*

関東の厄除け神社。お参りで良い「気」を呼び込みたーい!

関東の厄除け神社のご紹介です。どうせ行くなら、ご利益を期待できる場所に行きたいですよね!

 

今回は関東の厄除け神社の中から、特におすすめスポットである、「佐野薬師大師」「川崎大師」「高尾山薬王院」についてご紹介していきます。

 

●関東の厄除け神社 おすすめ1:川崎大師
●関東の厄除け神社 おすすめ2:高尾山薬王院
●関東の厄除け神社 おすすめ3:佐野厄除大師

 

お正月のお参りで、良い「」を呼び込んで、充実した2016年をスタートさせて下さい。

 

SPONSORED LINK

 

関東の厄除け神社 おすすめ1:川崎大師

関東厄除け三大師として知られている川崎三大師。関東の厄除け神社といえばここを外すことは出来ません。

 

正式には金剛山金乗院平間堂といい、西暦1128年に開創されました。

 

川崎大師
住所:神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
電話:044-266-3420
 
関東の厄除け神社。お参りで良い「気」を呼び込みたーい!

 

その参拝客は年間約1,000万人にも上る日本でも有数の厄除けスポットになっています。特に正月三が日の賑わいは大変なもので、その3日間だけで参拝客は約300万人にもなります。

 

そのため、初詣時期は交通規制が予定されていますし、参拝するにもかなりの時間並ぶことを覚悟して向かう必要があります。

 

 

ただ、初詣時期には屋台もたくさん出ていますし、表参道のお店でも出店が出ていたりしてとても賑やかで楽しめると思います。

 

川崎大師での初詣に向かうなら、少し遅めの4日以降くらいに向かうと大分混雑を回避することが出来るのではないかと思います。

 

P3036282-500x375

 

<アクセス方法>

●電車の場合

JR京浜急行・川崎大師駅から徒歩約8分

 

●車の場合

首都高速・大師ICから車で約5分

 

駐車場は700台収容出来るものがあり、利用時間は8時から17時です。ただ、1月中は駐車状況により駐車場の利用時間に変更がある場合がありますのでご注意ください。

 

 

 

関東の厄除け神社 おすすめ2:高尾山薬王院

高尾山薬王院は高尾山にある寺院で、真言宗智山派の関東三大本山のひとつです。

 

西暦744年に聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として開山されました。

 

高尾山薬王院
住所:東京都八王子市高尾町2177
電話:042-661-1115
DSC_0905-500x332 
出典元:http://komekami.sakura.ne.jp/archives/3125

 

御本尊は「飯縄大権現」、また御本尊様をお護りする随身として天狗も祀られています。

 

高尾山の天狗は開運や魔除けなど多くのご利益をもたらすと言われており、除けのご利益を願ってたくさんの参拝客が訪れます。

 

SPONSORED LINK

 

また、高尾山薬王院では事前予約が必要ですが、精進料理を楽しむ事も出来ます。

 

初詣期間の12月上旬から2月上旬までは個人客は利用することが出来ませんが、秋の紅葉シーズンなどは期間限定の秋の精進料理を楽しむことが出来ますので、ぜひ利用してみてください。

 

高尾山薬王院の精進料理詳細はこちら

 

関東の厄除け神社といえば、高尾山薬王院は人気あるスポットです。

 

<アクセス方法>

●徒歩の場合

高尾山1号路を登って向かいます。1号路はほぼ舗装されており、登山初心者でも歩きやすいコースになっておりますし、途中まではケーブルカーエコーリフトで登ることも出来ます。

 

●電車の場合

・JR京王線・高尾山口駅より徒歩3分、清滝駅で高尾登山電鉄ケーブルカーまたはエコーリフトに乗車。(エコーリフトは山麓駅)

 

●車の場合

・中央高速 八王子JCTより圏央道にて高尾山インターへ、高尾山インターより20号経由で約3分(1Km)

・圏央道 高尾山インターより20号経由で約3分(1Km)

 

 

駐車場は250台収容出来るものがありますが、行事等により使えない場合もありますので、事前に確認しておいた方が無難です。

 

 

1

 

関東の厄除け神社 おすすめ3:佐野厄除大師

「関東の三大師」の一つに数えられ、佐野厄除け大師の名称で親しまれていますが、正式には春日岡山転法院惣宗官寺といいます。

 

佐野厄除大師
住所:栃木県佐野市金井上町2233
電話:0283-22-5229
関東の厄除け神社といえば、佐野厄除け神社が有名です。

 

厄除け三大師が祀られていることから、厄除け祈願に訪れる参拝客が増え、いつの頃からか厄除大師と呼ばれるようになりました。

 

特に、初詣時期の元旦から1月31日までは、「新春 厄除け・方位よけ祈願大祭」 が開催されるため、三が日だけでも50万人以上の参拝客が訪れるとても活気のある寺院です。

 

また寺院の近くには佐野プレミアムアウトレットがありますので、初詣ついでに新春のセールに繰り出しても良いかもしれませんね。

 

 

 

<アクセス方法>

●電車の場合

・JR両毛線・佐野駅から徒歩15分

・東部佐野線・佐野市駅から徒歩10分

 

 

●車の場合

東北自動車道 佐野藤岡ICから車で10分

 

但し、初詣時期や土日祝日などは佐野IC付近で大変混雑する場合がありますので、佐野ICの一つ手前の館林ICを利用した方がスムーズに辿り着ける場合があります。

 

駐車場は境内に約1,000台、また周辺にもいくつかありますので心配する必要はあまりないかと思います。

 

【関連記事】

厄除け神社。東京で厄払いするならここ!お参りで開運

 

上記記事でも、東京の厄除け神社情報をご紹介しております。合わせて読んでみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

丸かぶり寿司2019年の方角は?美味しい食べ方とは?

丸かぶり寿司という名称は、関西圏の方であれば耳慣れた言葉かもしれませんが、それ以外の地域に住まわれて

記事を読む

金閣寺の紅葉2018の見ごろ時期と混雑状況は?ライトアップ情報

京都と言えばたくさん神社やお寺がありますが、誰もが知っているのは金閣寺ですよね。  

記事を読む

五月人形の飾り方。いつから飾る?場所と方角。しまう時期とは?

もうすぐゴールデンウィークですね。この時期になると、昔は鯉のぼりが飾られているお家をちらほら見かけま

記事を読む

電話の引越しで固定電話の移転手続きの手順はどうするの?

引越しをする際の手続きの一つに、「固定電話の移転手続き」が必要になりますね。インターネットなど繋いで

記事を読む

針供養とは?東京、大阪、京都、福岡の神社で行うならどこ?

事八日と言う言葉をご存知でしょうか?「事(こと)」とはお正月に行われる神事をあらわす言葉で、お正月を

記事を読む

恵方巻の正しい食べ方やルールとは?食べる時間帯はいつ?

節分の風習である「恵方巻」について。きちんとしたルールを実は知らない、という方は多いのではないでしょ

記事を読む

諏訪湖花火大会2018!穴場の見やすい場所とおすすめスポット情報

今、諏訪の夏といえば花火です。上諏訪温泉では7月下旬~8月いっぱい毎日15分間、夜風の中で音楽に合わ

記事を読む

二日酔いの解消に効く食べ物、ツボは?頭痛や吐き気の対策と予防

二日酔いになるたびに、「もう当分お酒は飲まない・・・!」と心に誓う方も多いと思います。私もそのひとり

記事を読む

読書の秋の由来。意味はあるの?秋の夜長におすすめ2018度版

読書の秋とよく聞きますよね? 私も秋になると本を読みたくなり、本屋さんへ立ち寄っては人気のある本は

記事を読む

新年会で乾杯の挨拶フレーズ。取引先でのあいさつ例はコレ

新年会で乾杯の挨拶を唐突に任された時、困ってしまった経験はありませんか? 会の事前に相談があれば内容

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑