*

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?母乳だけでいいの?対処と予防

最近は電気料金の値上げに加えて、夏がどんどん暑くなっていますね。

 

大人でも注意しなければならない熱中症ですが、特に気を付けなくてはならないのが、赤ちゃんの脱水症状です。

 

今回は、

●赤ちゃんの脱水症状の見分け方は?
●水分補給は母乳や粉ミルクだけでも大丈夫?
●赤ちゃんが脱水症状になってしまったら、どうしたら良い?
●赤ちゃんの脱水症状を予防するためには?

 

これらについて、ご紹介していきます。

 

赤ちゃんが脱水症状を起こしてしまうと、命にかかわることもありますからしっかりと対策法予防法について頭に入れておいてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

赤ちゃんの脱水症状の症状と見分け方

赤ちゃんは大人よりもずっと体内の水分の割合が大きいため、体の水分量が減少してしまうと、その分だけ体への負担も大きくなるので注意が必要です。

 

また、赤ちゃんは言葉を話せませんので、脱水症状を起こしているのかどうかは赤ちゃんの様子から判断するしかありません。

 

もし、赤ちゃんに以下のような症状が出ていたら、脱水症状を起こしていることを疑ってください。

 

・おしっこの回数が少ない、またおしっこをしても量がとても少ない
・泣いているけれど、涙が全然でない
・お腹や手などの皮膚に張りがなくなり、しわしわになっている
・皮膚のツヤがなく、カサカサしている。または顔色が青白い
・気温は高いのに、手足の体温が冷えている
・唇が乾燥してカサカサになっている、よだれの量が少ない
・頭頂部の大泉門がくぼんでいる

 

脱水症状は外出している時だけではなく、ドライブ中の車内で起こることもありますし、家の中で起こることもありますので、早めに脱水症状の徴候を見分けることがとても大切です。

 

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?心配ですね。

 

水分補給は母乳だけでいいの?

まだ母乳やミルクのみの赤ちゃんであれば、母乳やミルクだけで十分です。ただ、離乳食が始まっている赤ちゃんでは、母乳以外の飲料を飲ませてあげた方が効果的な場合が多いです。

 

水分補給の方法としては、まず湯冷ましがあります。お湯を沸かして冷ませば飲ませてあげられますから、急いでいる時にはオススメの方法です。

 

SPONSORED LINK

 

また、市販されている赤ちゃん用のお茶や、赤ちゃん用のイオン飲料も水分補給には効果的です。

 

イオン飲料はミネラルも含まれていますので、脱水症状の対策には非常に効果的ですが、あまり大量に飲ませてしまうと腹痛を起こしてしまうことがありますから、あげる量には気を付けてあげてください。

 

baby_dehydration_002

 

脱水症状になったときの対処法は?

脱水症状が進むと意識がなくなったり、痙攣を起こすこともあります。

 

暑い時期には赤ちゃんの様子に気を付けておき、脱水症状の傾向が見られたら、まずは早めに水分補給をしてあげることが大切です。

 

 

水分補給がうまく出来ない状態になっている場合は、点滴などで処置をする必要がありますから、早急に病院に行くようにしてください。

 

baby_dehydration_003

 

赤ちゃんの脱水症状の予防法は?

何と言ってもこまめに水分補給をしてあげることが大切です。赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいですし、おしっこの回数も多いです。

 

また、吐いたり緩い便が出やすいですから、体の水分が出て行ってしまいやすい状態にあります。

 

赤ちゃんは自分で水分補給をすることが出来ませんし、そもそも体の水分の割合が大人よりも高く、体重の70% 〜 80%が水分と言われています。

 

 

赤ちゃんが元気な状態であっても、お風呂に入った後や汗をかいている時にはこまめに水分を補給してあげるようにしてください。

 

発熱している時や、下痢や嘔吐の回数が多い時は、普段以上にしっかりと水分を補給してあげることが大切です。

 

赤ちゃんが危険な状態になるのを避けるためにも、普段からしっかりと赤ちゃんの様子を観察してあげるようにしてくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか。赤ちゃんの脱水症状は、家の中でも車の中でもどこでも起こる可能性があります。

 

【関連記事】

赤ちゃんの水分補給。母乳以外はいつから?飲まない場合や量は?

 

こまめに赤ちゃんの様子を確認して、脱水症状を起こしてしまわないよう気を付けてあげましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

餅は消化に良い?悪い?時間について。下痢や胃腸炎の時は食べない?

お正月休みはお餅がおいしくてつい食べ過ぎてしまいますよね。うちの場合は、おせちが寒さでヒンヤリしてい

記事を読む

女の子の初節句。雛人形どっちの親が用意?母親のお下がりでも平気?

立春を過ぎると、もうすぐ春がくるなと思うと同時に、今年はいつ雛人形を出そうか?と悩みます。…というの

記事を読む

アレグラ市販薬と処方箋の価格はどっちが安い?ジェネリックの効き目

花粉症やアレルギー性鼻炎に悩まされる私のお気に入りの薬は、アレグラ♪ アレグラは、わりとポピュラーな

記事を読む

赤ちゃんが便秘の時は?離乳食のレシピ。綿棒やマッサージで解消

赤ちゃんのちょっとした変化で右往左往してしまうことは良くあることですが、その中でも最も起こりやすく心

記事を読む

高尾山で見る初日の出2019年。 混雑状況、駐車場は?

山からみる初日の出って、特別な感じがして良いですよね~。山、そして初日の出といえば、富士山!と思う方

記事を読む

確定申告の医療費控除で出産費用はどこまで対象?必要書類と記入例

確定申告は、医療費控除に出産費用も対象となります。確定申告をしなければ、還付金は戻ってきません。会社

記事を読む

幼稚園、小学校の謝恩会。挨拶で伝える言葉。スピーチの例文

3月の卒業シーズン、お子様の卒業式を無事終えた後は、謝恩会も開かれることと思います。  

記事を読む

秋の花粉症の症状とは?原因と時期はいつまで?喉の痛みや咳の対策

冬の終わりから春近くなってくると、あちこちから「花粉症で」という声が聞こえてきます。「今日は飛んでい

記事を読む

アイスの賞味期限がない理由。一年前のは食べれる?10年前のは?

アイスには、賞味期限の表示がないって知っていましたか?賞味期限がないということは、冷凍庫に残っていた

記事を読む

お盆に郵便局は営業してる?窓口配達について。ATMの振込は?

ゴールデンウィークも終わってしまい、社会人の皆さんの次の楽しみはお盆休みですね。 お盆休みは帰省し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑