*

寒暖差アレルギーの対策方法。頭痛や症状を抑える薬はあるの?

熱もないし、花粉症や鼻炎でもないのに、何故か咳やくしゃみ、鼻水などの症状が治まらない…。そんな原因不明の風邪のような症状が出ていたら、それはもしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。

 

この他にも、冬に寒い屋外から温かい屋内に入ったとたんにさらさらとした鼻水がすーっと出てきたりするのも、この寒暖差アレルギーが原因と考えられます。

 

●寒暖差アレルギーの原因とは?
●症状は?花粉症との違い
●治療法は?薬はあるの?
●有効な対策方法とは?

 

今回は、あまり聞き慣れない言葉である「寒暖差アレルギー」についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

寒暖差アレルギーの原因とは?

寒暖差アレルギーは、文字通り大きな温度差により鼻の奥が刺激されて血管の太さが変わり、鼻づまりや鼻水などのアレルギー性鼻炎のような症状を起こしてしまいます。

 

寒暖差アレルギーは正式には「血管運動性鼻炎」と呼ばれ、花粉症などのアレルギー性鼻炎と同様に鼻過敏症に分類されます。アレルギーと名前がついてはいますが、寒暖差アレルギーには特にアレルゲンはありません。

 

この寒暖差アレルギーの原因は、温度に合わせて体を調節させて順応させる機能を持つ、自律神経が乱れていることにあります。

 

一般的に自律神経が対応出来る温度差は約7℃までと言われています。それ以上の温度差になると、自分では上手く対応出来なくなり、鼻水などの寒暖差アレルギーの症状が出てきます。

 

 

また、寒暖差アレルギーは成人女性でなりやすいと言われていますが、この原因は、女性が男性に比べて筋肉量が少ないために冷え性になりやすく、この冷えから自律神経の乱れを引き起こしやすくなっているためです。

 

 

症状は?花粉症との違い

寒暖差アレルギーの主な症状は、鼻づまり、鼻水、食欲不振、睡眠トラブル、疲れやすい、イライラするなどです。自律神経が乱れているために鼻の症状だけではなく、全身症状が現れてくるのが特徴といえるでしょう。

 

また、花粉症とは違い、目の充血がなく、鼻水の色が無色透明で、発熱する事はありません。加えてアレルギー原因物質の検査でアレルゲンが検出されることはありません。

 

SPONSORED LINK

 

この他の症状として、寒暖差によりかゆみを伴う蕁麻疹が出る方もいます。

 

寒暖差蕁麻疹は、寒冷蕁麻疹と温熱蕁麻疹がありますが、寒冷蕁麻疹の方が症状が重く出る傾向にあります。寒冷蕁麻疹が出来やすいのは、気温が4℃くらいの時、または温度差が7℃以上ある時に出来やすくなります。

 

冷たいコップを持った時や冷たい床を素足で歩いた時、急に熱いシャワーを浴びた時、コタツに入った時に出やすいと言われていますから、心当たりのある人は気をつけてみてください。

 

寒暖差アレルギーの対策方法を知って、頭痛や症状を抑えましょう。

 

治療法は?薬はあるの?

現在、「寒暖差アレルギーの治療法」というものはなく、アレルギー性鼻炎の治療と同様の処置をすることがほとんどです。

 

有効な治療薬とされているのは抗ヒスタミン薬点鼻ステロイド薬で、抗ヒスタミン薬はアレルギー性鼻炎で飲むお薬と同じものです。

 

ただ、副作用として眠気などの症状が出ますから服用の際には気をつけて下さいね。

 

また、病院に行く場合、どの科で受診すべきか悩ましいところですが、症状に合わせて鼻水が主症状であれば耳鼻咽喉科、蕁麻疹によるかゆみが強いようであれば皮膚科、という風に受診すると良いのではないかと思います。

 

1

 

有効な対策方法とは?

寒暖差アレルギーにはこれといった対策がありませんので、出来るだけ寒暖差を抑えるようにし、自律神経のバランスを崩さないようにしましょう。

 

寒暖差アレルギーの予防方法

・寒い場所や乾燥する場所に行く時はマスクをする。
・筋力を増やして血行を良くし、体が極端に冷えないようにする。
・しょうがやにんにくなどの血行を良くする食べ物を食べる。
・ぬるめのお風呂に長めに浸かって、自律神経の働きを良くする。
・外出時には、脱いだり着たりすることで温度調整の出来る服装を選ぶ。

 

1

 

【関連記事】

紫外線アレルギーの症状とは?顔のかゆみの原因。対策と治療法

黄砂の対策グッズとアレルギーの予防方法は?車の洗車のコツ

 

寒暖差アレルギーは根本的な治療法が確立されておらず、全て対処療法になってしまうのが辛いところですが、しっかりと対策を取り、余計な鼻づまりなどに悩まされないよう、予防していきましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

紫外線吸収剤とは?肌に悪いの?シミができやすい?害はあるか?

紫外線の気になる季節、特に女性の皆さんは、早くから日焼け止めを塗って、対策をとっている方も多いですよ

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

豆腐の賞味期限切れは何日まで食べられる?未開封はいつまで大丈夫か?

パックのお豆腐はついつい買い置きしてしまいます。なるべく使おうと思いながらも、気づいたら賞味期限が過

記事を読む

二日酔いの解消に効く食べ物、ツボは?頭痛や吐き気の対策と予防

二日酔いになるたびに、「もう当分お酒は飲まない・・・!」と心に誓う方も多いと思います。私もそのひとり

記事を読む

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?母乳だけでいいの?対処と予防

最近は電気料金の値上げに加えて、夏がどんどん暑くなっていますね。   大人でも注意しな

記事を読む

納豆の栄養と効果的な食べ方。毎日1パックで食べ過ぎの害はある?

納豆嫌いの人もいますが、私は納豆が好きです。何もしなくてもそのまま食べて美味しいところが特に好きです

記事を読む

ヨーグルトの賞味期限切れ。未開封はいつまで大丈夫?良い使い道は?

冷蔵庫で発見したヨーグルトが賞味期限を過ぎていた!よくあることですよね~。半年や1年となると即座に諦

記事を読む

インフルエンザの予防接種の料金2018。東京や大阪で違いはなぜ?

インフルエンザ予防接種の料金は、接種する医療機関によって金額が異なることを知っていますか? &nb

記事を読む

ノロウィルスの症状。大人がかかったら?感染なら仕事は休みか?

寒くなってくると、よく話題になるノロウィルスですが、実際に感染したことがありますか?私は幸せなことに

記事を読む

かき氷やアイスクリームの頭痛の原因。天然水では?治し方と対処

あつ~い夏!!キーーーンッと冷えた、かき氷やアイスクリーム!!最高ですよね♪   でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑