*

葛飾納涼花火大会の穴場2018。屋台は出るの?ゆっくり見れる場所

7月、8月は各地でたくさん花火大会が催されますよね。皆さんはどの花火大会に行かれますか?中にはいけるものは全部参加しよう!なんて、張り切っている方も居るかも知れません。

 

そんな花火を楽しみにしている方の為に、今回は葛飾納涼花火大会についてご紹介したいと思います。今年2016年は一体いつ開催されるのか、知りたいですよね!

 

●葛飾納涼花火大会2018の日程は?
●屋台は出るの?見どころは?
●穴場はどこ?ゆっくり見れるスポットは?
●自分ににあった楽しみ方

 

ゆっくり見られる穴場なんかもご紹介したいと思いますので、花火を見に行く際に、役立てて頂けたらと思います。

 

SPONSORED LINK

 

葛飾納涼花火大会2018の日程は?

まだ正式に日程の発表はありませんが、例年では7月の第四火曜日に開催されています。そうなんです、火曜日なんですよ!

 

というわけで、今年2018年の開催日程は、

2018年7月24日(火) 19:20~20:30

です。

 

では、その他細かい情報なんかも入れて、葛飾納涼花火大会についてまとめてみたいと思います。

 

葛飾納涼花火大会の穴場スポットについて、調べてみました。

 

葛飾納涼花火大会

日程 : 2018年7月24日(火)
※荒天の場合は翌日25日に順延、翌日も荒天の場合は中止となります。

時間 : 19:20~20:30

場所 : 東京都葛飾区柴又

打ち上げ場所 : 葛飾区柴又野球場

 


大きな地図で見る

 

お問い合わせ : 葛飾区コールセンター

電話 : 03-6758-2222

 

 

 

屋台は出るの?見どころは?

葛飾納涼花火大会はどんな花火大会なのか?といいますと、江戸川の川面から間近に打ち上げられるので、体氏の芯にその音が響くド迫力が魅力です。

 

また、花火って、花火と花火の間に待ち時間というか、少し間がある感じありませんか?ですが、この葛飾納涼花火大会の花火は、オープニングから連続で打ち上げられるのも特徴の一つなのです。それだけをとっとも、迫力満点な感じがしますよね! 

 

SPONSORED LINK

 

1時間という短い時間ですが、内容の濃さは満点の、忘れられない1時間になるのではないでしょうか?なんとその1時間に、12,000発もの花火が打ち上げられるのですから!

 

また屋台も花火大会の楽しみの一つですよね?中には屋台の出ない花火大会もあるようですが、こちらの花火大会は屋台も充実しているようですよ!

 

柴又帝釈天近くに屋台が軒を並べていますので、花火を見ながらの食べ歩きなんかもできて、夏の夜を満喫できる花火大会となっています。

 

katsushika_fireworks_002

 

穴場はどこ?ゆっくり見れるスポットは?

続いては花火見物のオススメスポットをご紹介しますね。まずは穴場からご紹介していきたいと思います。

 

江戸川の川面から打ち上げられる花火ですので、江戸川沿いを歩いていると、空いている場所を発見する事が出来ます。花火を見ながら移動して、花火がよく見えてなおかつ空いている場所を探してみてください。

 

 

また、皆さん葛飾柴又まで出向いてしまうかと思いますが、JR松戸駅を利用するのもオススメなんです!川を挟んで松戸市側からの花火見物でしたら、江戸川沿いよりも空いているので、のんびりと花火を楽しむ事が出来ると思います。

 

 

その他のオススメスポットもご紹介しますね。

・江戸川河川敷
・取水塔北側の土手
・新葛飾橋

この辺りが定番の人気スポットですね。

 

柴又まで行かれて花火を見物するという方は、早めに出て、柴又帝釈天などを観光して、夜は花火を楽しむというのも素敵なのではないでしょうか?

 

katsushika_fireworks_003

 

自分ににあった楽しみ方

いかがでしたか?今回調べてみて、個人的に「なるほど!」と感じたのが、JR松戸駅を利用するという事。

 

どうしても葛飾納涼花火大会という事で、葛飾柴又まで行って見るという発想になりがちですが、ちょっと発想を転換する事で、混雑を避けてのんびりと美しい花火を楽しむ事も出来てしまうんですね。

 

【関連記事】

隅田川花火大会の穴場スポット。2018日程。場所取りのコツと裏技

 

現地の喧騒を楽しむのもよし、のんびりを優先して松戸市から楽しむのもよし、自分ににあった楽しみ方を見つけて頂けたらと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

建国記念日の由来、起源とは?驚きの意味を知っていますか?

2月11日は「建国記念の日」。「建国記念日」だと思っている方も多いのではないでしょうか?そして、日本

記事を読む

暑気払いの時期と意味。案内文の文例。乾杯の挨拶や締めの言葉

寒暖の差が激しい今日この頃ですが、夏が日に日に近づいているのが、外の木々や空気でも感じられるようにな

記事を読む

水戸偕楽園の梅まつり2019年。見頃と開花状況は?

日本三名園の1つに数えられている水戸の偕楽園では、毎年2月から3月にかけて約100品種3,000本の

記事を読む

クリスマスプレゼント女性向け人気ランキング。友達や友人、同僚に

クリスマスが近づいてきたということは、プレゼント選びを血眼になってしていらっしゃる方もいるのでは?そ

記事を読む

小学校の卒業式で男の子のスーツ、服装おすすめはコレ!

肌寒かった風が段々と心地よくなってくる今日この頃です。ぽかぽかとした春の日差しが心地よくて、まったり

記事を読む

卒園式の母親の服装で迷ったら?服装の色や組み合わせはコレ!

ご卒園おめでとうございます!いよいよの卒園式に、さて何を着ようか。お悩みかと思います。  

記事を読む

七五三のお参りの時間帯。仏滅の日はまずい?普段着でお参りは?

我が子の大事なイベント、七五三。毎年11月15日と日にちが決まっていますが、写真の早撮りなどに気を取

記事を読む

月見団子の由来と意味。団子の数は何個?並べ方や十五夜の起源は?

夏も終わりにさしかかり、夜半に涼しい風を感じるころになると、百人一首のある歌を思い浮かべます。 &

記事を読む

西宮神社の初詣2019。混雑時間と期間はいつまで?屋台の出店情報

初詣どこにしようかと迷っている人も多いと思います。基本的には、みさなん、地元の神社に行くことと思いま

記事を読む

年賀状の一言添え書き。親戚へメッセージ文例。結婚報告やお礼の言葉

結婚式を迎えた翌年の年賀状は、結婚後の近況報告やお世話になった人へのお礼の気持ちを伝える良い機会です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑