*

正月の花の意味。いつまで飾る?縁起の良い花と生け方。喪中の時は?

みなさまのお宅ではお正月のお花を飾りますか?帰省や長期旅行で不在になる為生花は飾らない、というご家庭が多いと聞きます。

 

何のためにお正月にはお花を飾るの?と聞かれ、年の初めの習慣だから。改まった気持ちになるから。残念なことに、この程度の回答しかできませんでした。そこで今回は、

 

●お正月に花を飾る意味。由来とは?
●飾る花の種類。縁起の良い花と生け方とは?
●いつからいつまで飾る?場所と床の間で飾るポイント
●喪中の正月に花は避けた方がいい?仏壇は?

 

以上について調べてみましたので、お読みいただけると嬉しいです。

 

SPONSORED LINK

 

お正月に花を飾る意味。由来とは?

門松は、皆様もご存じのとおり、お正月に家の入り口に立てる一対の松や竹の飾りのことで、松飾りとも言います。

 

お正月は神様(歳神様)が地上に降りてくる日と言われています。門松は、神様が私たちの家におりてくるときの目印なのです。そして、家の中も神様の依り代として花飾りを供えます。

 

昔は正月事始めと言われる12月13日から、正月飾りの松を切る等の準備を始めたそうです。古来より年神様を迎え入れてお祝いし、幸せを祈ったことがこれらの良き風習の所以なのですね。

 

正月の花の意味。いつまで飾る?縁起の良い花と生け方。喪中の時は?

 

飾る花の種類。縁起の良い花と生け方とは?

さまざまな縁起の良い花が有るようです。生け花を習っている方は詳しいですね。ほんの一部ですが、代表的なところを記載してみます。

 

まず松竹梅ですが、この季節の梅は希少です。
ですので、

 

●南天(難転ず)
 
newyear_flower_007

●千両()
 
newyear_flower_008

●牡丹(紅白)
 
newyear_flower_009

●水仙(最初の芽吹き)
 
newyear_flower_010

●万年青(永遠)
 
newyear_flower_006

●菊(高潔、小菊は×)
 
newyear_flower_011

●薔薇(長生き)
 
newyear_flower_012

などが一般的です。

 

私は生花に水引や餅花をあしらったものが好きです。剣山がなくても吸水スポンジを使うと便利ですね。大ぶりの花瓶でも大丈夫です。

 

不安な時は、フローリストさんに相談してみてはいかがでしょう。活け方のアドバイスきっとしていただけると思います。

 

SPONSORED LINK

 

いつからいつまで飾る?場所と床の間で飾るポイント

お正月飾りは、31日は一日飾りで良くないらしいということは聞いておりますが、みなさは何日に飾りますか?

 

どうやら、28日が良いらしいです。

 

29日は9(苦)で縁起が悪い、30日は旧暦の晦日にあたり最後の日なので、これも縁起が悪いとか。(地方によって多少違いが有るかもしれません)ですので、28日が良いらしいのです。

 

newyear_flower_013

 

そして飾る期間としましては、松の内1月7日まで飾りますが、地域によっては、小正月までのという所もあるようです。しめ飾りと同じですね。

 

床の間がある場合は鏡餅と並べ、年神様に寛いでいただけるように飾りましょう。床の間が無い場合は、座った目線より上に飾れば良いようです。

 

newyear_flower_003

 

喪中の正月に花は避けた方がいい?仏壇は?

一般には忌が明けるまでの1年間は喪中として、お祝い事などを避けるのが通例とされています。

 

鏡餅や門松しめ飾りといった正月飾りも飾らないのが一般的で、おせち料理もしないようです。初詣も控えた方が良いようです。ただし、寺社によって考え方が違うので神社に聞いてみるのが一番です。

 

亡くなられた方が無事に天上界へ召されますよう、こちら側でお祈りする厳粛な期間なので、浮かれごとは避けよう!という事なのですね。

 

 

ですが、私が存じ上げている和尚さんは、「故人が賑やかな正月が好きだったなら、賑やかにしていいのだよ。花が好きな人だったら飾って御上げなさい。」とおっしゃっておられました。

 

私でしたら、白菊と南天と水仙を設い、故人のご冥福をお祈りしたいなあ、と思います。

 

newyear_flower_005

 

いかがでしたか?何かのお役にたてれば嬉しいです。今年の年末の花飾りがより一層楽しみになって参りました。

 

【関連記事】

しめ飾りはいつまで飾る?期間と処分方法。一夜飾りや使いまわしは?

 

さてこちらもお正月の飾りであるしめ飾りについて、飾る期間や気をつけたいことなどをご紹介している記事となっております。気になる方は是非とも合わせてご参照頂き、素敵なお正月をお過ごしくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

門松の意味と由来。時期はいつから?飾り方と片付け方。処分の仕方

お正月飾りといえば、門松・しめ飾り・鏡餅が代表的ではないでしょうか。とはいえ、3つの中では門松を飾っ

記事を読む

ビジネスメールでお詫び文書の書き方。遅れや間違い。結びの文例

複数の案件を平行していたら勘違いの内容でメールを送ってしまった、忙しくて返信できなかった、名前違いの

記事を読む

新築祝いの相場、友人や兄弟、親戚や上司の場合の金額目安は?

最近両親が実家をかなり大規模にリフォームしたので、新築ではないけれどいくらかお祝いを包んだんですね。

記事を読む

お年玉の金額の相場はいくら?2019年の最新平均金額を公開

お正月、かつて子供だった頃。もらえるお年玉の合計を前年と比較して嬉しかったり落ち込んだり…。でも、や

記事を読む

自動車免許を合宿で取ろう!費用や期間はどれくらい?持ち物は?

受験のシーズンが近づいてきました。ということは、もうじき学生の皆さんは春休みに入る頃ではないでしょう

記事を読む

一人暮らし料理。男でも簡単に作れる、安い旨いおすすめ料理は?

一人暮らしって準備がもちろん大変ですが、いざ始まってみると、食事も大変じゃありませんか?コンビニのお

記事を読む

養老渓谷の紅葉2018。見ごろ時期と名所スポットおすすめコース

秋の紅葉はもちろん、渓流釣りやハイキング、友人や家族と一緒にバーベキューなどアウトドアを手軽に楽しみ

記事を読む

定期券払い戻しの計算方法。利用途中は使用期間いつまで可能か?

普段何気なく便利に使用している定期券。   でも何らかの事情により、定期券が不要になっ

記事を読む

芦屋花火大会2018穴場スポットは?サマーカーニバル場所と駐車場

さて、夏本番です。ムシムシと暑い夏ですが解放感溢れる季節でもありますね。夏のイベントといえば花火!で

記事を読む

新年会で締めの挨拶は何を言えばいい?手締めのやり方

新年会などの宴会には、締めのご挨拶がつきものです。なかなか自分で行う機会はないかもしれませんが、万が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑