られない着物や洋服を着られるので、お子さんも楽しみにしているのではないでしょうか。

記事を読む

山の日2018。祝日になった理由となぜ8月11日?制定の由来は?

カレンダーを眺めつつ祝日をチェックして、一年の遊びの計画を立てようとしていた時の事です。8月に差し掛

記事を読む

御堂筋イルミネーションの行き方。2018年の開催期間と時間は?レストラン情報

クリスマスが近づくとあちこちでイルミネーションが輝き始めて、気分もウキウキしますよね。私もイルミネー

記事を読む

お年玉の金額の相場はいくら?2019年の最新平均金額を公開

お正月、かつて子供だった頃。もらえるお年玉の合計を前年と比較して嬉しかったり落ち込んだり…。でも、や

記事を読む

五月人形は誰が買うもの?初節句でどっちの親が贈るのが常識?

子供の誕生を祝い、健やかに成長してくれるように願いを込めて、日本では初節句に女の子には雛人形、男の子

記事を読む

新年の挨拶メールでビジネス用まとめ。上司や取引先。お客様向け文例

新年早々の上司や取引先への挨拶は、直接出向いて挨拶することがマナーですが、最近はメールで済ませる人も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑