*

節分そばとは?習わしの由来と節分に蕎麦を食べる理由とは?

2月3日は節分ですね。家族みんなで大豆を投げたり、福豆を拾って食べたり、子供達には楽しい行事の一つですよね。さて、この節分におそばを食べる習わしがあるのはご存知でしょうか?

 

なんと、節分そばとは、あの「年越し蕎麦」の事だったのです。節分なのに年越しそばってどういう事でしょうか?そこで今回は、

 

●節分そばの由来とは?
●なぜ節分そばを食べるのでしょうか?
●節分に食べる行事食とは?

 

といったテーマで、節分そばの由来や蕎麦を食べる理由についてまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

節分そばの由来とは?

現在の「年越しそば」といえば、12月31日の大晦日に食べるお蕎麦のことですよね。しかし、大晦日に食べる蕎麦を「年越しそば」と呼ぶようになったのは、明治時代中期頃からといわれています。

 

節分がなぜ「年越し」に当たるのかと言うと、旧暦では二十四節気というものがあります。二十四節気とは、節分を基準に一年を24節に区切って、約15日毎に分けた季節の事です。

 

この二十四節気でいうところの新年とは、「立春」の前日である節分にあたります。従って、昔の人にとっては節分が年越しだったので、節分に食べる蕎麦を「年越し蕎麦」と呼んでいたという事です。

 

newyears_eve_002

 

それでは12月31日に蕎麦は食べていなかったの?…と気になりますね。

 

実は、江戸時代頃まで月の終わりには蕎麦を食べる習慣があり、商家では、月末は集金や棚卸しで忙しかった為、使用人をねぎらう為に蕎麦を出前していたそうで、これを「晦日そば」と呼んでいました。

 

明治以降は月末を「晦日」という呼び方がされなくなり、12月31日だけが「大晦日」として残った様です。

 

 

そして、経緯ははっきりしませんが、二十四節気よりも、歴月が一般的に使用される様になった為、1月1日を新年として、31日に食べる蕎麦を「年越し蕎麦」と呼ぶようになったようです。

 

setsubun_soba_004

 

なぜ節分そばを食べるのでしょうか?

節分そば、昔でいう「年越し蕎麦」ですが、何故新年を迎えるに当たって蕎麦を食べたのでしょうか?これにはいくつかの云われがあります。

 

人生を蕎麦になぞらえて、細くても長く生きるという願いを込める」という定番の説
 
●ソバという植物は、雨などの悪天候に強く、日が差せばすぐに元気を取り戻すといわれており、それにあやかって、苦難を乗り越えてたくましく生きようと蕎麦を食べた」という説
 
お金持ちの商人が貧しい人々に蕎麦団子を振る舞ったところ、翌年以降運気がよくなった」という言い伝えからだという説
 
●蕎麦は細くすぐに噛み切れる事から、厄を断ち切る意味で食べた」という説

 

…などなど、いろんな説があるようです。おもしろいですね。

 

setsubun_soba_003

 

由来ははっきりしませんでしたが、昔の人にとって蕎麦はとても親しみのある食べ物だったようです。ひょっとしたら「蕎麦が食べたかった」だけかも知れませんね。

 

SPONSORED LINK

 

ご自宅で蕎麦を打って、打ちたてを味わうのもおすすめです。

 

 

節分に食べる行事食とは?

●恵方巻き

soba03

恵方とはその年の演技の良い方角の事です。恵方に向かって巻きずしを食べる事から「恵方巻き」と呼ばれていて、カットしたりせずに、無言で願いごとをしながら食べるのが良いとされています。

 

主に関西地方の風習でしたが、スーパーやコンビニで積極的に販売した事から急速に全国に広まっていきました。

 

 

●福茶

423108
(出典元:https://www.eatsmart.jp/)

福茶は福豆の他に『よろこんぶ』に通じる昆布と、松竹梅で縁起のいい「梅」が入ったお茶のことです。作り方も簡単で、福豆数粒と塩昆布、梅干しを湯のみに入れて、熱いお湯を注げば完成です。福豆が少しふやけて美味しいですよ。

 

 

●鰯

17549620.v1420125462
(出典元:(C)nyan)

鰯の頭を柊に刺して飾る風習がありますが、その身も焼いて食べます。鬼は鰯の匂いを嫌うとされている為、食せば鬼が近づかないと考えられています。

 

 

●けんちん汁

setsubun_soba_001

関東地方では、栄養豊富なけんちん汁が、冬の行事食として良く食卓に上がっていました。福豆の他に、体の中を綺麗にする「こんにゃく」を必ず入れたという事です。

 

setsubun_soba_002

 

いかがだったでしょうか?節分は、豆をまくだけじゃなく、そばを食べたり、恵方巻きを食べたり、いずれにしても楽しい行事である事は間違いありませんね。

 

【関連記事】

年男年女とは?年齢と意味。厄年が重なる場合は?節分の豆まきの由来

 

今年の節分は、お蕎麦を食べて新年をお祝いしましょう!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

手足口病の感染で保育園の登園はいつから?初期症状と治療法

梅雨から夏にかけてのこの時期、乳幼児で流行するのが夏風邪ですね。特に今年は「手足口病」が流行の兆しを

記事を読む

永観堂の紅葉ライトアップ。見ごろ時期と料金や時間。混雑状況ほか

「永観堂」は、古今集に「モミジの永観堂」と詠まれるほど、京都の紅葉名所のなかでも、1、2を争う人気の

記事を読む

夏フェスの持ち物リスト。サマソニ、野外フェスの必需品と便利グッズ

夏だ!サマーだ!音楽ライブだ!全国各地で夏になると野外フェスが開催されますね。夏フェスは炎天下の中な

記事を読む

蚊アレルギーの症状とは?腫れる原因や水ぶくれの治し方。対処法は?

段々と気温が上昇して、開放的な季節へと移り変わっていって、さぁ夏!一年で一番活動的で薄着になる、イベ

記事を読む

送別会で送る側の挨拶例文。転勤・異動・退職、上司・後輩への言葉

春は別れと出会いの季節。職場に置いてもそれは同じで、送別会の季節ですよね。そこで今日は、送別会での挨

記事を読む

夏フェスの服装。男女ファッションコーデ!おすすめ靴と屋外の格好

いよいよ夏本番ですね。海やプールもいいけど、夏といえば夏フェスだ!というあなたに、夏フェスのファッシ

記事を読む

お盆のお供え物のお菓子は何がいい?おすすめと金額の相場

お盆といえば、浄土にいる先祖や亡くなった方が俗世に戻る期間で、お盆の初日にお迎えして最終日に送り出す

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

市川市民納涼花火大会の穴場2018。場所取りは何時からが良い?

東京都江戸川区で開催される江戸川区花火大会。それと日を同じくして開催されるのがこの市川市民納涼花火大

記事を読む

花粉症で咳が止まらない場合の対処法。のどの痛みを止めるには?

花粉症の症状って目が痛くなったり、鼻水が酷くなったり…と思いがちですが、実は、咳も症状の一つって、ご

記事を読む

Comment

  1. もぐ より:

    「なんでうちは恵方巻きじゃなくて節分に年越し蕎麦なの?」と子供に聞かれ困っていたので 非常に助かりました(^^)
    今年も楽しく蕎麦を食べたいと思います

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑