*

鏡餅っていつまで飾るの?かざる期間を大検証しました

鏡餅を飾り始めると、今年も終わりだなと実感される方が多いのではないでしょうか。

 

年末にお餅つきをするのが恒例行事になっているご家庭もあるのではないかと思いますが、この鏡餅、一体いつからいつまで飾るのが正しいのでしょうか。

 

●鏡餅とは?歴史と意味
●いつから飾るのか?
●鏡餅の正しい飾り方
●鏡餅はいつまで飾るのか?

 

今回は、そんな鏡餅の歴史、また飾る期間はいつなのかについてご紹介していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

鏡餅とは?歴史と意味

鏡餅とは、そもそも一体何の為に飾り始められたのでしょうか?

 

元々の由来は、昔の神事などの儀式の際に用いる鏡の形に似ていることから、鏡餅と呼ばれるようになったと言われています。

 

昔は鏡といえば、銅製の丸形のものでしたから、用途もその形状もまさに鏡が由来となっているものです。

 

 

以上のように、本来の鏡餅を飾る意味は、お正月に神様にお供えするためでした。

 

ですが近年ではその意味が薄れてきており、ただ単純にお正月に床の間などに飾るお餅、というのが多くの方が持たれているイメージだと思います。

 

鏡餅っていつまで飾るのかを知っていないと恥ずかしいことになりますよ。

 

いつから飾るのか?

鏡餅は、一体いつから飾り始めるのが正しいのでしょうか?

 

実は、鏡餅を飾り始める時期はいつから飾り始めても良く、早くても特に問題はないとされていて、特にしっかりとした決まりはありません。

 

ただ、一般的には、12月28日から飾り始めることが多いようです。

 

d2170450d877cbd006309c485e52e04e_s

 

これは、「」の字が末広がりになっているため、縁起が良いとされていることに基づくものです。

 

また、29日や31日は避ける傾向にあります。

 

これは、29日ですと「九」が「苦しむ」に繋がるため、また31日は「一夜飾り」「一夜餅」というように、葬儀の飾り方を連想させてしまうことから、可能であれば避けた方が無難と言われています。

 

SPONSORED LINK

 

29日と31日の間の30日はキリの良い数字という事もあり、悪くないという説が一般的です。

 

そのようなことから、鏡餅を飾り始めるのであれば、遅くとも28日か30日が無難であり、早い分には問題ないということが言えます。

 

2

 

鏡餅の正しい飾り方

鏡餅の飾り方は時代や地域により異なっていますので、一概にコレというのはなかなか難しいですが、現在では大きく簡略化されたものが主流となっています。

 

よく見かけるものとしては、半紙を敷いた三方の上に裏白を載せ、大小2つのお餅を重ねます。その上に橙(みかん)を乗せたものがありますね。

 

ただ、地域によっては串柿や干しするめ、昆布などを飾るところもあります。

 

kagamimochi_001

 

また最近では、プラスチック製の鏡餅を型取ったケースの中に、個別包装された小さな切り餅がたくさん入っているものも売られています。

 

 

鏡餅を作るのも手間ですが、鏡開きの時にカビてしまっていたり、お餅が硬くなってしまっていて食べる事が出来なかったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

 

そういう時にもこのプラスチック容器に入った鏡餅は非常に便利ですので、鏡餅を飾りたいけれど準備や後片付けの手間を考えると躊躇われる…という方は、一度お試しになられても良いかもしれませんね。

 

 

また、鏡餅を飾る場所としては、家の床の間に最も大きいものを、各部屋に小さいものをお供えするのが一般的と言われています。

 

床の間が無い場合には、家の一番奥まった場所に最も大きいものを飾りましょう。

 

小さい鏡餅をお供えする場所としては、家の中だけではなく、職場や車のダッシュボードなど、日常生活を送る上で大切だと思える場所にもお供えし、一年の安泰や新しい年への希望を込めてお祈りをしましょう。

 

 

鏡餅はいつまで飾るのか?

飾り始めるタイミングも悩ましいですが、一体いつまで飾っておけば良いのかというのも頭を悩ませますよね。

 

鏡餅は本来が神様へのお供えものですので、松の内の間には下げたり食べたりしてはいけません

松の内が終わった後、1月11日頃に下げて、鏡開きを行いましょう。

 

【関連記事】

しめ飾りの意味と由来。いつから飾る?作り方と飾り方。喪中の時は?

 

お正月のお飾りといえば、鏡餅の他に「しめ飾り」を飾られる方も多いのではないでしょうか。

 

上記記事では、そんなしめ飾りの意味や由来、飾る時期などを詳しくまとめております。こちらも読んでみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

紫外線アレルギーの症状とは?顔のかゆみの原因。対策と治療法

「紫外線アレルギー」という言葉をご存知でしょうか? 私の友人にも、これで悩まされている人がいます。

記事を読む

入籍日の決め方。2018年の縁起の良い日おすすめは?仏滅の場合

入籍の日の決め方は、「やっぱりお日柄を見てから決めたい!」という方。「いやいや、二人が出会った日が良

記事を読む

結婚式のお車代、書き方の見本。封筒の下には自分の名前でいい?

先日は結婚式のお車代の相場とマナーについて書きましたが、今日はお車代の書き方についてまとめてみました

記事を読む

お墓参りの花はどんな種類がいい?値段の目安。マナーと選び方

春と秋は、お彼岸の季節ですね。普段はなかなかお墓参りに行く機会がない方も多いかと思います。行きたくて

記事を読む

喪中の寒中見舞いはどうしたらいい?送る時期はいつ?

寒中見舞いは、喪中時に年賀状の代わりとして送られる方が多いかと思いますが、元々の用途は厳寒期に相手の

記事を読む

初日の出スポット関東2019年。おすすめの穴場はここです!

こんにちは!…もういくつ寝るとお正月?なんて考える暇もなく、気付けば年の瀬が振り向けばすぐそこに訪れ

記事を読む

目黒川の桜まつり2018。お花見クルーズ、ライトアップほか見どころ

東京のお花見スポットといえば、皇居や上野公園、代々木公園、隅田川・・・とたくさんありますが、去年の某

記事を読む

佐野厄除け大師で初詣。大晦日と正月の混雑状況。営業時間はいつまで?

佐野厄除け大師は、関東では初詣や厄除けや方位除けなどで知られる関東三大師の一つです。他には青柳大師、

記事を読む

大阪城公園の桜を見に行こう!2018開花予想。お花見イベント情報

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきました。この間散歩をしていたら、近所に梅の花が咲

記事を読む

節分の由来。豆まきの意味とは?子供向けに簡単に伝えるなら?

今年も節分が近づいています。   長い冬が明け、春の訪れの予兆を思う「立春」。 &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑