*

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

私は春の七草はお粥を食べるくらいで、秋の七草についてはほとんど知りませんでした。もちろん、春も秋も七草の種類は言えません。

 

でも、せっかくなら秋の七草のことをもっと知ってみたいですよね。そこで今回は秋の七草について、いろいろと調べてみました。

 

●秋の七草とは?春との違いは?
●七草の意味と由来について
●秋はお粥にして食べるの?
●覚え方でおすすめの方法は?

秋の七草のことをもっと知って、周りのみんなをアッと驚かせちゃいましょう。

 

SPONSORED LINK

 

秋の七草とは?春との違いは?

秋と春の大きな違いはなんといっても、七草の種類です。

 

春の七草は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・仏の座・スズナ(カブ)・スズシロ(大根)の七種類です。

 

それに対して、秋の七草は、

(ハギ)
桔梗
(キキョウ)
(クズ)
藤袴
(フジバカマ)
女郎花
(オミナエシ)
尾花
(オバナ)※ススキ
撫子
(ナデシコ)

の七種類です。

 

秋の七草の種類を見ると、草と言うより花が頭に浮かんできませんか。

 

春の七草は1月7日に邪気を払い、縁起を祝う為に七草粥にして食べるのが一般的ですよね。ですが、秋の七草は観賞用なのです。

 

私も秋の七草について調べるまでは、春と同様にお粥にして食べるのかと思っていました。

 

秋の七草の覚え方でおすすめの方法をお伝えします。

 

七草の意味と由来について

秋の七草の由来はいったい何なのでしょう?

 

なぜ、この七種類が選ばれたのか不思議に思いませんか?秋に咲く花なら他にもたくさんあるのに、なぜこの七種類になったのでしょう?

 

それは、万葉集で山上憶良が詠んだ二首の歌に秘密がありました。

「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七草の花」
「萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝貌の花」

この二首の歌が秋の七草の由来となっています。

 

ここからこの秋の七草が日本を代表する草花として、親しまれるようになったと言われています。

 

SPONSORED LINK

 

ちなみに、この歌に出てくる朝貌とは朝顔ではなく桔梗のことで、尾花とはススキのことだそうです。

 

万葉集の歌から秋の七草が選ばれているなんて、日本らしい歴史を感じますよね。

 

autumnal_flowers_001

 

秋はお粥にして食べるの?

先程も少しふれたように、秋の七草は観賞用なのでお粥にして食べることはありませんこれから寒い冬へ向かう前に、咲き誇る花の美しさを愛でるためのものなのです。

 

052276

 

ですが、最近では秋の七草も自然に生えているものを見る機会が少なくなりましたよね。

 

ススキなどは今でもよく見かけますが、自然の中で秋の七草を見つけるのは困難になってきました。山上憶良が歌を詠んだ頃は、たくさん咲き誇っていたのでしょうね。

 

秋の七草がどんな草花なのかは動画を見て下さいね。初めて見るような花もありますよ。

 

 

覚え方でおすすめの方法は?

皆さんは、先程ご紹介した秋の七草をどのくらい覚えていますか。普段あまりなじみのない草花が多いので、覚えておくのは簡単なことじゃありませんよね。

 

そこで、忘れない為に語呂合わせで覚えておくのがおすすめです。

 

代表的なものに「お好きな服は(おすきなふくは)」があります。

・女郎花
・ススキ
・桔梗
・撫子
・藤袴
・葛
・萩

こうしてそれぞれの頭文字を組み合わせてあります。

 

 

他には「大きな袴はく」というのもありますよ。

・女郎花
・尾花
・桔梗
・撫子
・藤袴
・萩
・葛

こちらもなかなか覚えやすそうですね。

 

 

そして、もうひとつちょっとおもしろい語呂合わせをご紹介しますね。

 

「ハスキーなおふくろ」というものです。

・萩
・ススキ
・桔梗
・撫子
・女郎花
・藤袴
・葛

というものです。最後のろは字余りですが、おもしろい覚え方ですよね。

 

語呂合わせをせっかく覚えても、その後に続く草花の名前が出てこなかったらあまり意味がありませんので、草花のこともきちんと覚えておきましょうね。

 

autumnal_flowers_003

 

秋の七草についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。正直、私は初めて知ることばかりでした。

 

秋の七草は春とは違い、この日に何かをするという行事ではないので、普段の生活ではあまり気にすることがありませんでした。

 

でも、ちゃんと理解すると秋の七草も風情があっていいものだと見直しました。これから冬になる前は、野原に咲いている花に目を向けてみようと思います。

 

皆さんもぜひ、秋の七草を探してみてくださいね。案外、近くにひっそりと咲いているかもしれませんよ。

 

【関連記事】

中秋の名月2018年はいつ?満月は見られる?由来と意味。行事食とは

 

秋の七草の中にススキが出てきましたね。ススキといえばお月見!

上記記事では、中秋の名月について詳しくまとめていますので、是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

結婚式の服装。親族として式に参列する場合。男性、女性のマナー

親族として結婚式に出席する場合は、友人や同僚などの結婚式にゲストとして出席する場合と、マナーに多少の

記事を読む

花粉症の薬の副作用とは?妊娠中や授乳中への影響。種類と強さ比較

鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの症状に悩まされる花粉症。花粉症になると、夜も寝つきにくくなり、体調も

記事を読む

お屠蘇とは?意味と由来。おとその作り方と作法。未成年は平気?

今年も残りあとわずかとなってきました。お正月準備に追われている方も多いのではないでしょうか? &n

記事を読む

七五三で親の服装。母親はスーツ、着物?ママの髪型。妊婦なら

七五三と言えば、お子さんの成長に感謝しご加護をお祈りする儀式ですね。 主役はあくまでもお子さんです

記事を読む

熱田神宮の初詣で混雑する時間帯。元旦、2日、3日の状況

関西地区では知らない人はいない、毎年230万人もの人出を誇る由緒ある熱田神宮。三種の神器である草薙神

記事を読む

暑気払いの時期と意味。案内文の文例。乾杯の挨拶や締めの言葉

寒暖の差が激しい今日この頃ですが、夏が日に日に近づいているのが、外の木々や空気でも感じられるようにな

記事を読む

若草山の山焼き2019年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。  

記事を読む

明治神宮の初詣。2019年の混雑状況と回避する方法とは?

皆様、どこに初詣行くか決めましたか?おなじみの地元の神社?それとも旅行先で?やっぱり一年の始まりです

記事を読む

冬休みの期間2018-2019。公立の小学校や中学校。高校はいつから?

もうすぐやってくる冬休み。里帰りや旅行の計画をたてるのに、いつからいつまで休みなのかは気になるところ

記事を読む

目黒川の桜まつり2018。お花見クルーズ、ライトアップほか見どころ

東京のお花見スポットといえば、皇居や上野公園、代々木公園、隅田川・・・とたくさんありますが、去年の某

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑