*

結婚式の服装で男性のおしゃれ術。友人の式で着ていくスーツ選び

友人の結婚式に呼ばれたのは良いものの、どんな服装をしていったらよいのか分からない…。

 

高価なスーツを買う余裕もないけれど、浮いた格好で出席してしまって悪目立ちもしたくない。

 

●礼装で出席してもいいの?
●結婚式用に選びたいスーツとは?
●ネクタイ・シャツの選び方のコツは?
●靴下と靴はどんなものがいい?

 

そんな時のための参考に、今回は男性の結婚式の服装についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

礼装で出席してもいいの?

結婚式の招待状には、「平服で」と書かれていることも多いので、礼装を着ていっても良いのかと悩みがちですが、通常「平服で」と書かれている場合には略礼装を指していますので、間違えないようにしましょう。

 

基本的に、冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3パターンがあります。

 

結婚式に出席する男性の場合、通常は準礼装で出席することとなっています。

 

男性の準礼装では、ディレクターズスーツやブラックスーツを選ぶのが基本です。

 

ディレクターズスーツは、ブラックスーツよりもワンランク上の装いで、黒ジャケットにグレーのストライプ地のスラックスを合わせるのが一般的です。

 

親族としての立場だったり、主賓や上司として昼の結婚式に出席する場合はディレクターズスーツを着用することが多いです。

 

一方でブラックスーツとは、昼夜関係なく着ることが出来る準礼装です。

 

黒ジャケットに共布のスラックスを合わせるシンプルなスタイルが一般的です。

 

ちなみに黒いビジネススーツとブラックスーツ(礼服)の違いは、礼服の方が色に深い黒味がある点です。

 

結婚式に出席するなら、男性も服装のおしゃれを楽しみませんか?

 

結婚式用に選びたいスーツとは?

20〜30代の友人の結婚式に呼ばれている場合、そのゲストの8割方はブラックスーツを着用していると考えましょう。

 

ただ、男性の場合は、濃紺やダークグレーのダークスーツでも暗色であれば、まず浮くことはありません。

 

ですのでブラックスーツが無い場合は、ダークスーツでの代用も可能です。

 

SPONSORED LINK

 

ただし、白や白に近いグレー、茶色に黒のビジネススーツなどは避けましょう。また、スーツの柄も無地かシャドウストライプのものを。

 

はっきりしたストライプ柄は結婚式のような厳かな場にはふさわしくありませんので、気をつけるようにしてください。

 

また、20代30代であれば、ジャケットもダブルのものではなくひとつボタンのジャケットを選ぶのが一般的です。

 

ただ、友人の結婚式で、レストランウェディングなどのカジュアルな雰囲気で行われるパーティーであれば、ストライプ柄でも問題ないことがありますが、新郎より目立たないスーツを選ぶのがマナーです。

 

その場の雰囲気を考えて服装を選ぶようにしてくださいね。

 

<結婚式に着ていくスーツ>

 

ネクタイ・シャツの選び方のコツは?

ネクタイの色は披露宴から出席する場合であれば、光沢のある白やシルバーが無難です。

 

黒いネクタイは縁起が悪いので、たとえ柄が入っていてもNGです。

 

スーツに合っていれば、パステルカラーのネクタイや、ピンク、ライトブルーのネクタイでも問題ありません。

 

ただ、結婚式に参列する場合は、なるべく無地の質感の良いネクタイを選ぶようにしましょう。

 

それから、フォーマルシャツの基本は「白シャツ」です。

 

襟や袖、ボタンホールの形状など、シャツの種類は様々ありますが、きちんとアイロンのかかっていて清潔感のある白シャツであれば、特に問題はありません。

 

普段のビジネススーツに合わせている白シャツでもOKです。

 

また、カジュアル度の高い披露宴やパーティであれば、カラーシャツやストライプシャツでも問題ありません。

 

こちらもスーツと同様、式やゲストの雰囲気を考慮して選びたいですね。

 

wedding_mens_dresscode_002

 

靴下と靴はどんなものがいい?

フォーマルな場に履いていく場合、基本的には黒の紐付きのストレートチップのものを選びましょう。

 

くれぐれも普段の通勤に使用している靴を履いていかないように気をつけてください。

 

フォーマルシューズとして一足用意しておくと様々な場で使用することが出来ますから、持っていないという方はこれを機会に購入しても良いと思います。

 

また、靴下も基本は黒のドレスソックスです。

 

wedding_mens_dresscode_003

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

結婚式の服装マナー男性・女性編。アクセサリー他NGタブーまとめ

結婚式の服装。親族として式に参列する場合。男性、女性のマナー

 

初めて結婚式に招待されてしまった時など、どんな服装をしていくべきか悩むところではありますが、そこまで難しいものではありません。

 

今後のことを考えて、結婚式用の服装を一揃い揃えても良いかもしれませんね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

お墓参りお供えは持ち帰りで食べるのは?家の仏壇に利用はいい?

お花と水とお線香…お墓参りって、他になにか用意するものはある?いざお墓参りに行こうと思うと、何が必要

記事を読む

潮干狩りの服装と便利な持ち物とは?子供の格好はどうする?

春から初夏にかけての定番のレジャーの1つが潮干狩りですよね。   お子さんが居る家庭で

記事を読む

香典の金額の相場。会社や取引先なら?祖父母や身内。友人の場合

結婚式などのお祝い事は、前もって日程が分かるものですが、通夜や葬儀の大半は突然の訃報が多いもの。お世

記事を読む

高崎だるま市の日程2019。少林山達磨寺の七草大祭とは?

お正月の6日から7日のお昼頃まで、夜通しかけて行われる日本最大級のだるま市「少林山七草だるま市」をご

記事を読む

クリスマスネイルデザイン2018。やり方が簡単なアート画像あり!

クリスマスが近づいてきたら、クリスマス仕様のネイルに変えたくなりますよね。でもクリスマスが過ぎると、

記事を読む

結婚式の乾杯の挨拶を頼まれたら!面白い乾杯音頭スピーチ例文

「乾杯」の意味は「杯を乾す(飲み干す)」という意味があるそうです。   結婚式のこの時

記事を読む

宝くじが当たる確率は?年末ジャンボ・big・スクラッチで比較計算

みなさま、唐突ですが「宝くじ」はお好きでしょうか?「宝くじ」を買われたことはありますか? &nbs

記事を読む

二日酔いの解消に効く食べ物、ツボは?頭痛や吐き気の対策と予防

二日酔いになるたびに、「もう当分お酒は飲まない・・・!」と心に誓う方も多いと思います。私もそのひとり

記事を読む

ガーデニング初心者におすすめの花は?簡単なハーブの育て方

暖かくなると、植物がすくすくと育ち、花が美しく咲く時期ですよね?見に行って楽しむのも素敵ですが、自分

記事を読む

レッスンバッグ作り方。簡単に裏地や切り替え、マチのある布バッグ

春と言えば桜ばかりではありません。入園、入学の季節ですよね?小さいお子さんがいるお母さん方は、レッス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑