*

破魔矢の正しい処分方法は?はまやを捨てる時期と処理の仕方

初詣で授与された破魔矢が、自宅に祀ってあるという方も多い事でしょう。破魔矢は「魔除け」「その年の幸運を射止める」とされ、神様から授与された縁起物です。

 

本来、いつまで飾って置くものなのでしょうか?なんとなく捨てがたいけど、縁起物だしと、破魔矢の処分について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、

 

●破魔矢はいつ処分すれば良いの?
●どのように処分すれば良いの?
●喪中の年はどのようにしたら良いの?
●違う神社の破魔矢をお返ししても良いの?

 

といったテーマで、破魔矢の処分や時期・方法についてまとめました。 

 

SPONSORED LINK

 

破魔矢はいつ処分すれば良いの?

破魔矢は初詣だけでなく、子供の成長を祝う贈り物の意味合いもあります。それぞれいつ処分すれば良いのでしょうか?

 

初詣で授与された破魔矢は翌年の初詣の時
子供のお宮参り
で授与された破魔矢は1歳の誕生日の時
七五三で授与された破魔矢は翌々年の初詣の時

 

それぞれの時期に、お礼参りを兼ねて奉納するのが良いとされています。

 

破魔矢の正しい処分方法を知ることは大切なことです。

 

基本的には、お守りや御札なども一年間を目安に、新しい物を授かります。ただ、「いつまでに」という特別な期限や、『こうしなければならない』という決まりはありません。

 

例えばお宮参りで頂いた「お守り」を、生まれて初めて授かったものとしてずっと大切に保管したとしても、不敬に当たることはないと言う事です。

 

 

どのように処分すれば良いの?

破魔矢に限らず、お守りや御札など、神社や寺院で授与されたものは、基本的に授与された神社や寺院にお返しします。一年経ったからといって、ゴミとして処分するのは避けましょう。

 

hamaya_002

 

神社や寺院には古神札奉納所があります。初詣の時期など、破魔矢や御札が山のように積まれているのを見た事があると思います。それが、古神札奉納所です。

 

近くに賽銭箱が置かれています。破魔矢と同程度を目安に、気持ちの金額を賽銭箱に入れて下さい。

 

SPONSORED LINK

 

また、破魔矢が特別なケースに入っている場合、破魔矢以外の物は引き受けて貰えない事が多いです。この場合、ケースなどは各自治体で粗大ゴミとして処分する事になります。

 

1月の15日前後に「どんど焼き」「お焚き上げ」が行われるので、それに合わせて奉納すると良いでしょう。

 

ただ、神社や寺院ではいつでも破魔矢や御札をお返しすることが出来ますので、その時期に行けなくても心配いりませんよ。

 

2

 

喪中の年はどのようにしたら良いの?

身内のご不幸などで、初詣などを取りやめる場合もあるでしょう。

 

破魔矢も御札も、「いつまでにお返ししなければならない」とされている訳ではありませんので、心の整理がつかず、神社に出向く事が出来ない時は、無理にする必要はありません。

 

 

よく「喪中は初詣をしてはいけない」と聞きますが、厳密には間違いです。

 

 

親族が亡くなった場合、実父母の場合で最大49日(神道で50日)間が忌中とされています。晴れがましいことや、神社にまつわる慶事は控える事とされており、神社の鳥居をくぐる事はできません。

 

しかし、その後の喪中の期間は、個人を偲ぶ期間とされており、行動の制限などはありません。従って、両親が亡くなった場合でも50日間を越えていれば、初詣に行っても問題ありません。

 

 

また、忌中でもお祓いを受ければ、参拝出来るとしている神社もありますので、気になる方はお近くの神社に相談してみましょう。

 

これはあくまでも、神社で破魔矢を授与された場合で、お寺では忌中、喪中という考え方をしませんので、どの時期であっても参拝できます。

 

hamaya_001

 

違う神社の破魔矢をお返ししても良いの?

本来は、授与された神社や寺院に返納するのが習わしです。

 

しかし、遠方で授かった場合や、贈られたものなどで、どうしても授与された場所へ持っていけない場合は、近くの神社や寺院にお返ししても問題ありません。

 

ただし、神社で授与された場合は神社に、お寺で授与された場合はお寺にお返しするようにしましょう。

 

 

いかがだったでしょうか?こうして見てみると、神様はとても寛大で身近な存在なのかもしれません。

 

一番良くないのは、不浄・不敬に扱う事です。感謝の気持を持って大切にしていれば、神経質になる事はありません。

 

【関連記事】

破魔矢の飾り方。2019年の方角は?はまやの置き場所とは

 

それでは良いお年をお迎え下さいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

大晦日の意味と由来。大掃除やそばを食べる理由は?漢字のナゾと意味

クリスマスが終わると、駆け足で新年の準備に追われてしまいますよね。大掃除や買い出しやお節料理の準備で

記事を読む

筑波山の梅まつり2019。梅林開花状況、駐車場の渋滞混雑は?

春が近づくにつれて、梅の開花状況がニュースで伝えられてくるようになると行ってみたくなる梅まつり。

記事を読む

一人暮らし料理。男でも簡単に作れる、安い旨いおすすめ料理は?

一人暮らしって準備がもちろん大変ですが、いざ始まってみると、食事も大変じゃありませんか?コンビニのお

記事を読む

京都の紅葉時期、見ごろは何月?2018最新!観光名所ランキング

春夏秋冬、いつの季節も京都はすばらしい自然にあふれ、情緒ある観光名所だと思います。私も1年に1度は訪

記事を読む

天神祭花火大会2018日程。場所と開始時間は?穴場スポット情報

天神祭とは東京神田祭、京都祇園祭りと並ぶ日本三大祭りの中のひとつです。水の都大阪の、火と水の伝統的な

記事を読む

あせもに効く薬とは?赤ちゃんと大人の対策。原因と症状の治し方

桜の時期もすっかり終わり、青葉が揺れる良い季節になりましたね。お散歩やお出かけが楽しい陽気でもありま

記事を読む

奈良吉野の桜見ごろはいつ?開花予想2018。おすすめ宿とツアー

旅行が好きな私は、やれ夏は花火大会だの、秋は紅葉狩りだの、冬はカニがおいしい季節だのと理由をつけて、

記事を読む

京都のあじさい寺。三室戸寺の見頃はいつ?名所と開花状況2018

京都の花寺として有名な三室戸寺(みむろとじ)。6月になると敷地5千坪の大庭園に50種・1万株という、

記事を読む

節分そばとは?習わしの由来と節分に蕎麦を食べる理由とは?

2月3日は節分ですね。家族みんなで大豆を投げたり、福豆を拾って食べたり、子供達には楽しい行事の一つで

記事を読む

勝毎花火大会2018。場所取りのコツと穴場スポットは?体験談あり

夏と言えば、あなたが連想するものはなんですか?キャンプ、アクティビティ、レジャー、旅行など、想像した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑