*

結婚式の服装女性編。始めて出席する場合の服装選び方とマナー

結婚式の服装は花嫁より目立ってはいけないというのが基本。

 

でもそれ以外にも細かいマナーがあるのをご存知でしょうか。

 

●結婚式の服装はどんなものがいいか?
●NGな服装とマナーについて
●おすすめのコーディネイトは?

 

今回はこれら、結婚式の女性の服装についてまとめていきます。参考にしてみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

 

結婚式の服装はどんなものがいいか?

基本的な結婚式での女性の服装は、普段着のワンピースではなく、パーティドレスになります。

 

発表会に着るような派手なロングドレスや、品のないお水系のドレスは避けましょう。

 

結婚式に出席する際の女性の服装は、マナーを守って参列しましょう。

 

また合わせるアクセサリーはパールのものかばんは小ぶりのパーティバッグ靴はパンプスが基本的な服装になります。

 

 

NGな服装とマナーについて

●白いドレスはNG

白は花嫁の色ですから、白いドレスは絶対に避けましょう

 

また、ベージュやシルバー系、淡い色のドレスはカメラのフラッシュで白く見えてしまうことも多いですから、こちらも出来るだけ避けた方が無難です。

 

 

●花嫁のカラードレスと同じ色のドレスは避ける

花嫁がお色直しなどでカラードレスを着用する場合は、事前に確認して同じ色のドレスにならないように配慮しましょう

 

 

●全身黒っぽい服装は避ける

黒いドレスに、合わせる小物も全て黒…となると、喪服を連想させますから、結婚式の場ではNGです。

 

黒いドレスを着るのであれば、明るい色のボレロやストールを羽織る、バッグや靴などの色も明るい色のものを合わせるようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

●露出の多いドレスはNG

結婚式や昼の披露宴では、ひざ丈10cm以上のミニ丈や、胸元が大きく開いたドレス、深すぎるスリットの入ったドレスは避けましょう。

 

ただし、レストランウェディングのようなカジュアルな披露宴や夜の披露宴では肩を出した服装でもOKです。

 

 

●ファー素材のドレスは避ける

毛皮や革素材のものは「殺生」を連想させることから、結婚式にはふさわしくないといわれています。

 

また、食事中に毛皮の毛やほこりが飛び散って料理の中に落ちたり、口の中に入ってしまう可能性があり、不衛生だからという理由もあります。

 

 

●着物以外の民族衣装は避ける

日本人であれば、日本の結婚式で着用する民族衣装は着物にしておきましょう。

 

着物以外の他国の民族衣装を着ると仮装パーティのようで周囲から浮いてしまって悪目立ちする可能性が高いです。

 

 

●足元のマナーにも注意

基本は、ベージュのナチュラルストッキングにヒール5cm以上のパンプスです。黒タイツ、カラータイツ、網タイツ、素足はNGですので避けましょう。

 

また靴は、ブーツ、カジュアルなサンダル、つま先やかかとの見えるミュールはNGですし、ヒールの低い靴やヒールが太い靴もカジュアル過ぎて正式な場には合いません。

 

 

●バッグは大きすぎないものを

たとえ高価なブランド物だったとしてもビジネスなどで持ち歩く大きめのバッグは披露宴にはふさわしくありませんから、パーティ用の小さめのバッグを用意するようにしましょう。

 

 

●香水はNG

きつい香水は正式な場にはふさわしくありませんし、食事の時など周囲の迷惑ですから使用するのは避けましょう。

 

wedding_woman_dresscode_001

 

おすすめのコーディネイトは?

エレガントなデザインのワンピースやスーツに、アクセサリーやコサージュを合わせて華やかさを加えましょう。

 

黒のドレスを着ていく方が多いですが、周囲と被ることも多いですからカラードレスに白や淡い色のボレロを羽織るなどすると上品な雰囲気になりますのでオススメです。

 

ネイビーのドレスであれば、上品で大人っぽい雰囲気になりますので年代を選ばずに着ることが出来ます。

 

 

また、ピンクのドレスでも、20代であれば発色のキレイなラズベリーピンク30代であれば肌になじむベージュピンク40代ではほんのり上品な色合いの桜ピンクと、年代に合わせて色味を変えれば可愛らしく着こなすことが出来ますのでオススメです。

 

wedding_woman_dresscode_002

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

結婚式でストールの巻き方、結び方。色と素材選び。マナーについて

結婚式の二次会で着る服装。女性編。おすすめのコーデとNGマナー

 

結婚式の服装のマナーは知っているようで知らないことも多いです。

 

しっかりと確認して、当日恥ずかしい思いをしないようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

浴衣の着付け男性編。帯の結び方。兵児帯のアレンジを簡単に!

最近は少しずつですが、浴衣姿の男性を見かけることも多くなってきましたね。いろんなブランドが季節になる

記事を読む

御社と貴社の違い。履歴書やメールでの使い分けは?意味は同じなの?

就職・転職をご予定の方は、面接の準備は万全ですか?履歴書やメールでの書類選考、面接の場で、「御社」や

記事を読む

建国記念日の由来、起源とは?驚きの意味を知っていますか?

2月11日は「建国記念の日」。「建国記念日」だと思っている方も多いのではないでしょうか?そして、日本

記事を読む

結婚式で余興を頼まれた!オススメのネタは?恥ずかしい体験談あり

親しい友人の結婚式で余興を頼まれたら、皆さんはどうしますか?新郎新婦の為に、出来れば会場を盛り上げた

記事を読む

勉強の集中方法。音楽でおすすめは?集中力を高める食事や場所

新年を迎えると、受験生たちの勉強も佳境にさしかかると思います。中学受験から大学受験まで、多くの受験生

記事を読む

インフルエンザの潜伏期間の症状。感染力や期間は?a型とb型まとめ

前回の記事に続いて、今回は、インフルエンザの潜伏期間の症状について調べてみました。感染力や症状、また

記事を読む

結婚式招待状の返信書き方。夫婦連名、横書き、欠席理由の場合

結婚式の招待状が届き、さあ返信しようという時に書き方やマナーに自信がなくて筆が止まってしまったという

記事を読む

中秋の名月2018年はいつ?満月は見られる?由来と意味。行事食とは

「中秋の名月」と聞くとみなさんはどういうイメージをおもちでしょうか?   私は「9月」

記事を読む

若草山の山焼き2019年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。  

記事を読む

西新井大師の厄除けリングの効果。厄払いの料金と時間は?初詣の混雑

関東の三大厄除け大師について、みなさんも聞いたことがあると思います。西新井大師、川崎大師、観福寺大師

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑