*

養老渓谷の紅葉2018。見ごろ時期と名所スポットおすすめコース

秋の紅葉はもちろん、渓流釣りやハイキング、友人や家族と一緒にバーベキューなどアウトドアを手軽に楽しみたい方は、「養老渓谷」に出かけてみてはいかがでしょう?

 

房総半島のちょうど真ん中に位置する「養老渓谷」は、豊富な温泉も観光客に人気です。

 

●養老渓谷とは?アクセス方法と駐車場について
●紅葉の見ごろの時期はいつ?期間について
●紅葉スポットとおすすめのハイキングコース
●紅葉シーズンの渋滞状況。混雑を回避する方法

 

これらについてご紹介します。「養老渓谷」の魅力と情報をまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

養老渓谷とは?アクセス方法と駐車場について

「養老渓谷」は、千葉県を流れる養老川によって生み出された自然豊かな美しい渓谷です。

 

養老渓谷は、ハイキングコースとしても人気が高く、特に秋の紅葉の季節は、もみじ狩りに最適の散策コースです。

 

 

「養老渓谷」までのアクセス方法は、都内から車を利用する場合館山自動車道経由で市原舞鶴ICから国道297号に入り、県道81号線を経由して40分ほどで到着します。

 

しかし、紅葉シーズン中は、国道81号線が大変混雑しますので、時間に余裕をもって出かけてくださいね。

 

養老渓谷の紅葉の見ごろ時期と名所スポットおすすめコース

 

電車で「養老渓谷」を目指す場合は、東京駅からJR内房線に乗り、五井駅で乗り換えて小湊鉄道を養老渓谷駅で下車します。

 

この養老渓谷駅から、“中瀬遊歩道”までは徒歩で約30分、“栗又の滝”まではバスで約20分の距離です。

 

 

ただし、養老渓谷は広いので、車がある方が便利でしょう。駐車場も各観光スポットに整備されていますので、いくつかご紹介します。

 

 

まずは、栗又の滝近くにある町営駐車場です。駐車料金は1台500円(1日)です。栗又の滝は、地図で確認してみてくださいね。

 

 

 

大福山展望台手前には無料の駐車場があります。

 

 

 

紅葉期間中は、バスも増発されています。下の動画でバスの風景を確認してみてくださいね。

 

 

紅葉の見ごろの時期はいつ?期間について

「養老渓谷」の紅葉の見ごろ時期は、11月下旬から12月上旬頃です。11月中旬から少しずつ色づき始めます。紅葉スポットが満載で観光客にも人気の高い渓谷です。

 

老川十字路周辺では、紅葉に合わせ夜のライトアップも行われます。こちらのライトアップも紅葉の時期に合わせて、11月中旬から12月上旬にかけて楽しめます。

 

時間は17時~21時半までとなります。是非、「養老渓谷」の秋の闇夜に浮き上がる幻想的な紅葉を堪能してみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

また、毎年勤労感謝の日にある「養老渓谷もみじまつり」は人気のイベントです。毎年11/23に開催されていますので、2018年も11月23日(祝・金)の予定です。

 

開催場所は、いすみ鉄道上総中野駅前養老渓谷やまびこセンター前旧会所分校です。

 

 

駅前では豚汁の販売、やまびこセンター前では餅つきの実演と販売、旧会所分校では手打ちそばや焼きいもの販売、和太鼓演奏などが楽しめます。

 

それぞれの会場で、地域の農産物の販売も行われますよ。私も毎年楽しみに、このお祭りへ出かけています。気になる方は公式サイトもありますので、チェックしてみてくださいね。

 

●養老渓谷観光協会|養老渓谷もみじまつり
http://www.youroukeikoku.com/event/momijimaturi/

 

autumn_leaves_yourroukeikoku_2015_005

 

紅葉スポットとおすすめのハイキングコース

「養老渓谷」には、たくさんの紅葉スポットがありますが、私のおすすめは、“栗又の滝”周辺の紅葉です。

 

100mにわたってゆるやかな岩肌を流れ落ちる滝が、もみじの紅葉の美しさと重なり、身も心も癒してくれる幻想的な世界に引き込んでくれます。

 

 

また、栗又の滝から養老川沿いに設置されている約2kmの遊歩道も、紅葉の散策コースにおすすめです。大小さまざまな滝や清流のせせらぎが、紅葉の美しさをさらに引き立ててくれています。

 

 

ハイキングコースも様々に整備されています。紅葉の時期に限らず、気軽にハイキングが楽しめるスポットとして人気の高い場所です。特に秋の紅葉の時期は、もみじ狩りに訪れる人々で賑わいます。

 

紅葉狩りに出かけるのであれば、私のおすすめハイキングコースは、“栗又の滝”をグルッと一周するルートです。約4kmのコースを1時間ほどで一周できます。初めてハイキングに来られた方も無理なく楽しめるコースです。

 

 

“栗又の滝”をスタートして“小沢又の滝”、その後“水月寺”“栗又の滝展望台””栗又の滝“と紅葉と合わせて観光名所を楽しめます。

 

 

大自然の中を散策しながら、日頃の疲れを癒しに是非出かけてみてくださいね。

 

autumn_leaves_yourroukeikoku_2015_003

 

紅葉シーズンの渋滞状況。混雑を回避する方法

「養老渓谷」の紅葉シーズンは、車の渋滞が予想されます。渋滞区間としては、“養老渓谷駅付近”“老川十字路から栗又と滝区間”最も渋滞するポイントです。

 

養老渓谷駅付近は日中の時間帯が混雑しますので注意が必要です。歩けば20分の距離が車では2時間かかることもありますので、できれば日中に車で通過することは避けましょう。

 

どうしてもこの場所を通りたい場合、車は駐車場に停め、電車を利用しての移動をおススメします。

 

 

“老川十字路から栗又と滝区間”は、午前9時頃までの通過は、比較的スムーズに進めます。

 

この辺りは、路上駐車の取り締まりも厳しく行われていますので、駐車場がこんでいるからと路上駐車しないようご注意くださいね。

 

autumn_leaves_yourroukeikoku_2015_004

 

いかがでしたでしょうか。

「養老渓谷」は、紅葉と合わせて温泉やハイキング、グルメなど観光客の目的に合わせて様々楽しめます。

 

ゆっくり温泉宿に宿泊して、紅葉の幻想的なライトアップも是非楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

六義園の紅葉ライトアップ2018。見ごろの時期と混雑状況まとめ

 

関東の紅葉スポットといえば六義園の紅葉のライトアップも大変美しくておすすめです。上記記事で詳しい情報をまとめていますので、気になる方は是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

冬休みの期間2018-2019。公立の小学校や中学校。高校はいつから?

もうすぐやってくる冬休み。里帰りや旅行の計画をたてるのに、いつからいつまで休みなのかは気になるところ

記事を読む

水戸偕楽園の梅まつり2019年。見頃と開花状況は?

日本三名園の1つに数えられている水戸の偕楽園では、毎年2月から3月にかけて約100品種3,000本の

記事を読む

伊勢崎花火大会2018。穴場の観覧スポット。場所取りはいつ行く?

日本の夏といえば、花火大会は外せませんね!ですが夏休み中は、お盆中だけでなく、また土日に限らず、とに

記事を読む

奈良の東大寺二月堂お水取り2019。修二会の日程、時間はいつ?

修二会(しゅにえ)は、お水取り(おみずとり)とも呼ばれ、奈良県にある東大寺で毎年行われている不退の行

記事を読む

クリスマスネイルデザイン2018。やり方が簡単なアート画像あり!

クリスマスが近づいてきたら、クリスマス仕様のネイルに変えたくなりますよね。でもクリスマスが過ぎると、

記事を読む

前橋花火大会2018。穴場スポットの見える場所は?屋台の出る場所

夏休みの計画はもうたてましたか?夏休みには思い出作りの時間がたくさんありますし、なんといっても全国に

記事を読む

ハロウィンの仮装で人気なのは?可愛いコスプレやおもしろ衣装など

ようやく日本にも馴染んできたハロウィン。本来の「秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭り」というのとは離

記事を読む

手賀沼花火大会の穴場スポット最新2018。良い場所取りのコツとは?

2010年に様々な社会情勢の影響からしばらく開催を見送っていた手賀沼花火大会。5年前の2013年に多

記事を読む

神奈川新聞花火大会2018。穴場と見どころ。場所取りのコツは?

夏は各地でたくさんの花火大会が開かれますが、中でも神奈川新聞花火大会は、関東最大級の直径480mに及

記事を読む

小田原の梅まつり開花状況2019。見ごろはいつ?駐車場はある?

長い冬が終わりを迎えようとする時期には、桜よりも先に梅の開花のニュースが流れます。私は奈良の吉野の桜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑