*

雛人形の飾り方。関西と関東で並べ方の違いはなぜ?

3月3日はひな祭り。ひな祭りに雛人形を飾るご家庭もあるのではないでしょうか。この雛人形、どんな風に飾っていますか?

 

自分のしている事は普通で、みんなきっとそうだろう…と、ついつい勝手に思い込みがちですが、雛人形の飾り方に関西と関東とで違いがある事、ご存知ですか?

 

関西と関東、なにかと違いがある話は聞いていましたが、雛人形の飾り方まで違っていたなんて!そこで今日は、

●雛人形の飾り方。関東と関西の違いとは?
●違いが起こった由来、理由とは?
●雛人形の飾り方。関東と関西で正しい並べ方

 

といった内容で、ご紹介していきます!正しく飾って、楽しいひな祭りを過ごして下さい。

 

SPONSORED LINK

 

雛人形の飾り方。関東と関西の違いとは?

並べるときにも、「あら?どっちだったかしら?」なんて事になりがちなお内裏様(殿)の位置。

 

実はここに大きな違いがあるのです!

 

一般的に知られている雛人形は、関東雛と呼ばるもので、向かって左にお内裏様(殿)が座っています。

 

これとは逆に、向かって右にお内裏様(殿)が座っているものが「京雛」と呼ばれる関西の雛人形なんだそうです。

 

 

更にはちょっと見た目だけでは分かりづらいものなのですが、雛人形のお顔にも違いがあるそうです。

 

doll_fes_003

 

関東では目が大きく、口元が軽くほころんで、ふっくらと可愛らしいお顔の雛人形が好まれ、関西では、切れ長の目に鼻筋の通った高貴なお顔、いわゆる京美人の顔立ちのお人形が好まれるようです。

 

話だけ聞いても、ちょっと分かりづらいかと思いますが、実際に並んでいるものを見ると、なるほど!という感じに見えるんですよね。

 

特に鼻筋に注意してお人形のお顔を見ると違いが見分けやすいかも知れませんね。

 

顔の違いに関しては、ちょっとした好みの違いなのだと思いますが、「お内裏様(殿)の座る位置の違い」。これはどうして生まれたのでしょうか?

 

 

違いが起こった由来、理由とは?

日本では古くから、「左上座」といわれて、左側の上座に座る人が一番高貴な人という考えがありました。その考えからいうと、雛人形に向かって右側に、お内裏様が座っているのが正しいですよね?

 

…なのに関東では右にお内裏様が座っている!

 

その理由や由来については、諸説あるようですが、参考までに、一つご説明致しますね。

 

SPONSORED LINK

 

関東雛の並び方には、大正天皇が深く関わっているようです。古くは関西にあった皇居ですが、明治天皇の時代には東京に移り、そんな中、ご即位された大正天皇。洋装の大正天皇は皇后陛下の右に立たれたそうなのです。

 

これは西洋の流れを受けて、国際儀礼である「右が上」という考え方が取り入れられた事から来ているそうで、そこから皇居のある東京を中心に、大正天皇のご即位時のスタイルが定番となり、今では全国に広がったのです。

 

 

大正天皇が皇后陛下の右という事で、向かって左にお内裏様の関東雛になった訳です。つまり関東雛の並び方は、新しいスタイルだという事ですね。

 

並べ方を調べると「古式」「新式」という言葉を目にしますが、「古式」が京雛の並び「新式」が関東雛の並びという訳です。

 

違いが起こった由来、理由とは?

 

雛人形の飾り方。関東と関西で正しい並べ方

京雛はお内裏様が右、関東雛はお内裏様が左。じゃあ、一体どっちの並べ方が正解なの?正しい並べ方って、どれ?…と、分からなくなってしまいますよね。そこで正しい並べ方についてご紹介します。

 

doll_fes_006

 

雛人形の飾り方は、地域や時代により様々です。そのためか、これが正しい並べ方!というものはないそうなのですが、それでは答えになりませんので、

関西にお住まいの方は、京雛の並び方で飾る
関東にお住まいの方は、関東雛の並び方で飾る

…のがいいかと思います。

 

 

古式は伝統ある飾り方だから古式がいい!とか、新式として新しく取り入れられたのだから、それにあわせた方がいい!とか、考え方は人それぞれですよね?

 

古くから伝わっているものは大事にしたいと思いますし、新しく取り入れられたものにも、柔軟に対応出来たらと思いますので、

 

知識として、

京雛お内裏様が
関東雛お内裏様が

という事を覚えた上で、お住まい地域にあわせた並べ方をするのがいいのかも知れません。

 

正しい並べ方は?

 

祖母、母、娘…と受け継いで

いかがでしたか?雛人形の並べ方一つをとっても、違いがあるのですね?

 

「お内裏様の位置」という、違いとはしては小さいものかも知れませんが、一番上に飾られるお内裏様の位置が逆だというのは、パッと見た時に目立ちますし、印象にも残ります。

 

個人的な意見で恐縮ですが、古くから伝わっているものはずっと大事にしたいと思うのです。ですから、関東雛を飾られるみなさんも、京雛は並びが逆で、こんな理由で関東雛はこう並べるのよ。

 

…なんて、娘さんに教えてあげたりするといいかも知れませんね。雛人形に限らず、時代の流れと共に色々なものが少しずつ形を変えていくのだと思います。

 

【関連記事】

雛人形の飾り方。七段、五段、三段飾りの正しい並べ方とは?

 

そんな中、古いものを大事にしていく心を忘れないように、祖母、母、娘…と、知識として受け継いで行けたら素敵ですよね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

加湿器のおすすめはどれ?手入れ簡単なメーカー。寝室や気化式なら?

冬の乾燥対策に加湿器の購入を考える方も多いかもしれませんが、気化式、スチーム式、ハイブリッド式など、

記事を読む

足の臭いを消す方法。クサい原因とは?重層や酢で簡単ににおい対策

仕事を終えて家に帰り、靴を脱いだら自分の足からなにやら異臭が…。自分の足の臭いのきつさにうんざりした

記事を読む

卒園式の保護者代表の挨拶。例文で使える文章とポイントを解説!

季節が冬から春に向かうと、あちこちで卒園や卒業と言った言葉が聞えてきます。殊に卒園は、お子さんにとっ

記事を読む

送別会の挨拶で送られる側の例文。異動、転勤、退職の場合なら?

年度の変わり目が目前となる3月になってくると、人事異動で転勤や退職などで職場を離れる方もおられますよ

記事を読む

学校説明会で親や子供の服装。中学や高校。専門学校で相応しい服は?

受験のある私立小学校や中学校では、5月下旬から秋にかけて、学校説明会が開催されます。公立や私立の高校

記事を読む

高山祭り2018秋。八幡祭の日程と混雑状況。駐車場と渋滞まとめ

秋の祭りといえば、日本三大美祭のひとつとされる「高山祭り」が有名ですね。飛騨高山の伝統を受け継ぐ「高

記事を読む

時候の挨拶で9月下旬の候と結び。秋の気配を感じる季節の例文は?

はがきや手紙を書く機会が減っている昨今ですが、9月は実りの秋、食欲の秋、スポーツの秋とイベントが様々

記事を読む

奈良吉野の桜見ごろはいつ?開花予想2018。おすすめ宿とツアー

旅行が好きな私は、やれ夏は花火大会だの、秋は紅葉狩りだの、冬はカニがおいしい季節だのと理由をつけて、

記事を読む

パスポートの住所変更は必要?手続きはどこの窓口で行う?

この時期、引っ越し準備で大忙しの方も多いのではないでしょうか?   引っ越しの回数とと

記事を読む

結婚指輪の相場の値段。年代別・男女別で価格帯は?年収の関係

結婚することが決まったけれど、結婚指輪ってみんなどのくらいものを購入しているのか、気になるところだと

記事を読む

Comment

  1. […] 詳しくはこちら:ひな人形の並び方の違い […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑