*

伊勢神宮の初詣2019。混雑する時間帯や元旦の状況は?

1年の計は元旦にあり。今年はちょっと気合いを入れて、伊勢神宮まで足を伸ばしてみようとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ気をつけたいのは、伊勢神宮の混雑具合。混雑状況によっては、参拝出来ない程に混雑していた、なんてこともあるかもしれません。今回は、そんな伊勢神宮の初詣の混雑具合について紹介致します。

 

●伊勢神宮へのアクセス
●元旦の混み具合と予想
●混雑する時間帯
●夜の状況、早朝の込み具合は?
●混雑はいつまで続く?
●回避する方法まとめ

 

こんなテーマでお届けします。伊勢神宮に初詣をとお考えの方は、是非参考になさってくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

伊勢神宮へのアクセス

伊勢神宮への交通手段は、通常時であれば車や電車、または高速バスになると思います。ただここで気をつけたいのは、初詣時期は非常に混雑し交通規制もされています。

 

そのため初詣に向かう場合に車で向かうのはオススメしません。伊勢自動車の伊勢西IC、伊勢ICでは、高速道路を降りられないくらい渋滞していることもあります。

 

1912443b944bd2f9cedbcc071bbd57df_s

 

ただ、どうしても車で行きたい場合は、伊勢神宮からは少し離れていますが、三重県営サンアリーナ駐車場に停め、無料のシャトルバスに乗って伊勢神宮へ向かう方法があります。

 

このシャトルバスは内宮まで専用レーンを走行しますので、比較的スムーズに内宮近くまで行くことが出来ます。

 

 

また、その他の交通手段については、以下のホームページが便利ですので、ご参照ください。

参考サイト:伊勢市観光協会/みちのり

 

伊勢神宮の初詣に行くなら、混雑する時間帯を調べてから行くようにして下さい。

 

元旦の混み具合と予想

伊勢神宮は2013年に式年遷宮が行われたこともあり、2014年の初詣時期には例年の2倍の100万人規模の参拝客が訪れました。

 

2016年はそこまでのイベントは無いにしても、式年遷宮で取り上げられて知名度が上がったことや、神社の中も大幅に改装された事で、100万人規模とはいかないにしろ、かなりの混雑が予想されています。

 

5c28a478326c3b4e664011cca8502f97_s

 

大晦日の夜、正月三が日の日中に初詣に行きたいと考えている方は、ほとんど身動きが取れないくらいの大混雑になることを覚悟して向かいましょう。

 

例年この時期の伊勢神宮は、神社に入ってから参拝出来るまでに2時間以上かかるのが普通ですから、最低でもそれくらいは考えておいた方が無難です。

 

 

混雑する時間帯

伊勢神宮への初詣で一番混雑している時間帯は、午前11時頃です。

 

この時刻に参拝しようとすると、大体2時間くらい並ぶことを覚悟しておいた方が無難です。

 

SPONSORED LINK

 

夜の状況、早朝の込み具合は?

伊勢神宮での初詣で狙い目の時間は、実は早朝です。通常、伊勢神宮の参拝時間は午前5時から18時までなのですが、お正月期間は参拝時間が延長されています。

 

12月31日から1月5日は午前5時から22時までですが、終日開放されていますので早朝でも参拝することが可能です。

 

 

特に狙い目は午前4時から5時の間で、この時間帯はおはらい町やおかげ横丁も営業していませんので、参拝だけを考えるのであればスムーズに参拝出来るオススメの時間帯になります。

 

また、この期間は夜間も開放されていますので、大晦日を外せば空いている夜中に参拝する事も可能です。

 

2

 

混雑はいつまで続く?

1月6日からは終日開放がされず、参拝は22時までしか行えません。少し早い時間から空いてくると考えられますので、混雑を避けたいのであれば5日・6日の20時以降に向かいましょう。

 

比較的スムーズに参拝出来るのではないかと思われます。

 

また、7日以降は18時までしか参拝出来ませんので、7日以降に行く場合は、夜間ではなく朝5時から8時頃に向かうのがオススメです。 

 

3

 

回避する方法まとめ

以上のことより、伊勢神宮の混雑を出来る限り回避する方法をまとめますと、下記のようになります。

 

●車で行かずに公共交通機関を利用する。

ただし、車で向かう時には三重県営サンアリーナ駐車場に停めてシャトルバスを利用することで、スムーズに移動出来る可能性が高い。

 

●参拝客のピークは午前11時頃なので、その時間は避ける。

スムーズに参拝をしたいのであれば、午前4時頃など早朝に参拝する。

 

3be713cd4d6bbdd6d2ad9c59ef189558_s

 

1年の始まりですから、せっかく伊勢神宮に行ったのに人が多すぎて参拝出来なかったという事がないように、しっかり下調べをしてから向かうようにしましょう。

 

【関連記事】

熱田神宮の初詣で混雑する時間帯。元旦、2日、3日の状況

 

こちらの記事では愛知県名古屋市にある熱田神宮で初詣をお考えの方に役立ちそうな情報をまとめていますので、気になる方は是非ともチェックしてみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

みなとこうべ海上花火大会2018。穴場スポットと宿泊ホテルはここ!

関西で行ってみたい花火ランキング1位のこの花火大会。実は大阪在住の私は、恐れ多き神戸様なのです。なん

記事を読む

彼氏のバレンタインプレゼント人気ランキング!大学生や高校生なら?

バレンタインが近づくと今年はどんなチョコにしようかとか、プレゼントは何にしようかって悩みますよね。特

記事を読む

女の子の初節句。雛人形、衣装やお祝い料理の準備は?

子供が生まれると、それまで知らなかった、お祝いの行事がたくさんあることに驚きますね。今回は、女の子の

記事を読む

雛人形の飾り方。七段、五段、三段飾りの正しい並べ方とは?

桃の節句ひな祭り。娘さんの居るご家庭では、娘さんと一緒に雛人形を飾るのも、楽しみの一つなのではないで

記事を読む

東京大神宮の初詣2019年。混雑状況と待ち時間は?

縁結びで有名な東京大神宮。2019年は絶対に相手を見つけたい、または今のお相手との縁をもっともっと深

記事を読む

大阪で除夜の鐘をつけるお寺は?大晦日のおすすめ神社。初詣はここ!

大晦日といえば、除夜の鐘ですよね。全国には除夜の鐘で有名な神社やお寺がありますが、関西で思い浮かべる

記事を読む

平塚の七夕まつり2018。日程と時間。駐車場は?屋台ほか見どころ

関東の三大七夕まつりの1つである、湘南平塚の七夕まつり。平塚市で毎年開催されている七夕まつりは、正式

記事を読む

東福寺の紅葉2018!見ごろとライトアップ時間。拝観料と混雑状況

秋と言えば、紅葉の秋と言うことで、今回は京都の東福寺というお寺の見どころをご紹介しようと思います。

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

節分いわしの由来。食べる理由や意味。地域の違いやいつ食べるか?

節分の時期が近づいてきました。節分といえば、一般的に豆まきを連想されると思います。ですが、地域によっ

記事を読む

Comment

  1. […] 参照元:https://yakudatta.com/archives/109.html(役立ったドットコム) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑