*

破魔矢の飾り方と2018年の方角。はまやの置き場所はどこ?

SPONSORED LINK

破魔矢とは正月の縁起物として神社や寺院で授与される矢の事で、「魔除け」「一年の好機を射止める」などと言われています。

 

最近は、信仰に対する意識や住宅事情の変化から、破魔矢を授かる人も減少しつつあると言われていますね。私も実家を出てからは、自分で破魔矢を授かった事はありませんでした。

 

しかし、息子が生まれ「そうだ!破魔矢だ」と思ったものの、どこでもらえるのかも知りませんでした・・・。そこで今回は、

 

●破魔矢の由来について
●どこに飾れば良いのでしょうか?
●どの方角に祀れば良いでしょうか?
●いつまで祀っておくのでしょうか?

 

といったテーマで、破魔矢の由来から正しい飾り方・いつまで飾っておくか?などについてまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

破魔矢の由来について

『ハマ』とは、もともと年占いに使う的の事でした。その昔、地区ごとに弓射を競い、勝った地区はその年豊作に恵まれるとされていました。この破魔を射抜く矢を破魔矢、弓を破魔弓といいます。

 

現在の様に縁起物とされたのは、江戸時代頃からでした。それまでの年占いが形式化し、男児の成長を祝う縁起物となり、装飾を施した矢と弓が贈られるようになっていきました。

 

更に簡略化され、矢だけが魔除けとして、神社や寺院から授与されるようになったという事です。

 

また、正月以外でも家を新築する場合の上棟式男児の初節句に贈る地域もあります。

 

破魔矢の飾り方と2016年の方角。はまやの置き場所はどこ?

 

どこに飾れば良いのでしょうか?

昔はどの家にも神棚や床の間があり、そこに御札や破魔矢を祀っていました。しかし、最近では自宅に神棚や床の間がないお宅も増えています。

 

飾る場所がないからと、破魔矢を授かるのを遠慮する人もいるそうですね。神棚や床の間がない場合、破魔矢は授からないほうが良いのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

決してそんな事はありません。破魔矢は神様から授かる縁起物です。神様が嫌だと思う様な場所以外なら、どこに祀っても問題ありません

 

ただし、神棚同様、神様を見下す事にならない様に、大人の目線よりも上に祀るようにしましょう

 

 

気持ちの問題かも知れませんが、祀る前には埃などをはらって清潔にしましょう。悪い気や魔物が入って来ないようにと玄関に飾る人もいますし、家族が集まる場所としてリビングに飾る人もいます。

 

hamaya_004

 

2018年の破魔矢はどの方角に祀れば良いでしょうか?

「どの方位でも構わない」が正解です。

 

今年は○○の方角だという話しを耳にする事があるかもしれません。これはおそらく、上棟式の際に鬼門に向けて破魔矢を祀るので、何か方角が決まっているのではないだろうか?と勘違いしたのではないかという事です。

 

実際、神社の方にお話しを聞いてみたところ、どの方角に向けても構わないとお返事を頂きました。

153946

 

ただ、神社では太陽神である天照様を中心としている為、太陽に矢の先(尖った方)が向かない様にする心遣いがあっても良いでしょうとの事です。

 

どうしても気になる方は、その年の「凶の方角」に向けておきましょう。

 

2018年の凶の方角(凶方位)は、五黄殺(ごおうさつ=誰にとっても大凶な方角)が北方向ですので、北に向けるのも良いかもしれませんね。

 

hamaya_003

 

いつまで祀っておくのでしょうか?

破魔矢は一年に一度新しいものと交換するとされています。今まで祀っていたものは、授与された神社やお寺にお返ししましょう。

 

初詣の時期になると、古神札奉納所が設置されていて、破魔矢や御札、お守りなどを奉納出来る様になっています。

 

そして、また新しい破魔矢を授かって帰るというのが一般的な流れになります。

 

186016996_624.v1443842186

 

1月15日のお焚き上げを目安にお返しする人が多いですが、神社や寺院ではいつでも古神札を受け取って頂けるので安心して下さい。

 

帰省先や旅先で破魔矢を授与された場合など、現地まで持って行くことが困難であれば、近くの神社やお寺にお返ししても問題ありません。

 

ただし、神社で授与された場合は神社で、お寺の場合はお寺にお返ししましょうね。

 

 

いかがだったでしょうか?正しい方法を知れば、難しい事は何もないとご理解頂けたと思います。破魔矢を授かる際には、日本古来の風習として子供達にも その由来や祀り方を教えて上げてくださいね。

 

【関連記事】

しめ飾りの意味と由来。いつから飾る?作り方と飾り方。喪中の時は?

 

お正月といえば、しめ飾りを飾る方も多いのではないでしょうか?上記では、そんなしめ飾りについて、意味や由来・飾る時期などを詳しくまとめております。ぜひ読んでみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

昭和記念公園イルミネーション2018の混雑状況は?点灯時間と期間

寒い時期になると、いたるところでイルミネーションが楽しめますね。全国各地でたくさんのイルミネーション

記事を読む

神奈川新聞花火大会2018。穴場と見どころ。場所取りのコツは?

夏は各地でたくさんの花火大会が開かれますが、中でも神奈川新聞花火大会は、関東最大級の直径480mに及

記事を読む

初盆のお返しでのしの書き方。金額の相場や返す時期は?挨拶状の文例

忌明け後に初めて迎えるお盆のことを、初盆もしくは新盆といいます。初盆を取り仕切る経験は人生に幾度もな

記事を読む

送別会の進行方法、流れはどうする?準備の方法は?

送別会の季節、幹事を任されて困った!…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。送別会というとなん

記事を読む

読書の秋の由来。意味はあるの?秋の夜長におすすめ2018度版

読書の秋とよく聞きますよね? 私も秋になると本を読みたくなり、本屋さんへ立ち寄っては人気のある本は

記事を読む

加齢臭の原因。どんな臭い?女性にもあるの?年齢は何歳から臭う

加齢と共に気になってくるのが加齢臭。自分では気がついていなくても、周囲の人に臭いと思われていないか?

記事を読む

インフルエンザ対策は湿度で予防できる?温度管理で風邪を防ぐ

このところ寒い日々が続いていますが、皆さん風邪などひいていませんか?わたしの住んでいる地域は冬になる

記事を読む

しもやけの治し方。手や足の指に有効な治療。対処法はあるの?

今は水仕事がつらい季節ですよね。お湯を使えばいいのですが、お湯が出てくるまでに時間がかかりますし。&

記事を読む

七五三の時期はいつ?お参りは数え年、満年齢か?2018早見表

わが子の健やかな成長を祝う七五三。 毎年11月15日が七五三の日だけど、お参りやお祝いは成人式のよ

記事を読む

明治神宮で七五三。予約受付方法と初穂料の金額。混雑状況は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣を考える方もいらっしゃいますよね。 七

記事を読む

Comment

  1. 内田正幸 より:

    平成30年元日に八王子の高尾山薬王院に初詣に行き破魔矢と熊手を(いつも買うので)今年も買ってきました、そして破魔矢は鴨井の上の長押しに差していました。
    ところが9日の夕刻に落ちて鈴・短冊の紐が切れてしまいました。前にも落ちた事がありますが壊れた事は有りません。紐は織ってあるので簡単には切れるはずありません。
    不思議なので高尾山薬王院に電話したところ親切に対応して下さり
    わざわざ家まで替わりの破魔矢を届けてくれました。お札係の方有難う御座います。
    破魔矢が家の厄を代わって受けて厄除けしてくれたと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑