*

昭和の日の由来とは?いつから始まった?みどりの日との違い

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきて春の気配を感じるようになってきました。計画的な方はゴールデンウィークの予定を立てていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

 

人気のお宿は早めに予約しておく必要がありますもんね。我が家も家族の意見を聞きつつ、そろそろ計画を立てておこうと思います。

 

●昭和の日とは何?
●昭和の日の由来について
●ではみどりの日はどこへ?

 

さて、連休前半の4月29日は「昭和の日」という祝日です。この「昭和の日」、ずっと前から祝日だったのですが、名前はころころ変わっているのをご存知ですか?今日は「昭和の日」についてまとめてみました。

 

SPONSORED LINK

 

昭和の日とは何?

「昭和の日」である4月29日は、ずばり昭和天皇の誕生日です。よって年号が昭和の時代は、4月29日は「昭和の日」ではなく、「天皇誕生日」だったんですよね。

 

昭和天皇が崩御されて元号が昭和から平成になると、今上天皇の誕生日は12月23日なので、今度はその日が「天皇誕生日」という祝日になります。

 

そして今まで「天皇誕生日」だった4月29日は、1989年からは「みどりの日」を変えて祝日として残ることになります。その後2007年の法改正により、「みどりの日」は「昭和の日」とさらに名前を変え、現在にいたります。

 

 

昭和の日の由来について

ではなぜ「みどりの日」が「昭和の日」という名前になったかというと、もともと昭和天皇が崩御された時に、昭和にちなんだ新祝日として「昭和記念日」という名前にしようという案は出ていたものの、見送られて「みどりの日」という名前になったんですよね。

 

「みどりの日」という名前も、昭和天皇が「全国植樹祭」にも必ずご臨席され、自然をこよなく愛されており、また昭和天皇自身が生物学者であったということから名づけられていました。

 

SPONSORED LINK

 

で、この「みどりの日」は、先ほども述べたように2007年の法改正により「昭和の日」と名前を変えることになるのですが、これは昭和天皇の忍ぶとともに、昭和という時代の苦難と復興を忘れないようにするためであり、

 

「みどりの日」という名前のままだと将来的にそれが風化されてしまうかもしれないという懸念があったからなのだそうです。

 

昭和の日の由来は日本人として学んでおきましょう。

 

ではみどりの日はどこへ?

「みどりの日」が「昭和の日」となったことで、じゃあ「みどりの日」はなくなってしまったのかと思われてしまう方もいると思いますが、そんなことはなく、みどりの日は5月4日に移動してそのまま存続しています。

 

そうなると、5月4日ってもともと何の日だったっけ…?という疑問がわいてくるのですが、5月4日はもともと「国民の休日」という名前の祝日だったんです。

 

この日を「みどりの日」とすることで、祝日法にも記載されている「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という趣旨の祝日が存続されることになります。

 

1

 

いかがでしたでしょうか。生まれが昭和の人でしたら、祝日の由来や名称の移り変わりにもリアルタイムで接してきていますが、確かに若い世代ですと、「昭和の日」と言われてもピンとこないかもしれませんね。

 

祝日に「昭和の日」という名前をつけたことにたいして、太平洋戦争や第二次世界大戦を連想させてしまう「昭和」を、もろ手を挙げて祝う気持ちにはなれないという意見もあります。

 

しかし、「昭和の日」という名前にすることで、今の平和な世の中は、先人たちの苦難と犠牲の上に成り立っていて、かつての苦い経験は二度と繰り返してはならないということを再認識できる貴重な機会でもあると思うので、個人的には私はこの名前でもいいと思っています。

 

【関連記事】

山の日2018。祝日になった理由となぜ8月11日?制定の由来は?

文化の日とは?11月3日の由来と意味を子どもに説明するなら?

 

みなさんも「昭和の日」に「昭和」という時代を思い返してみたり、調べてみたりしてはいかがでしょうか。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

クリスマスローズの育て方。植え替えや株分け時期のコツ。花言葉も

春から秋にかけては、様々な種類の花が咲き誇りますが、冬から春にかけて咲く花は数が少なく、育て方も難し

記事を読む

冬のボーナス払いはいつから?一括払いの支払い月と引き落とし時期

冬のボーナスが楽しみな時期が近づいてきましたね♪   冬のボーナスは、みなさんどのよう

記事を読む

結婚式でスピーチ。上司として新郎、新婦への祝辞と挨拶の例文

部下の結婚式は上司にとっても嬉しいものですよね。そんな中、スピーチの大役を任されるなんて、とても素晴

記事を読む

成人式の振袖、レンタル料の相場は?間違いない選び方とコツ

振袖は購入、レンタルどっちにする?一生に一度の成人席。娘さんを華やかに着飾ってあげたい。精一杯の準備

記事を読む

鏡餅っていつまで飾るの?かざる期間を大検証しました

鏡餅を飾り始めると、今年も終わりだなと実感される方が多いのではないでしょうか。   年

記事を読む

節分の豆を食べる数と理由とは?豆まきの種類。残りのリメイクレシピ

皆さんは節分に豆を食べますか?私も小さい頃から、節分には豆を食べていたので毎年食べているんですが、歳

記事を読む

入籍日の決め方。2018年の縁起の良い日おすすめは?仏滅の場合

入籍の日の決め方は、「やっぱりお日柄を見てから決めたい!」という方。「いやいや、二人が出会った日が良

記事を読む

英語で贈る卒業メッセージの文例。感謝の気持ちを英語で伝えよう

卒業のシーズンですね。いろんな場面でメッセージを書く機会があると思います。もちろん、普通に「卒業おめ

記事を読む

結婚式の服装女性編。始めて出席する場合の服装選び方とマナー

結婚式の服装は花嫁より目立ってはいけないというのが基本。   でもそれ以外にも細かいマ

記事を読む

小学校の夏休み2018。期間はいつからいつまで?東京や全国の日程

年月が経つのは早いですね。この間入学式かと思ったのにもう夏休み?あっという間ですね。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑