*

お中元のお礼状はがき。ビジネスの文例とマナー。個人宛の場合は?

お中元を頂いたら、お礼の気持ちは必ず伝えますよね。でも、その伝え方にもマナーがあることをご存知でしょうか。

 

身内や親しい友人からのお中元であれば、お礼の電話やメールで済ませてしまいがちですが、正式にはお礼状を出すのがマナーです。

 

●お礼状で気を付けたいマナーとは?
●お礼状の書き方。ビジネスの文例
●個人宛の礼状の文例。メールでもいい?

 

今回は、お中元のお礼状のマナーや文例についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

お礼状で気を付けたいマナーとは?

まずは、やはりしっかりとお礼状を出すこと。

電話やメールでのお礼はあくまで略式ですから、しかるべき相手からのお中元に対しては、お礼状を出しましょう。

 

また、お中元を頂いてお礼状を出す場合は、出来るだけ早くお礼状を出すのも大切です。

 

あまりにお礼状を送るのが遅くなってしまうと逆に失礼になりますから、気を付けるようにしてください。

 

お中元のお礼状はがきは、マナーを守って贈りましょう。

 

お中元を頂いたら、お礼状と一緒にお返しを送ってしまいがちですが、一般的にお中元にはお返しは不要とされていることを頭に入れておきましょう。

 

ただ、お付き合いの関係でお返しが必要な方には、お礼状にお返しをお送りした旨を記載し、少しタイミングをずらしてお返しを送るようにしましょう。

 

お中元の時期であれば、お返しは「残暑御見舞」や「暑中御見舞」くらいの時期に行うのが一般的です。

 

 

お礼状の書き方。ビジネスの文例

お礼状の正式な書き方としては、便せんに縦書きをするのが基本ですが、会社でお礼状を送る場合、頂くお中元の数が多いこともありますから、便せんではなくハガキに印刷してあるお礼状を用いる場合もあります。

 

大切なことは、頂いたら出来るだけ早くお礼の気持ちを相手にお伝えすることです。

 

SPONSORED LINK

 

<文例>

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

平素は格別のご厚誼を賜り、深く感謝申し上げます。

この度は、ご丁寧なお品をお贈り頂き、ありがとうございました。

御厚意に御礼申し上げます。

 

暑さはこれから本格化してまいりますから、皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

略儀ではございますが、書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

20○○年7月

○○株式会社

代表取締役 ○○○○

 

bon_festival_gifts_001

 

個人宛の礼状の文例。メールでもいい?

知人からお中元を頂いた場合とても親しい間柄であれば、メールでお礼を伝えても問題ありませんが、そこまで親しくない相手からのお中元であれば、やはりきちんとお礼状を出すようにしましょう

 

便せんに縦書きで手書きするのが正式なマナーですが、ハガキに横書きでも問題ありません。

 

大切なことは、感謝の気持ちをすぐに相手に伝えることです。

 

<文例>

暑中御見舞申し上げます。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

この度はご丁寧なお心遣いを頂き、誠にありがとうございました。

今年はまだまだ暑さが続くようですので、どうぞご自愛くださいませ。

 

簡単ではございますが、取り急ぎ書中にて御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

 

20○○年7月

○○ ○○

 

bon_festival_gifts_002

 

いかがでしたでしょうか。

毎年きちんとお礼状の文面を作成し直すのが大変な場合は、本文のひな形だけを作成しておいて、文末の日付のみ手書きで記載することで、翌年以降も使うことが出来ます。

 

御礼の言葉はもちろんですが、相手の体調を気遣う言葉や、今後の発展をお祈りする言葉を加えるのもポイントの1つです。

 

【関連記事】

お中元の時期。関西や九州、北海道で違うの?お中元のマナーとは

 

基本的な点をしっかりと押さえて、相手に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

仕事納めの挨拶例文。上司や取引先への一言。納会でスピーチなら?

みなさまお疲れ様です。2015年も終わろうとしています。御社の仕事納めは何日ですか?今年を締めくくり

記事を読む

定期券払い戻しの計算方法。利用途中は使用期間いつまで可能か?

普段何気なく便利に使用している定期券。   でも何らかの事情により、定期券が不要になっ

記事を読む

入学祝いのお礼状の例文。本人から親戚への書き方なら?

新入学の季節です。   ご入学にあたり、お祝いを頂戴することも多く、また出会うかたがた

記事を読む

浅草酉の市2018日程。屋台は24時間営業?熊手の買い方と返し方

敬愛する正岡子規の作品の中に「雑閙(ざっとう)や熊手押あふ酉の市」という俳句が有ります。  &nb

記事を読む

東京のご利益がある神社やお寺。恋愛、就職、仕事、健康なら?

東京には様々な寺社があり、どの寺社にお参りに行けば良いのか?悩まれた方もいらっしゃるのではないかと思

記事を読む

太宰府天満宮の梅見頃。2019年の開花状況と梅祭り最新情報

太宰府天満宮といえば菅原道真公が祀られているとして、とても有名ですよね。でも、それだけじゃありません

記事を読む

明治神宮で七五三。予約受付方法と初穂料の金額。混雑状況は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣を考える方もいらっしゃいますよね。  

記事を読む

針供養とは?東京、大阪、京都、福岡の神社で行うならどこ?

事八日と言う言葉をご存知でしょうか?「事(こと)」とはお正月に行われる神事をあらわす言葉で、お正月を

記事を読む

高台寺の紅葉ライトアップ2018!見頃と混雑状況は?アクセス方法

さて、前回は東福寺の紅葉についてご紹介いたしましたが、今回は同じ京都でも高台寺の紅葉についてご紹介し

記事を読む

年末の挨拶文例。お客様から友人まで使える年末のあいさつ

年末になるとご挨拶回りに忙しいもの。取引先やお客様、会社の上司へ今年一年のお付き合いや、お買い上げな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑