*

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?母乳だけでいいの?対処と予防

最近は電気料金の値上げに加えて、夏がどんどん暑くなっていますね。

 

大人でも注意しなければならない熱中症ですが、特に気を付けなくてはならないのが、赤ちゃんの脱水症状です。

 

今回は、

●赤ちゃんの脱水症状の見分け方は?
●水分補給は母乳や粉ミルクだけでも大丈夫?
●赤ちゃんが脱水症状になってしまったら、どうしたら良い?
●赤ちゃんの脱水症状を予防するためには?

 

これらについて、ご紹介していきます。

 

赤ちゃんが脱水症状を起こしてしまうと、命にかかわることもありますからしっかりと対策法予防法について頭に入れておいてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

赤ちゃんの脱水症状の症状と見分け方

赤ちゃんは大人よりもずっと体内の水分の割合が大きいため、体の水分量が減少してしまうと、その分だけ体への負担も大きくなるので注意が必要です。

 

また、赤ちゃんは言葉を話せませんので、脱水症状を起こしているのかどうかは赤ちゃんの様子から判断するしかありません。

 

もし、赤ちゃんに以下のような症状が出ていたら、脱水症状を起こしていることを疑ってください。

 

・おしっこの回数が少ない、またおしっこをしても量がとても少ない
・泣いているけれど、涙が全然でない
・お腹や手などの皮膚に張りがなくなり、しわしわになっている
・皮膚のツヤがなく、カサカサしている。または顔色が青白い
・気温は高いのに、手足の体温が冷えている
・唇が乾燥してカサカサになっている、よだれの量が少ない
・頭頂部の大泉門がくぼんでいる

 

脱水症状は外出している時だけではなく、ドライブ中の車内で起こることもありますし、家の中で起こることもありますので、早めに脱水症状の徴候を見分けることがとても大切です。

 

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?心配ですね。

 

水分補給は母乳だけでいいの?

まだ母乳やミルクのみの赤ちゃんであれば、母乳やミルクだけで十分です。ただ、離乳食が始まっている赤ちゃんでは、母乳以外の飲料を飲ませてあげた方が効果的な場合が多いです。

 

水分補給の方法としては、まず湯冷ましがあります。お湯を沸かして冷ませば飲ませてあげられますから、急いでいる時にはオススメの方法です。

 

SPONSORED LINK

 

また、市販されている赤ちゃん用のお茶や、赤ちゃん用のイオン飲料も水分補給には効果的です。

 

イオン飲料はミネラルも含まれていますので、脱水症状の対策には非常に効果的ですが、あまり大量に飲ませてしまうと腹痛を起こしてしまうことがありますから、あげる量には気を付けてあげてください。

 

baby_dehydration_002

 

脱水症状になったときの対処法は?

脱水症状が進むと意識がなくなったり、痙攣を起こすこともあります。

 

暑い時期には赤ちゃんの様子に気を付けておき、脱水症状の傾向が見られたら、まずは早めに水分補給をしてあげることが大切です。

 

 

水分補給がうまく出来ない状態になっている場合は、点滴などで処置をする必要がありますから、早急に病院に行くようにしてください。

 

baby_dehydration_003

 

赤ちゃんの脱水症状の予防法は?

何と言ってもこまめに水分補給をしてあげることが大切です。赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいですし、おしっこの回数も多いです。

 

また、吐いたり緩い便が出やすいですから、体の水分が出て行ってしまいやすい状態にあります。

 

赤ちゃんは自分で水分補給をすることが出来ませんし、そもそも体の水分の割合が大人よりも高く、体重の70% 〜 80%が水分と言われています。

 

 

赤ちゃんが元気な状態であっても、お風呂に入った後や汗をかいている時にはこまめに水分を補給してあげるようにしてください。

 

発熱している時や、下痢や嘔吐の回数が多い時は、普段以上にしっかりと水分を補給してあげることが大切です。

 

赤ちゃんが危険な状態になるのを避けるためにも、普段からしっかりと赤ちゃんの様子を観察してあげるようにしてくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか。赤ちゃんの脱水症状は、家の中でも車の中でもどこでも起こる可能性があります。

 

【関連記事】

赤ちゃんの水分補給。母乳以外はいつから?飲まない場合や量は?

 

こまめに赤ちゃんの様子を確認して、脱水症状を起こしてしまわないよう気を付けてあげましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

ネギの栄養とすごい効能!白と緑の部分で違う?食べ過ぎは体に悪い?

日本人になじみの深いネギ。脇役なイメージですが、色々な料理の引き立て役として昔から使われて来ました。

記事を読む

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

夏風邪ってなぜひくのでしょう?私は、梅雨時に風邪をひいてしまいました。 38度以上の熱が出て、いつ

記事を読む

柿の栄養効果とカロリー。便秘の原因とは?皮ごと食べるのは平気?

秋といえば、食べ物がおいしい季節ですね。新米、さつまいも、かぼちゃ、栗、りんご、梨、柿、ぶどう、さん

記事を読む

小田原の梅まつり開花状況2019。見ごろはいつ?駐車場はある?

長い冬が終わりを迎えようとする時期には、桜よりも先に梅の開花のニュースが流れます。私は奈良の吉野の桜

記事を読む

大阪の初詣デートおすすめ神社。恋人と楽しくお参りしよう!

今年も残すところ、あとわずかですね。新年に恋人と初詣に行きたいと考えている方も多いのではないでしょう

記事を読む

水戸偕楽園の梅まつり2019年。見頃と開花状況は?

日本三名園の1つに数えられている水戸の偕楽園では、毎年2月から3月にかけて約100品種3,000本の

記事を読む

英語で新年の挨拶を!ビジネス例文なら?友達や恋人に英文メッセージ

年の始まりに新年の挨拶は、しっかりとスマートに済ませておきたいですね。ビジネスで外国人と関わる人も多

記事を読む

花粉症と風邪の違い。風邪薬の併用は平気?鼻水など症状の見分け方

春は何だかウキウキ嬉しい気持ちになる人が多い季節ですが、花粉症の私にとっては憂鬱な季節。 &nbs

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。   風邪予防に

記事を読む

産休の挨拶の際のメール例文。社内向けと取引先のあいさつ文とは?

女性が社会進出する機会が増えるに伴い、子供が出来ても働き続ける女性がどんどん増えてきました。 &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑