*

スマホ年賀状アプリで作り方。自宅で印刷は可能?デザインの作成方法

最近は、年賀状もアプリで作る時代になりましたね。年賀状を手書きする人も少ないんでしょうね。

 

私は毎年パソコンで年賀状を作っていたんですが、今年はアプリを使って作ってみようかと思っています。友達に聞いたんですが、アプリだと簡単に年賀状が作れるんですって。

 

そこで、年賀状アプリをいろいろと調べてみました。今回は、皆さんにもおすすめしたいスマホ年賀状アプリや使い方などを紹介しますね。

 

●スマホ年賀状アプリとは?無料で使えるの?
●料金はいくら?注文の開始はいつから?
●作成方法の手順で宛名は?印刷は自宅でできる?
●スマホ年賀状のデザイン。無料テンプレートおすすめは?

 

このテーマでお届けするので、参考にしてみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

 

スマホ年賀状アプリとは?無料で使えるの?

スマホ年賀状アプリって聞いたことはあるけど、使ったこともないしややこしくて使いこなせるか心配という方も多いと思います。私もその1人ですから。

 

でも、調べてみるとスマホ年賀状アプリって、とっても簡単に年賀状作成ができるんです。

 

テンプレートの種類も豊富で、スマホに保存されている写真も簡単にはめ込むことができます。さらに、私が1番便利だと感じたのが、宛名データもハガキの宛名をカメラで撮影するだけで、住所録をデータ化してくれる機能です。

 

 

これってとっても便利ですよね。完成した年賀状は、自宅に送ってもらうことも可能ですし、直接相手の家に送ることもできます。

 

そして、ダウンロードはほとんどのアプリが無料です!ダウンロードが無料だと、自分に合ったデザインがあるアプリを、いくつかダウンロードして探すこともできますね。

 

スマホ年賀状アプリで作り方。自宅で印刷は可能?デザインの作成方法

 

料金はいくら?注文の開始はいつから?

アプリによって基本料金無料や宛名印刷無料など、料金体系はアプリによって少しずつ変わってきていますが、印刷代とハガキ代だけというアプリが多いです。しかもまとめ割などの割引サービスも充実しています。

 

何十枚も印刷するという人は、まとめ割などのサービスがあるアプリをダウンロードすると、よりお得になりますね。

 

注文の開始は、ほとんどのアプリが10月末頃から注文受付を開始しています。年賀状の発売と同時に、注文受付してくれるアプリも多いみたいですよ。

 

SPONSORED LINK

 

作成方法の手順で宛名は?印刷は自宅でできる?

スマホ年賀状アプリでの作成方法は、とっても簡単です。

 

1.デザインを選ぶ(写真ありや写真なしのデザインが選べます。)

2.写真ありの場合は写真をはめ込む。

3.あいさつ文を選ぶ。(自分であいさつ文を記入できるアプリもあります。)

4.宛名を選ぶ。宛名をカメラで撮影してデータ化してくれるアプリなら、データ化された住所録から選ぶだけなので簡単です。

 

たったこれだけで、年賀状の出来上がりです。早ければ15分くらいで完成してしまいますよ。

 

作り方は、だいたい同じなので動画を参考にして下さいね。

 

 

 

印刷代を節約したいという方は、自宅で印刷してみましょう。作成した年賀状を画像で保存してくれる機能や、プリンターのアプリをダウンロードして印刷できる機能がついているアプリもあります。

 

これもアプリの説明にそって、注文するか自宅で印刷するかを選ぶだけなので、とっても簡単にできますよ。

 

 

スマホ年賀状のデザイン。無料テンプレートおすすめは?

無料テンプレートのある、おすすめのアプリを紹介しますね。

 

1.スマホで年賀状

写真ありも写真なしのテンプレートも、種類が豊富でかわいい物からシンプルな物までそろっています。

宛名面をカメラで撮影するだけで、データ化して宛先帳に自動で追加してくれるので、とっても便利なアプリです。

 

2.筆姫

タッチして選ぶだけで簡単に作成できると、人気のアプリです。

テンプレートのデザインも、自分好みにカスタム可能なのも魅力です。

年賀状だけでなく、季節の挨拶や引っ越しの挨拶ハガキなども作れますよ。

 

3.ノハナ年賀状

テンプレートやスタンプがかわいくて、おしゃれな物が多いと人気のアプリです。

1度使ったらリピートする人が多いのも特徴です。

 

09_txt37_01

 

スマホ年賀状アプリについてお話してきましたが、お役に立ちましたか?

 

【関連記事】

年賀状の販売はいつからいつまで?期間と場所。土日や休日は買える?

年賀状はいつまでに出す?元旦に届く期限。返事はいつまで出すか?

 

何かと忙しい年末に、年賀状がアプリで簡単にできれば、こんなに嬉しいことはないですよね。皆さんも、ぜひスマホ年賀状アプリを使ってみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

花粉症に効くヨーグルトの食べ方とは?効果はあるの?種類と量は?

花粉症ってどうやって対策すればいいんだろう、ってお悩みではないですか?目薬をさしても、お薬を飲んでも

記事を読む

英語で贈る卒業メッセージの文例。感謝の気持ちを英語で伝えよう

卒業のシーズンですね。いろんな場面でメッセージを書く機会があると思います。もちろん、普通に「卒業おめ

記事を読む

風邪で風呂に入ると熱は下がる?入り方と温度設定。うつることは?

風邪を引いた時、薬を飲んで治す人は多くいますが、まれに「熱いお風呂に入れば治る」という人もいます。こ

記事を読む

新年会で締めの挨拶は何を言えばいい?手締めのやり方

新年会などの宴会には、締めのご挨拶がつきものです。なかなか自分で行う機会はないかもしれませんが、万が

記事を読む

奈良の東大寺二月堂お水取り2019。修二会の日程、時間はいつ?

修二会(しゅにえ)は、お水取り(おみずとり)とも呼ばれ、奈良県にある東大寺で毎年行われている不退の行

記事を読む

確定申告の医療費控除で交通費の書き方。領収書なしの場合ほか記入例

最近、話題の確定申告の医療費控除ですが、医療費控除の対象になるものが治療費や薬代だけだと思っていませ

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

クリスマスプレゼント彼氏ランキング!高校生なら?財布やマフラー他

クリスマスが近づくと街もイルミネーションが輝き、賑やかになってきますが、私たちの気持ちもなんだかそわ

記事を読む

浴衣の着付け男性編。帯の結び方。兵児帯のアレンジを簡単に!

最近は少しずつですが、浴衣姿の男性を見かけることも多くなってきましたね。いろんなブランドが季節になる

記事を読む

足立の花火の穴場スポット2018。場所取りの時間。屋台はどの辺?

その起源は明治時代に遡ると言われる足立の花火。60分間に12,000発が打ち上がる濃密な演出で、観客

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑