*

風邪で風呂に入ると熱は下がる?入り方と温度設定。うつることは?

風邪を引いた時、薬を飲んで治す人は多くいますが、まれに「熱いお風呂に入れば治る」という人もいます。これは本当でしょうか?

 

●風邪の熱はお風呂で下がる?うつることはある?
●サウナで熱が下がる?効果について
●風邪気味の時。シャワーと入浴のどちらがいい?
●入り方について。温度設定や洗髪はどうする?

 

これらについてご紹介します。お風呂で、本当に風邪の熱は下がるのでしょうか?私なりに調べた情報をまとめています。是非、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

風邪の熱はお風呂で下がる?うつることはある?

風邪の熱はお風呂に入ると下がるのでしょうか?私の幼い頃は、よく祖母から風邪で熱がある時はお風呂に入ってはいけない。と言われていた記憶があります。

 

子供ながらに、熱がある時にお風呂に入ると、さらに熱が上がるから入ってはいけないと思い込んでいましたが、実はそうでもないようです。

 

 

最近は、風邪を引いた時に熱めのお風呂に入って汗を流せば、熱も下がりやすいという話しを耳にします。これは、本当なのか調べてみたところ、案外ウソでもないようです。

 

昔の日本の家屋は、お風呂が離れにある家も多くありました。その為、湯冷めで体が冷えてしまう為に、風邪の時はお風呂に入ってはいけないという考えが生まれたようです。

 

cold_bath_007

 

現在の日本の家屋は、そのような造りの家も少なくなり、湯冷めの心配をする必要もあまりなくなってきました。そもそも湯冷めの心配がなければ、風邪で熱があってもお風呂に入って良いのです。

 

風邪の時は汗もかきやすいので、お風呂に入って汗を流すのも衛生的で良いことだそうです。またウイルス撃退には、加湿が効果的です。お湯を張ったお風呂は、ウイルスを弱らせるのに効果的な湿度となります。

 

 

風邪の時にお風呂に入ると熱が下がるという説は、あながち間違いではないということですね。

 

ただし、浴室内は適度な湿度が保たれており、ウイルスも弱まっていると言っても、風邪がうつることはモチロンありますので気をつけましょう。

 

風邪で風呂に入ると熱は下がる?入り方と温度設定。うつることは?

 

サウナで熱が下がる?効果について

では、サウナではどうでしょう?熱は下がるのでしょうか?

 

こちらも気になる民間療法ですが、やはりお風呂と同様に発汗作用がキーワードのようです。サウナで汗をかくことによって、汗とともに体の熱やウイルスを排出する作用があります。よって、結果的に熱が下がる効果があるようです。

 

SPONSORED LINK

 

しかし、サウナは入るだけで体力を消耗します。風邪のひき始めで、体力のある時期であれば大丈夫かもしれませんが、風邪で体力を消耗してフラフラの時にはおすすめできません。逆に症状を悪化させてしまう場合もあります。

 

サウナで風邪を撃退しようと思うのであれば、風邪のひき始めの時期をおすすめします。サウナの後の十分な水分補給も必ず行いましょう。

 

cold_bath_005

 

風邪気味の時。シャワーと入浴のどちらがいい?

風邪気味の時は、シャワーと入浴どちらが良いのでしょう?

 

この場合は、入浴が正解です。入浴することで、からだの中から温まり、新陳代謝と血流の促進効果があります。その為、からだの免疫力が上がり、風邪が治りやすくなるのです。喉や鼻の粘膜も、お風呂の湿度で潤いが増します。

 

からだがだるくて、入浴する元気がないけど、ベタついた汗だけでも流したいという人は、シャワーでも大丈夫です。

 

ただし、長時間のシャワーは体が冷えて、症状を悪化させる可能性もあります。なるべく、サッと短時間で済ませるようにしましょう。

 

cold_bath_006

 

入り方について。温度設定や洗髪はどうする?

風邪のひき始めはあまり気にする必要ありませんが、風邪の症状でからだがダルイ時の入浴は、どのようなことに気をつけると良いのでしょう?

 

入り方を間違えるととても危険です。症状を改善するどころか悪化させる原因ともなります。風邪の症状がある時に入浴する場合は、次のことに気をつけましょう。

 

まずは、熱が38度以下であること38度を超える時の入浴は危険です。熱が37度台であれば、免疫力も高まり、ウイルスもお風呂の熱で弱らせる効果があります。

 

e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s

 

お風呂のお湯は、41度ぐらいが適温です。半身浴は、全身が温まるまでに時間がかかりますので、風邪の時はおすすめできません。なるべく肩まで浸かって、早めに全身を温めてください。

 

 

髪は洗っても良いですが、なるべく短時間で済ませることがベストです。入浴が済んだら、髪をドライヤーで充分に乾かし、なるべく早めに就寝してください。入浴後の水分補給も忘れずに。

 

風邪の症状がある時は、湯冷めが大敵です。からだが温まっている内に布団に入り、ゆっくり休んで免疫力を高めましょう。

 

cold_bath_001

 

いかがでしたでしょうか?風邪のひき始めの入浴は効果があるようです。ただし、正しい入浴の仕方を理解して、お風呂に入ることが早く風邪が治る秘訣です。

 

【関連記事】

赤ちゃんが風邪の時のお風呂はいつから?何日入れない?微熱の場合

 

さて、こちらの記事では、同じ風邪でも赤ちゃんが風邪を引いているの場合のお風呂について詳しくまとめていますので、お困りの方は是非参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

千歳飴の由来と意味。七五三で配る理由は?食べ方について

千歳飴と聞くと、長い紅白の飴を思い出しがおめでたい気持ちになります。 最近はスーパーなどで

記事を読む

一人暮らしの費用は一か月いくら?東京で学生と社会人の場合

一人暮らしって、なんとなく憧れてしまいますが、そこで気になるのって、月々どれくらい掛かるのか?また、

記事を読む

そばかすを消す方法。原因は何?化粧品やメイクで自力で簡単対処

お肌に関する色々な悩み、みなさんも抱えていると思います。シミ、そばかす、小じわ、ほうれい線…などなど

記事を読む

むくみの解消方法。食べ物やお茶、漢方やマッサージで浮腫み改善

現代人に多いといわれているむくみ。 それらの原因の多くは運動不足であったり、長時間同じ姿勢

記事を読む

豆腐の賞味期限切れは何日まで食べられる?未開封はいつまで大丈夫か?

パックのお豆腐はついつい買い置きしてしまいます。なるべく使おうと思いながらも、気づいたら賞味期限が過

記事を読む

幼稚園と保育園の違いとは?料金はどっちが安い?費用ほか比較まとめ

お子さんのいる人にとって、自分の子どもの預かり先を幼稚園・保育園のどちらにするか本当に悩みどころだと

記事を読む

ほうれい線の原因。骨格や筋肉で肌への影響。片側だけの原因は?

女性の肌の悩みはつきないもの。年を重ねれば重ねる程、悩みは増えて来てしまいますよね?特に加齢で一番目

記事を読む

かぼちゃの栄養と効果的な食べ方。種に効能はあるの?妊娠中の摂り方

夏になると畑に目立つようになる、大きな実、かぼちゃ! 最近は秋のハロウィーンでももてはやされる存在で

記事を読む

読書感想文の書き方。小学生、中学生の例。書き出しと構成は?

長期休みの宿題の定番といえば読書感想文ですが、 実際に書こうと思って机に向かってみると、 一体何

記事を読む

厄除け神社。東京で厄払いするならここ!お参りで開運しよう

厄払い、ちゃんとされていますか?行ってみたい、行った方がいいと思いつつも、いつ行ったらいいのか?東京

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑