*

結婚式の服装マナー男性・女性編。アクセサリー他NGタブーまとめ

冠婚葬祭は重なる時は立て続けにくるものです。その中でも結婚式はおめでたいもので、こちらもとても幸せな気分になりますが、細かなルールがたくさんありますよね。

 

なかなか教えてもらえない結婚式の服装マナー

 

ふさわしくない格好で出席してしまうと恥をかくことはもちろん、呼んでくれた新郎新婦にも恥をかかせてしまうことになるので、きちんと学習しておきましょう。

 

●男性の結婚式服装マナーとは?
●女性の服装でこれはNG!ドレスから小物まで
●親族の式に参列する際のマナー

 

SPONSORED LINK

 

男性の結婚式服装マナーとは?

男だったらいつもの仕事用スーツを着ればいいじゃない!と思いがちですが、そんなことはありません。

 

ちゃんと冠婚葬祭用のスーツを用意しましょう。

 

ポイントはサイズ感です。よく仕事用のスーツにゆったりとしたラインのものを選ぶ方がいますが、結婚式ではできるだけ身体にフィットしたものを選びましょう。

 

たとえお手頃価格のスーツでも、これだけでぐっと見栄えが良くなります。

 

結婚式の服装マナーは男性、女性とも、気を付けたいですね。

 

あと、ネクタイの生地ですね。男性の場合、女性と違ってオシャレできるポイントが非常に少ないため、ネクタイを光沢のあるものにしてフォーマル感をアップさせましょう。

 

カフスやチーフは必須ではありませんので、無理して用意する必要はありません。

 

とにかく男性は清潔感を大切にしましょう。

 

 

女性の服装でこれはNG!ドレスから小物まで

まず絶対に着てはいけないのは白または白に近いドレスやボレロです。結婚式で白色のドレスをまとってよいのは花嫁だけです。いわば特権なのです。

 

白でなくとも、それに近い色の場合、会場の照明によっては白く見えてしまうこともありますし、記念撮影の時に色が飛んでしまって、「白いドレスで参加した世間知らず」として永遠に写真に残ってしまう可能性もあるので、十分に注意しましょう。

 

SPONSORED LINK

 

また、毛皮素材のものも厳禁です。ファーのボレロはもちろん、見落としがちなのがバッグです。質が良くても皮素材のものはやめておきましょう。これは殺生につながるからと言われています。

 

ファー素材のボレロは、「寒い時期のお式にぴったりですよ~!」とショップのスタッフがすすめてきますが、彼らはマナーより売り上げ重視です。止めておいた方が無難でしょう。

 

wedding_toast_003

 

あとは見落としがちなのがストッキング肌色やベージュなどヌーディーなストッキングが基本です。

 

網タイツはもってのほかですし、カラータイツやラメ入りなども「式」なのですから避けた方がよいです。

 

よく聞かれるのが「黒色のストッキングはOK?」という質問なのですが、実はこれも避けた方がよいです。というのも、黒のストッキングはどうしてもお葬式を連想させてしまうから

 

ドレスに合わせて黒を選びたい気持ちもわかりますが、ここはマナーを最優先させましょう。

 

wedding_speech_friends_003

 

最後にですが、これは「つま先とかかとを隠すヒールのある靴」を選べば大丈夫です。つまりミュールやオープントゥはNG。

 

じゃあブーツは大丈夫?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ブーツは防寒具なのでNGです。

 

妊娠中など、よっぽどのことがなければ、ヒールのあるパンプスを履いた方がよいと思います。足もきれいに見えますよ!

 

結婚式

 

親族の式に参列する際のマナー

親族の結婚式に出席する場合は、また違ったルールがあります。気を付けなければいけないのは、この場合は「ゲスト」ではなく「ホスト側」として出席しているということです。

 

既婚女性の場合、兄弟など身内の結婚式に参列する時は黒留袖、親族の結婚式に参列する時は、色留袖または訪問着を選ぶのが基本です。

 

未婚女性の場合振袖イブニングドレスまたはアフタヌーンドレスを選びましょう。

 

wedding_dresscode_002

 

あと気をつけたいのは髪型です。これは親族・友人でもかわりないですが、かならずアップスタイルにしましょう。たとえコテで巻いてもダウンスタイルはいけません。

 

フォーマルな場所ではお辞儀する時や食事の時に顔に髪がかからないように、アップスタイルにするのがマナーです。

 

 

【関連記事】

結婚式の服装女性編。始めて出席する場合の服装選び方とマナー

結婚式の服装で男性のおしゃれ術。友人の式で着ていくスーツ選び

 

いかがでしたでしょうか。細かなルールがたくさんありますが、ポイントさえきちんと押さえれば、自分なりのオシャレを入れることももちろん可能です。マナーを守って祝福してあげて下さい。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

鎌倉の桜の開花時期2018。名所の花見スポット満開予想と混雑状況

春の鎌倉は、いつもと一味違った観光が楽しめますよ♪数々の名所で知られる鎌倉ですが、春は桜のお花見スポ

記事を読む

お年賀の時期はいつまで?年賀状との違いと意味。渡し方のマナーは?

新年も明け、新しい年の始まりですね。旧暦では、春なので迎春なんて言葉もよく目にします。  

記事を読む

七五三のお祝いプレゼント!喜ばれる贈り物は?メッセージ文例

七五三のお祝いといえば、一般的にはご祝儀を渡すイメージが強いですが、ここ最近では、お祝いの気持ちを形

記事を読む

小春日和の意味とは。時期はいつ?英語で書く場合。季節は春なの?

小春日和という言葉をテレビや雑誌などで見かけることってありますよね?でも、この小春日和という言葉。見

記事を読む

卒業旅行で国内おすすめランキング!格安で人気。高校生・大学生なら

卒業旅行に行きたいと思っている高校生・大学生も多いのではないでしょうか?行きたいけど、お金が心配・・

記事を読む

女の子の初節句。雛人形、衣装やお祝い料理の準備は?

子供が生まれると、それまで知らなかった、お祝いの行事がたくさんあることに驚きますね。今回は、女の子の

記事を読む

高崎だるま市の日程2019。少林山達磨寺の七草大祭とは?

お正月の6日から7日のお昼頃まで、夜通しかけて行われる日本最大級のだるま市「少林山七草だるま市」をご

記事を読む

香典の金額の相場。会社や取引先なら?祖父母や身内。友人の場合

結婚式などのお祝い事は、前もって日程が分かるものですが、通夜や葬儀の大半は突然の訃報が多いもの。お世

記事を読む

引越し手続きで慌てないためにチェックリストで確認!やること一覧

引越し。この言葉ほど言うのが簡単で行うのがとても難しい言葉はありませんよね!引っ越しが難しい?と思う

記事を読む

ひな祭りの由来、食べ物の意味は?縁起が良い食べ物とは?

梅の花も見頃を迎え、もうすぐ春がやってきますね。春といえば桃の節供「ひな祭り」ですよね。娘も早く雛人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑