*

正月の花の意味。いつまで飾る?縁起の良い花と生け方。喪中の時は?

SPONSORED LINK

みなさまのお宅ではお正月のお花を飾りますか?帰省や長期旅行で不在になる為生花は飾らない、というご家庭が多いと聞きます。

 

何のためにお正月にはお花を飾るの?と聞かれ、年の初めの習慣だから。改まった気持ちになるから。残念なことに、この程度の回答しかできませんでした。そこで今回は、

 

●お正月に花を飾る意味。由来とは?
●飾る花の種類。縁起の良い花と生け方とは?
●いつからいつまで飾る?場所と床の間で飾るポイント
●喪中の正月に花は避けた方がいい?仏壇は?

 

以上について調べてみましたので、お読みいただけると嬉しいです。

 

SPONSORED LINK

 

お正月に花を飾る意味。由来とは?

門松は、皆様もご存じのとおり、お正月に家の入り口に立てる一対の松や竹の飾りのことで、松飾りとも言います。

 

お正月は神様(歳神様)が地上に降りてくる日と言われています。門松は、神様が私たちの家におりてくるときの目印なのです。そして、家の中も神様の依り代として花飾りを供えます。

 

昔は正月事始めと言われる12月13日から、正月飾りの松を切る等の準備を始めたそうです。古来より年神様を迎え入れてお祝いし、幸せを祈ったことがこれらの良き風習の所以なのですね。

 

正月の花の意味。いつまで飾る?縁起の良い花と生け方。喪中の時は?

 

飾る花の種類。縁起の良い花と生け方とは?

さまざまな縁起の良い花が有るようです。生け花を習っている方は詳しいですね。ほんの一部ですが、代表的なところを記載してみます。

 

まず松竹梅ですが、この季節の梅は希少です。
ですので、

 

●南天(難転ず)
 
newyear_flower_007

●千両()
 
newyear_flower_008

●牡丹(紅白)
 
newyear_flower_009

●水仙(最初の芽吹き)
 
newyear_flower_010

●万年青(永遠)
 
newyear_flower_006

●菊(高潔、小菊は×)
 
newyear_flower_011

●薔薇(長生き)
 
newyear_flower_012

などが一般的です。

 

私は生花に水引や餅花をあしらったものが好きです。剣山がなくても吸水スポンジを使うと便利ですね。大ぶりの花瓶でも大丈夫です。

 

不安な時は、フローリストさんに相談してみてはいかがでしょう。活け方のアドバイスきっとしていただけると思います。

 

SPONSORED LINK

 

いつからいつまで飾る?場所と床の間で飾るポイント

お正月飾りは、31日は一日飾りで良くないらしいということは聞いておりますが、みなさは何日に飾りますか?

 

どうやら、28日が良いらしいです。

 

29日は9(苦)で縁起が悪い、30日は旧暦の晦日にあたり最後の日なので、これも縁起が悪いとか。(地方によって多少違いが有るかもしれません)ですので、28日が良いらしいのです。

 

newyear_flower_013

 

そして飾る期間としましては、松の内1月7日まで飾りますが、地域によっては、小正月までのという所もあるようです。しめ飾りと同じですね。

 

床の間がある場合は鏡餅と並べ、年神様に寛いでいただけるように飾りましょう。床の間が無い場合は、座った目線より上に飾れば良いようです。

 

newyear_flower_003

 

喪中の正月に花は避けた方がいい?仏壇は?

一般には忌が明けるまでの1年間は喪中として、お祝い事などを避けるのが通例とされています。

 

鏡餅や門松しめ飾りといった正月飾りも飾らないのが一般的で、おせち料理もしないようです。初詣も控えた方が良いようです。ただし、寺社によって考え方が違うので神社に聞いてみるのが一番です。

 

亡くなられた方が無事に天上界へ召されますよう、こちら側でお祈りする厳粛な期間なので、浮かれごとは避けよう!という事なのですね。

 

 

ですが、私が存じ上げている和尚さんは、「故人が賑やかな正月が好きだったなら、賑やかにしていいのだよ。花が好きな人だったら飾って御上げなさい。」とおっしゃっておられました。

 

私でしたら、白菊と南天と水仙を設い、故人のご冥福をお祈りしたいなあ、と思います。

 

newyear_flower_005

 

いかがでしたか?何かのお役にたてれば嬉しいです。今年の年末の花飾りがより一層楽しみになって参りました。

 

【関連記事】

しめ飾りはいつまで飾る?期間と処分方法。一夜飾りや使いまわしは?

 

さてこちらもお正月の飾りであるしめ飾りについて、飾る期間や気をつけたいことなどをご紹介している記事となっております。気になる方は是非とも合わせてご参照頂き、素敵なお正月をお過ごしくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

どんど焼きは東京都内どこの神社でやっている?ご利益は?

日本の各地で行われている『どんど焼き』ですが、子供のお祭りと思っていませんか?子供だけではなく大人も

記事を読む

黄砂の対策グッズとアレルギーの予防方法は?車の洗車のコツ

春先で花粉と同じくらい厄介な物…その名は黄砂!花粉症じゃないのに何故か目がショボショボしてしまう!や

記事を読む

クリスマスプレゼントで彼女が喜ぶランキング!人気ネックレスや時計

クリスマスですね。街全体がクリスマスムード一色になるこの時期、心もワクワクしますね。そして何より恋人

記事を読む

金閣寺の紅葉2018の見ごろ時期と混雑状況は?ライトアップ情報

京都と言えばたくさん神社やお寺がありますが、誰もが知っているのは金閣寺ですよね。  

記事を読む

節分いわしの由来。食べる理由や意味。地域の違いやいつ食べるか?

節分の時期が近づいてきました。節分といえば、一般的に豆まきを連想されると思います。ですが、地域によっ

記事を読む

相模湖イルミネーションの営業時間。混雑状況は?行き方と入場料

クリスマスの時期はいろいろな場所でイルミネーションが開催されますが、できればクリスマス以外の時期も、

記事を読む

産休の期間はどれくらい?いつからとるか?公務員と入社後の場合

仕事をしている女性が妊娠を考えた時に気になるのは、一体いつ頃から産休をとることが出来るのか?というこ

記事を読む

佐布里池の梅まつり2019。アクセス方法と梅林の開花状況は?

梅の開花情報を聞いて、梅を見に行くにも地方で遠い…。そんな人は、大都市近郊で開かれる梅まつりを見つけ

記事を読む

西新井大師の厄除けリングの効果。厄払いの料金と時間は?初詣の混雑

関東の三大厄除け大師について、みなさんも聞いたことがあると思います。西新井大師、川崎大師、観福寺大師

記事を読む

茶臼山芝桜の見頃と開花状況2018。渋滞情報と混雑を回避する方法

お花見シーズン到来!!今年は、どこへお花見に出かけましょう?ソメイヨシノやしだれ桜も良いですが、私の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑