*

チョコレートの賞味期限切れ。1年前の冷蔵庫で過ぎた物は食べられる?

私はチョコレートが大好きで、冷蔵庫に常備しているのですが、一度に食べると太るので少しずつ食べることにしています。

 

だから結構長い期間食べきっていないチョコレートが冷蔵庫に残っているのですが、このあいだ、「賞味期限って大丈夫なのかな?」と心配になりました。

 

普段食べるチョコレート以外にも、いただきものなどしばらく置いておくこともありますよね。気が付くと賞味期限切れなんていうことも…。

 

賞味期限切れのチョコレートは、食べても大丈夫なのでしょうか。また、冷蔵庫に1年とか入れていたチョコレートは、傷んだりしていないのでしょうか。気になりましたので、今回は次のようなことを調べました。

 

●チョコレートの賞味期限切れ。半年や1年過ぎは大丈夫?
●冷蔵庫に保管の2年、3年前のチョコレートは食べれる?
●賞味期限切れのチョコレートが白く変色していたら?
●まとめ

 

SPONSORED LINK

 

チョコレートの賞味期限切れ。半年や1年過ぎは大丈夫?

チョコレートごとに賞味期限が決められていますが、数ヶ月のものから1年以上のものまであるようです。

 

賞味期限というのは、「開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限」のことです。

 

設定する際に、さらに余裕を持たせているので、賞味期限が切れたからといってすぐに食べられなくなるわけではありません。

 

cho1

 

さらに、一般的な板チョコなどのチョコレートは腐りにくいものだそうです。 何故かと言うと、水分がほとんどないからです。そういうわけで、普通のチョコレートは、賞味期限が切れても腐りはしないし食べても大丈夫です。

 

ただし、生チョコのようなチョコレートには、生クリームなどが入っているので、傷みやすくなりますので、注意が必要です。

 

賞味期限切れから半年から1年くらい過ぎても、傷んではいないので食べることはできます。ただし、風味は落ちている可能性はあります

 

少し食べてみて、あまりにも味が落ちているようならば、食べるのはやめたほうがいいかもしれません。

 

 

冷蔵庫に保管の2年、3年前のチョコレートは食べられる?

チョコレートは基本的にあまり腐ったりしないと言いましたが、冷蔵していたらなおのこと品質が保持されます

 

チョコレートは、腐らなかったとしても溶けてしまっては美味しくなくなりますので、その点でも冷蔵庫保存だと安心です。

 

cho2

 

冷蔵庫に入れておいたチョコレートは、2年や3年たっても、食べることはできます。でも、やはりおいしさには変化があるかもしれません。風味を楽しみたいならば、なるべく早く食べることが大切ですね。

 

冷蔵庫に入れていても、風味が悪くなってしまう原因のひとつに、つぎのようなこともあります。

 

SPONSORED LINK

 

賞味期限切れのチョコレートが白く変色していたら?

置いておいたチョコレートを開けてみたら、表面が白っぽくなっていたという経験はありませんか?こんな状態になっていると、傷んでいるのかな?と思いますが、これは傷んでいるのとはまた違う状態だそうです。

 

チョコレートに含まれているココアバターは28℃前後で溶け始めます。さらに温度が上がると、分離してチョコレートの表面に浮き出てきます。これがまた冷えて固まると、チョコレートの表面が白くなります。これをブルーム現象といいます。

 

 

また、急激な温度変化などで表面に水滴がつくと、そこに砂糖が溶け出して白くなることもあるようです。

 

表面が白くなったチョコレートは食べても大丈夫なのですが、風味が落ちてしまっていて美味しくありません。こうならないように、チョコレートは温度が高くならないところで保管する必要があります。

 

そして、急激な温度変化が起きないようにする必要もあるので、冷蔵庫保存していても出したり戻したりを頻繁にしないようにしたほうが良いでしょう。

 

チョコレートは賞味期限切れでも食べられる。美味しく食べる為には早めに食べましょう。

 

 

まとめ

大好きなチョコレート、賞味期限が切れても食べられるとわかって安心しました。でも、これまで結構チョコレートの表面を白くしてしまっていました。あまり気にせず食べていましたが、風味が落ちていたんですね…。もったいないことをしていました。

 

どうしても長く保存していると、温度の管理は難しいです。やはり、すぐに食べてしまうのが一番だと思いました。

 

また、チョコレートは種類によって入っているものが違ったりするので、買ったお店で保存方法をきちんと聞いておいたほうがいいですね。

 

cho4

【関連記事】

アイスの賞味期限がない理由。一年前のは食べれる?10年前のは?

 

最後に、賞味期限切れのチョコレートを食べるかどうかは、ご自身で確認されてから判断してくださいね。私の方では責任を負いかねますのでよろしくお願いいたします。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

枝豆の栄養効果。冷凍と生で効能は違う?食べ過ぎで病気や太るか?

代表的な夏野菜の枝豆!美味しい時期は7、8、9月の間。ご存知かと思いますが、大豆を若いうちに収穫した

記事を読む

花粉症に効くヨーグルトの食べ方とは?効果はあるの?種類と量は?

花粉症ってどうやって対策すればいいんだろう、ってお悩みではないですか?目薬をさしても、お薬を飲んでも

記事を読む

むくみの原因とは?顔や手足、下肢の浮腫み。肝臓病の可能性は?

「あれ?あんた最近、むくんでない?」先日、看護師をしている母から言われた一言です。  

記事を読む

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからな

記事を読む

ピーナッツの栄養と効能。食べ過ぎの影響は?一日の適量は何粒?

ピーナッツチョコレートやピーナッツバターなど、ピーナッツ関連のものは好きな私ですが、ピーナッツ自体っ

記事を読む

黄砂の対策グッズとアレルギーの予防方法は?車の洗車のコツ

春先で花粉と同じくらい厄介な物…その名は黄砂!花粉症じゃないのに何故か目がショボショボしてしまう!や

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2018年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。   この冬至の日は

記事を読む

ネギの栄養とすごい効能!白と緑の部分で違う?食べ過ぎは体に悪い?

日本人になじみの深いネギ。脇役なイメージですが、色々な料理の引き立て役として昔から使われて来ました。

記事を読む

食中毒の予防。3原則とは?お弁当の予防レシピと食あたり対策法

ジメジメする季節になると、増えて来るのが食中毒。自宅で食事をする際には大丈夫でも、例えばお弁当を作る

記事を読む

かき氷やアイスクリームの頭痛の原因。天然水では?治し方と対処

あつ~い夏!!キーーーンッと冷えた、かき氷やアイスクリーム!!最高ですよね♪   でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑