*

結婚式の服装女性編。始めて出席する場合の服装選び方とマナー

結婚式の服装は花嫁より目立ってはいけないというのが基本。

 

でもそれ以外にも細かいマナーがあるのをご存知でしょうか。

 

●結婚式の服装はどんなものがいいか?
●NGな服装とマナーについて
●おすすめのコーディネイトは?

 

今回はこれら、結婚式の女性の服装についてまとめていきます。参考にしてみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

 

結婚式の服装はどんなものがいいか?

基本的な結婚式での女性の服装は、普段着のワンピースではなく、パーティドレスになります。

 

発表会に着るような派手なロングドレスや、品のないお水系のドレスは避けましょう。

 

結婚式に出席する際の女性の服装は、マナーを守って参列しましょう。

 

また合わせるアクセサリーはパールのものかばんは小ぶりのパーティバッグ靴はパンプスが基本的な服装になります。

 

 

NGな服装とマナーについて

●白いドレスはNG

白は花嫁の色ですから、白いドレスは絶対に避けましょう

 

また、ベージュやシルバー系、淡い色のドレスはカメラのフラッシュで白く見えてしまうことも多いですから、こちらも出来るだけ避けた方が無難です。

 

 

●花嫁のカラードレスと同じ色のドレスは避ける

花嫁がお色直しなどでカラードレスを着用する場合は、事前に確認して同じ色のドレスにならないように配慮しましょう

 

 

●全身黒っぽい服装は避ける

黒いドレスに、合わせる小物も全て黒…となると、喪服を連想させますから、結婚式の場ではNGです。

 

黒いドレスを着るのであれば、明るい色のボレロやストールを羽織る、バッグや靴などの色も明るい色のものを合わせるようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

●露出の多いドレスはNG

結婚式や昼の披露宴では、ひざ丈10cm以上のミニ丈や、胸元が大きく開いたドレス、深すぎるスリットの入ったドレスは避けましょう。

 

ただし、レストランウェディングのようなカジュアルな披露宴や夜の披露宴では肩を出した服装でもOKです。

 

 

●ファー素材のドレスは避ける

毛皮や革素材のものは「殺生」を連想させることから、結婚式にはふさわしくないといわれています。

 

また、食事中に毛皮の毛やほこりが飛び散って料理の中に落ちたり、口の中に入ってしまう可能性があり、不衛生だからという理由もあります。

 

 

●着物以外の民族衣装は避ける

日本人であれば、日本の結婚式で着用する民族衣装は着物にしておきましょう。

 

着物以外の他国の民族衣装を着ると仮装パーティのようで周囲から浮いてしまって悪目立ちする可能性が高いです。

 

 

●足元のマナーにも注意

基本は、ベージュのナチュラルストッキングにヒール5cm以上のパンプスです。黒タイツ、カラータイツ、網タイツ、素足はNGですので避けましょう。

 

また靴は、ブーツ、カジュアルなサンダル、つま先やかかとの見えるミュールはNGですし、ヒールの低い靴やヒールが太い靴もカジュアル過ぎて正式な場には合いません。

 

 

●バッグは大きすぎないものを

たとえ高価なブランド物だったとしてもビジネスなどで持ち歩く大きめのバッグは披露宴にはふさわしくありませんから、パーティ用の小さめのバッグを用意するようにしましょう。

 

 

●香水はNG

きつい香水は正式な場にはふさわしくありませんし、食事の時など周囲の迷惑ですから使用するのは避けましょう。

 

wedding_woman_dresscode_001

 

おすすめのコーディネイトは?

エレガントなデザインのワンピースやスーツに、アクセサリーやコサージュを合わせて華やかさを加えましょう。

 

黒のドレスを着ていく方が多いですが、周囲と被ることも多いですからカラードレスに白や淡い色のボレロを羽織るなどすると上品な雰囲気になりますのでオススメです。

 

ネイビーのドレスであれば、上品で大人っぽい雰囲気になりますので年代を選ばずに着ることが出来ます。

 

 

また、ピンクのドレスでも、20代であれば発色のキレイなラズベリーピンク30代であれば肌になじむベージュピンク40代ではほんのり上品な色合いの桜ピンクと、年代に合わせて色味を変えれば可愛らしく着こなすことが出来ますのでオススメです。

 

wedding_woman_dresscode_002

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

結婚式でストールの巻き方、結び方。色と素材選び。マナーについて

結婚式の二次会で着る服装。女性編。おすすめのコーデとNGマナー

 

結婚式の服装のマナーは知っているようで知らないことも多いです。

 

しっかりと確認して、当日恥ずかしい思いをしないようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

正月の花の意味。いつまで飾る?縁起の良い花と生け方。喪中の時は?

みなさまのお宅ではお正月のお花を飾りますか?帰省や長期旅行で不在になる為生花は飾らない、というご家庭

記事を読む

小学校の卒業メッセージ文例。親からの贈る言葉。一言メッセージ

小学校の卒業文集に、親から子供へのメッセージを載せてくれる学校もあります。またとない機会ですが、子供

記事を読む

年賀状の挨拶の文例ビジネス編。上司や取引先なら?一言や添え書き

ビジネス上お付き合いのある人に年賀状を書こうとすると、いつも挨拶文や添え書きに悩んでしまいます。

記事を読む

初詣に行きたい東京の穴場神社。混雑なしでお参りしよう

東京で初詣に行きたいけれど、どこもかしこも混雑していそうで、気が進まない!という方もいらっしゃるので

記事を読む

水戸偕楽園の梅まつり2019年。見頃と開花状況は?

日本三名園の1つに数えられている水戸の偕楽園では、毎年2月から3月にかけて約100品種3,000本の

記事を読む

歓迎会の案内状の例文。新入社員、会社、新入生の案内メール

入社2年目・3年目を迎え、新入社員などの歓迎会の「幹事」を任せられた!なんて人も多いのではないでしょ

記事を読む

年賀状の一言添え書き文例。上司や会社。取引先向けのビジネス例文

パソコンや携帯電話などのメールやLINEの普及で、年賀状を書く人も年々減少傾向にあるようですが、メー

記事を読む

犬の夏の暑さ対策。エアコン温度と留守番の時。夏バテの食欲回復

ご存知ですか? 犬と人間では、体感温度が全く違うんです!!   実は、犬の被毛は人間が

記事を読む

蚊アレルギーの症状とは?腫れる原因や水ぶくれの治し方。対処法は?

段々と気温が上昇して、開放的な季節へと移り変わっていって、さぁ夏!一年で一番活動的で薄着になる、イベ

記事を読む

干し柿の作り方。おいしい柔らかい甘柿を簡単に!室内のコツと時期

秋の果物といえば柿もその一つですが、家にある柿の木にたくさんなったり、食べきれないほどいただいた時、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑