*

若草山の山焼き2019年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。

 

今回は、古都奈良の新年を飾る炎の祭礼、若草山の山焼きについて2017年の日程やアクセス方法、見学や撮影スポットなどについてご紹介していきます。

 

●若草山の山焼きとは?
●2019年の日程、アクセス方法
●おすすめの見学、撮影スポットは?

 

見学を検討されている方も、若草山の山焼きをご存知でなかった方も、よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

若草山の山焼きとは?

若草山の山焼きとは。毎年1月の第4土曜日に行わている、若草山全体に火を入れて山全体を燃やしてしまうという行事です。

 

その発端は、東大寺と興福寺による領地争いであるといわれてきましたが、近年では誤りであったとされることも多く、実は正確なところは分かっていません。

 

若草山の山焼きの日程について調べてみました。

 

本焼きの前に約200発の花火が打ち上げられ、その後33ヘクタールの草地に一斉に火が着けられます。本格的に山が燃え続けるのは約30分から1時間くらいですが、冬の夜空をオレンジ色に染め上げるほどの大迫力なものです。

 

冬の打ち上げ花火は珍しく、またその規模も奈良県最大級のものであることから、観光スポットとしての人気も年々高まってきている伝統行事です。

 

 

2019年の日程、アクセス方法 

先にお伝えしたとおり、山焼きは毎年1月の第4土曜日に開催されますので、今年2019年の開催予定日は、1/26(土)です。

 

●2018年 若草山の山焼き日程
開催日2019年 1月26日(土)
 
開催時間
(花火) 18:15~
(山焼き点火) 18:30
 
開催場所:奈良公園内 若草山一帯
 
wakakusayama_yamayaki_2016_001

 

花火や山焼き点火は上記の通り夕刻からですが、各種祭事は13:00から執り行われます。

 

 

●アクセス方法
電車の場合
・JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通バス市内循環外回り「大仏春日大社前」下車、山麓まで徒歩約15分
 
車の場合
・京奈和自動車道「木津」ICより車で約3分
・西名阪自動車道「天理北」ICより車で約5分
 
駐車場:有(県庁前登大路駐車場:6:00~22:00/275台/1日1,000円)
※但し、午前中でないとほとんど停められないようです

 

※当日は周辺で交通規制が予定されていますし、収容台数もあまり多くありませんので、可能でしたら公共交通機関を利用した方が良いと思います。

 

若草山の山焼きは有名です。撮影スポットの穴場を紹介します。

 

若草山の山焼きでおすすめの見学、撮影スポットは?

まずは、「奈良県新公会堂」です。人出は多いのですが、見物出来る場所が一番広いので、比較的見学しやすいスポットです。

 

奈良県新公会堂(奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~)
住所:奈良市春日野町101
電話:0742-27-2630
 

 

このほか、同じ奈良公園内にある、「春日野園地」や「飛火野」からも、迫力ある山焼きを楽しむことができます。

 

 

続いて、「若草山山麓」です。先ほどご紹介した奈良公園内のスポットは、いずれも近くから鑑賞する形ですが、山焼きは夜景として楽しむのも大変綺麗ですので、山麓など遠くから鑑賞するのもおススメです。

 

平城宮跡あたりからでも綺麗に見ることができますよ。

 

●若草山山麓
住所:奈良県奈良市雑司町(山麓特設ステージ)
 
wakakusayama_yamayaki_2016_003
 

 

SPONSORED LINK

 

また、山麓では、山焼きが始まる前に様々なイベントが行われますし、屋台もたくさん出店し、お祭りのような雰囲気を楽しむことが出来ますが、15:00には人が集まり始め、17:00には大混雑してしまいます。

 

イベントの内容につきましては、参考までに2015年の情報を以下にご紹介しておきます。

あまり大きな変更はないと思いますが、気になる方は公式サイトにてご確認ください。

 

13:00「鹿せんべい飛ばし大会」
受付時間:12:30~14:30 参加料:300円(先着500名)
※巨大な鹿せんべいを若草山から1枚ずつ飛ばして飛距離を競い、30mラインをクリアすると抽選会に参加でき、商品を受け取ることが出来ます。
 
15:00~「若草楽炎(らくえん) LIVE 2015
※消防団員約300名と消化担当者による出発式です。
 
15:30~16:40「炎舞 – 祝祭の舞い -」
18:30~19:00「炎舞 – 炎陣の舞い -」
※総勢100名の老若男女の炎舞衆によるダイナミックな炎の舞です。
 
16:50~「聖火行列」シルクロード交流館出発
17:05~「聖火行列」水谷橋付近にて松明点火
17:30~「聖火行列」野上神社にて祭典
18:00~「聖火行列」山麓中央の大かがり火に点火
 
18:00~冬花火の祭典
18:15~山焼き点火 
18:20~「若草楽炎(らくえん) LIVE 2015 ※山麓大型スクリーンで中継

 

 

若草山山麓のほかには、「大池(勝間田池)」や「平城京跡」も、遠くからの眺めが良く、おススメスポットです。

 

●大池(勝間田池)
住所:奈良市西ノ京町457
 

 

 

●平城京跡
住所:奈良県奈良市佐紀町
 

 

しかしこれらのスポットは、撮影場所としても良いロケーションで、人気の定番スポットでもありますので非常に混雑します。その為、ここでの見物を予定している方は、朝早くから場所取りに向かうことをお勧めします。

 

【関連記事】

奈良の東大寺二月堂お水取り。2019修二会の日程、時間はいつ?

 

混雑を回避しようとするのであれば、これらのスポットよりもさらに離れた場所であれば、橿原市・御所市のビル等からでも見物することが出来ますし、金剛山生駒山山上宝山寺やその直下の旅館街からも楽しめるスポットがあります。

 

良いスポットを見つけて、奈良の新年の炎の祭典をぜひ楽しんできてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

新築祝いの相場、友人や兄弟、親戚や上司の場合の金額目安は?

最近両親が実家をかなり大規模にリフォームしたので、新築ではないけれどいくらかお祝いを包んだんですね。

記事を読む

喪中に新年の挨拶メール。返事はどうする?喪中の相手への挨拶マナー

新年の挨拶は、きちんとしておきたいところですが、喪中の相手にはどのように挨拶すれば良いのでしょう?

記事を読む

今年のインフルエンザの特徴。2018年のa型やb型の傾向とは?

12月~3月ごろにかけて、流行するのがインフルエンザです。最近は、ニュースでもインフルエンザのことに

記事を読む

立冬の意味とは?2018年はいつ?食べ物と風習。時候の挨拶の例

「きょうは立冬です。各地の表情をお伝えします」などと、秋も深まってくるころ「越冬する鳥たち」や「お正

記事を読む

湯島天神で初詣。アクセス方法は?元旦の混み具合と混雑を避けるコツ

雄略天皇2年(458年)に創建したと伝えられている、湯島天神。菅原道真が祀るこの神社は、学問の神様と

記事を読む

浅草寺の初詣時間2019。参拝時間。混雑する時間帯は?

浅草寺といえば、言わずと知れた観光の名スポット。雷門が有名ですね。浅草寺は、東京都内最古のお寺です。

記事を読む

富士山の初日の出で綺麗に写真を撮る穴場スポットは?

日本を代表するものの一つに富士山がありますね。富士は日本一の山!といわれているこの山は、毎年多くの観

記事を読む

立春は2019年のいつからいつまで?意味と節分との違いとは?

「2月4日は立春」。なんとなくそんな風に覚えている方いませんか?私もボンヤリと「立春は節分の次の日ぐ

記事を読む

退職金に税金は掛かる?所得税の税率。住民税の計算方法と納付

会社を辞めて退職金をもらったは良いけれど、退職金に税金はかかるの?・・・という疑問をお持ちの方も少な

記事を読む

2018夏のネイル。セルフで簡単にできる人気のデザインとは?

暑くなって夏らしいファッションが増えてきましたね。 ネイルも合わせて夏仕様にする人も多いのではない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑