*

お墓参りの花はどんな種類がいい?値段の目安。マナーと選び方

春と秋は、お彼岸の季節ですね。普段はなかなかお墓参りに行く機会がない方も多いかと思います。行きたくてもお墓が遠いと、なかなか行けませんからね?

 

そんな方も、お彼岸のお休みを利用して、お墓参りに行かれたりするかと思います。

 

お墓参りと言えば、お花を備える事は定番ですが、自分でいざ選ぼうと思うと、どのお花を選んだらいいのか?分からなかったりしますよね?

 

●墓参りで避けた方がいい花は?
●おすすめする花の種類は?
●値段はいくら位がいいの?
●感謝の気持ちをお花に込めて

 

そこで今回は、お墓参りのお花のマナーについて、お話して行きたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

墓参りで避けた方がいい花は?

お墓参りに持っていくお花を探そう!と思ったものの、でも、何でもいいのかしら?となる事ありますよね?

 

いつも「仏花」としてすでに花束になっているものを選んで居るため、いざ個別に花を選ぼうと思うと、ダメなお花はどれかしら…となる訳です。

 

そこで調べてみた所、なんと「絶対にこれはだめ!」というものは、基本的にはないそうなのです。驚きですよね?

 

 

 

でも、避けた方がいいとされるお花もあるようですので、ここでご紹介して置きますね。

・毒のある花
・棘のある花
・香りの強すぎる花

以上の3つは避けた方がいいようです。

 

 

またお参りしたい故人が亡くなってからあまり時間が経っていない場合、色も「淡い色や白を基調としたもの」がいいようですね。ですが、すでに亡くなってから時間が経っている場合は、故人が好きだった花や、好きだった色などを考えて、選んでみてはいかがでしょうか?

 

そして避けた方がいいお花の話に戻りますが、毒のある花って、分からないですよね?私も分からなかったのですが、「彼岸花」は毒があるとされているようです。

 

ですので、お花の名前を挙げて説明しますと、

 

・彼岸花(毒があるとされるから)
・バラ(美しいが棘がある)

 

この二つを避けるようにするといいかと思います。

 

故人が女性の場合、バラが好きだったのに…という事もあるかもしれません。その時は、その故人の好きな色の別な花などを選んぶとか、その故人のイメージから花を選ぶと素敵なのではないでしょうか?

 

 

おすすめする花の種類は?

花屋さんはもちろん、ホームセンターやスーパー、色々な所で「仏花」としてセットになっているものは、たいていをメインとして作られていますよね?

 

菊はお墓参りのお花の定番。

 

もともと邪気を払うという意味と、更には切り花にしても、とても長持ちするため、お墓を長い間綺麗に彩ってくれるから…と言う理由で、お花参りの定番となったそうです。

 

SPONSORED LINK

 

セットの定番のものを中心にお花の名前を挙げて説明すると、

 

●菊

 

●小菊

 

●りんどう

 

●グラジオラス

 

●カーネーション

 

この辺りがおすすめです。個人的には、ユリやカラーもおすすめです。

 

仏壇にも良くお供えするお花なのですが、お花が大きいので、一輪入れるだけで、凄く豪華な感じになりますし、全体のまとまりも良くなる気がします。

 

 

値段はいくら位がいいの?

セットになっているものを購入するのが便利ですし、自分で選ぶのは難しいという方にはおすすめですよね。

 

これも価格設定が何段階かりますが、良く売れている価格帯は300円から800円なんだとか。

 

私なんかもそうなのですが、お墓がそう遠くなかったりする方は、普段もお墓参りをされる事多いかと思います。そんな方は、お彼岸やお盆など、節目の時には、いつもの仏花ではなく、別な花束を作るというのも素敵ですよね?

 

自分で好きなお花を選んで買うとなると、やはり1,000円くらいにはなるのではないでしょうか?

 

選びたいけどセンスが…という方は、予算1,000円くらいで、二対作ってもらうといいですね。その時に、故人の好きな花や色が分かる方は、それをお伝えすると、それに合わせて作ってくれると思います。

 

 

…という事で、予算は、

●仏花:300円から800円
●自分で作るor花屋さんで作って貰う:1,000円

これくらいの価格を目安にして貰えるといいかと思います。

 

1 

 

感謝の気持ちをお花に込めて

ご先祖さまを大切にする事はとても素敵な事ですよね?普段あまり考えたりしませんが、ご先祖さまからずっと繋がって、自分という存在がある。

 

当たり前で気にする事の少ないそれですが、この機会にそんな普段当たり前にしている事に感謝して、墓前にお花を供えるなんて、いいと思いませんか?

 

【関連記事】

お墓参りの時間帯は何時頃がいい?夕方や夜はしてはいけない?

お墓参りお供えは持ち帰りで食べるのは?家の仏壇に利用はいい?

 

親への感謝だったりもなかなか普段は言えませんが、父の日や母の日にその分感謝を伝えるように、ご先祖さまへの感謝は、お彼岸などを利用して、お花を込めて伝えてみてはいかがでしょうか?

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

東京の仕事運が上昇する神社。運を引き寄せて商売繁盛!

人が生きていく上で、仕事ってとても重要ですよね?収入を得る為だけでなく、生きがいとして働く。でも、ど

記事を読む

足の臭いを消す方法。クサい原因とは?重層や酢で簡単ににおい対策

仕事を終えて家に帰り、靴を脱いだら自分の足からなにやら異臭が…。自分の足の臭いのきつさにうんざりした

記事を読む

小学校の卒業メッセージ文例。親からの贈る言葉。一言メッセージ

小学校の卒業文集に、親から子供へのメッセージを載せてくれる学校もあります。またとない機会ですが、子供

記事を読む

婚約指輪のお返しは必要?相場の値段と人気の時計。いつ渡すか?

実は必ずしも必要ではない「婚約指輪」ですが、やはり頂いたら嬉しいと思う女性は非常に多いものです。大切

記事を読む

破魔矢の飾り方と2019年の方角。はまやの置き場所はどこ?

破魔矢とは正月の縁起物として神社や寺院で授与される矢の事で、「魔除け」や「一年の好機を射止める」など

記事を読む

避難勧告と避難指示の違い。避難命令の時は?特別警報とは?

地震、台風、長雨による土砂災害など日本各地で毎年のように起きている自然災害ですが、いざ身近で起こった

記事を読む

産休の期間はどれくらい?いつからとるか?公務員と入社後の場合

仕事をしている女性が妊娠を考えた時に気になるのは、一体いつ頃から産休をとることが出来るのか?というこ

記事を読む

文化の日とは?11月3日の由来と意味を子どもに説明するなら?

11月3日は「文化の日」です。ここで1つの疑問が浮かびます。「文化の日」とは、一体何をする日なのでし

記事を読む

産休の挨拶の際のメール例文。社内向けと取引先のあいさつ文とは?

女性が社会進出する機会が増えるに伴い、子供が出来ても働き続ける女性がどんどん増えてきました。 &n

記事を読む

高崎だるま市の日程2019。少林山達磨寺の七草大祭とは?

お正月の6日から7日のお昼頃まで、夜通しかけて行われる日本最大級のだるま市「少林山七草だるま市」をご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑