*

知恩院の除夜の鐘で並ぶ時間は?混雑と待ち時間。試し撞き2018

皆さん、京都にある知恩院ってご存知ですか?桜や紅葉の名所としても有名ですが、除夜の鐘もとても有名です。知恩院にある梵鐘は、日本三大梵鐘のひとつで約70トンもの重さがあるそうです。

 

今回は、知恩院の除夜の鐘について、皆さんに紹介しようと思います。

 

●知恩院のアクセス方法。お寺に駐車場はある?
●試し撞きとは?2018年の日程。開始時間は?
●除夜の鐘は何時から行けばいい?並ぶ時間について
●例年の混雑状況と待ち時間。行列はすごい?

このテーマでお届けします。

 

SPONSORED LINK

 

知恩院のアクセス方法。お寺に駐車場はある?

京都市東山区にある知恩院は、八坂神社や円山公園のすぐ近くにあります。観光名所の近くにあるので、アクセス方法はいくつかあります。京都駅からのアクセスを紹介しますね。

 

知恩院
 
newyearsbell_chionin_003
 
住所:京都府京都市東山区林下町400
電話:075-531-2111

 

 

●市バスを使う方法

市バス206系統に乗り「知恩院前」のバス停で降車します。バスの乗車時間は20~30分程です。そこから徒歩5分程で到着です。

 

●地下鉄を使う方法

京都市営地下鉄烏丸線の国際会館行きに乗り、烏丸御池で東西線の六地蔵行きに乗り換えます。3駅目の「東山」駅で下車し、そこから徒歩8分程度です。京都駅からタクシーに乗れば15分ほどで到着します。

 

 

知恩院にはタイムズ総本山知恩院新門南駐車場がありますが、35台しか停められないので自家用車で行くのはおすすめしません。

 

 

大晦日は地下鉄も終日運転しているので、公共交通機関で行くことをおすすめします。

 

知恩院の除夜の鐘で並ぶ時間は?混雑と待ち時間。試し撞き

 

試し撞きとは?2018年の日程。開始時間は?

知恩院の除夜の鐘は、鐘のつきかたに特徴があります。皆さんが、イメージしている鐘つきとは全く違うアクロバティックな鐘つきなんです。そのためなのか、毎年試し撞きが行われます。

 

この試し撞きは、毎年12月27日の14時から行われ、一般の方も見学できるので、大晦日に行けない方はぜひ試し撞きを見に行ってみて下さいね。

 

ちなみに試し撞きの参加方法ですが、特に事前予約や申し込みの必要はなく、12月27日に知恩院に行き、並べば良いのです。但し本番ではない試し撞きにも大変多くの人が訪れますので、開始時間は14時からですが、早めに到着するようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

知恩院の除夜の鐘。見どころと掛け声とは?

知恩院の除夜の鐘、見どころは何といっても梵鐘の大きさと、鐘の撞き方です。とても大きな鐘なので、知恩院ではなんと17人もの僧侶が息を合わせて鐘を撞きます。

 

知恩院の梵鐘は、とても大きいので鐘を打つ為の撞木も約4メートルあります。

 

108816

 

その撞木から伸びた17本の綱を持ち、親綱を持った撞き手の方が「えーい、ひとーつ」という掛け声を出すと、16本の子綱を持った僧侶が「そーれ」とタイミングを合わせて撞木を引きます。

 

その後、撞き手の方が撞木にあおむけでぶら下がるようにして、鐘を撞きます。これが、スゴイのひと言じゃあらわせないくらいスゴイんです。ぜひ、動画で見てみて下さい。

 

 

除夜の鐘は何時から行けばいい?並ぶ時間について

知恩院の除夜の鐘は、毎年とても混雑しています。大晦日は20時に除夜の鐘の参詣入口が開門します。ひと撞きめの除夜の鐘を聞くのなら、開門前の19時頃から並ぶのがおすすめです。

 

除夜の鐘が始まるのは22時40分頃なので、かなりの時間を待つことになるので寒さ対策を万全にして行って下さいね。

 

 

22時30分頃に並ぶとちょうど年越しのタイミングで除夜の鐘を聞くことができると思います。ただ、23時頃には閉門されてしまうので注意して下さいね。

 

また、23時前でも収容可能人数を上回ってしまうと早めに閉門されてしまいます。

 

newyearsbell_chionin_005

 

例年の混雑状況と待ち時間。行列はすごい?

毎年、知恩院の除夜の鐘は3万人以上もの人が訪れています。並び始めて30~60分くらいで入場することはできますが、鐘楼にたどり着くにはまだまだ長い行列です。

 

鐘楼にたどり着くのには、並び始めてから1時間半~2時間はかかると思っておいて下さいね。

 

 

鐘楼のまわりも、撮影する人たちで大混雑です。鐘の音は少し離れていても聞こえるので、撮影が終わったら他の人へ場所を譲ってあげて下さいね。

 

知恩院の除夜の鐘は、これだけ並んでも見る価値、聞く価値があります。京都の夜は、芯から冷えるので新年早々風邪を引かないように、十分気を付けて下さいね。

 

newyearsbell_chionin_007

 

知恩院の除夜の鐘について紹介しましたが、お役に立ちましたか?知恩院の大梵鐘の音を聞きながら、煩悩を振り払って新しい1年を始めてみるのはいかがでしょう。

 

【関連記事】

京都で除夜の鐘をつける寺は?おすすめと予約方法。初詣に体験なら?

 

こちらの記事でも知恩院の他、京都で除夜の鐘をつくことの出来る神社をご紹介していますので、是非とも合わせてチェックしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

出産育児一時金の直接支払制度の方法と書き方。里帰りの場合は?

前回、出産育児一時金の制度についてご紹介しました。ですが、後から支払われるといっても、高額な分娩費用

記事を読む

香典の金額の相場。会社や取引先なら?祖父母や身内。友人の場合

結婚式などのお祝い事は、前もって日程が分かるものですが、通夜や葬儀の大半は突然の訃報が多いもの。お世

記事を読む

結婚式ご祝儀の書き方。中袋は?夫婦で出席する場合は連名か?

冠婚葬祭でかならずついてまわるのが、香典とご祝儀。頻繁にあるイベントではないので、ついつい書き方を忘

記事を読む

一人暮らしで揃える家電の選び方は?一式いくら?安く済ます方法

一人暮らしって、何かと物入りですよね?   実家で生活している時には、当たり前にあった

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2018年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。   この冬至の日は

記事を読む

七五三の時期はいつ?お参りは数え年、満年齢か?2018早見表

わが子の健やかな成長を祝う七五三。 毎年11月15日が七五三の日だけど、お参りやお祝いは成人式のよ

記事を読む

初午とは?意味や由来の秘密。お供え物は何がいいの?

皆さんは初午の日(はつうまのひ)をご存知でしょうか?名前はなんとなく聞いた事があるけれど、意味や由来

記事を読む

平塚の七夕まつり2018。日程と時間。駐車場は?屋台ほか見どころ

関東の三大七夕まつりの1つである、湘南平塚の七夕まつり。平塚市で毎年開催されている七夕まつりは、正式

記事を読む

海にクラゲが出る時期はいつから?刺されたときの対処法と応急処置

海水浴やマリンスポーツが楽しみな夏!みなさんは今夏はどちらに遊びに行かれますか?どんなビーチに誰と、

記事を読む

熱田神宮の初詣で混雑する時間帯。元旦、2日、3日の状況

関西地区では知らない人はいない、毎年230万人もの人出を誇る由緒ある熱田神宮。三種の神器である草薙神

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑