*

顔のシミを消す方法。できる原因は?男性、女性のシミの落とし方

顔に出来てしまったシミって、とても気になりますよね。ファンデーションで隠そうとしても、なかなか消えずに厚塗りになってしまったりと、嫌なことばかりです。そこで今回は、

 

●顔にシミが出来る原因は?
●シミを消す方法とは?
●シミ取り化粧品は効果あるの?

 

といったテーマで、顔にシミが出来てしまう原因や対策についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

顔にシミが出来る原因は?

顔にシミが出来てしまう原因はたくさんありますが、その中でもよく知られているのが紫外線による影響です。紫外線を浴びると、メラノサイトと呼ばれる細胞が刺激を受け、メラニン色素を作り出します。

 

これは本来は、紫外線から肌を守るために肌の色を黒くするもので、ターンオーバーが正常に行われていれば、元の肌の色に戻ります。

 

ただ、紫外線を大量に浴びてしまってメラニン色素が過剰に作られてしまったり、何らかの原因で、ターンオーバーが正常に行われなかったりすると、生成されたメラニン色素が肌に残り、シミになってしまうのです。

 

加齢で肌が老化したり、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れにより自律神経が乱れると、ターンオーバーが正常に行われなくなり、シミへと繋がってしまうのですね。

 

facespot_005

 

また、ニキビなど肌が炎症を起こすと、活性酸素が発生してメラノサイトが反応し、メラニン色素が作り出されます。ですから、肌荒れやニキビなどもシミの原因になってしまうのです。

 

<シミができる原因(メカニズム)について…>

 

シミを消す方法とは?

シミが出来てしまった場合でも、正しいケアをすれば、ある程度までは薄く目立たなくする事が出来ます。

 

まずはやはりビタミンCを摂取すること。

 

ビタミンCには、メラニン色素を抑える効果がありますから、シミが出来るのを防ぐとともに、出来てしまったシミを薄くすることが出来ますし、コラーゲンの合成を促す効果もありますので、お肌にハリも出てくる一石二鳥の栄養素です。

 

facespot_006

 

とくにビタミンC誘導体は、従来のビタミンCよりも吸収力も高く、酸化を防ぐ効果もありますから、サプリや化粧品を選ぶ際にはビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶと良いですね。

 

SPONSORED LINK

 

合わせて行いたいのが、スキンケアで肌に潤いを与えることです。

 

肌をしっかりと保湿することで傷ついた肌をケアすることが出来ますから、紫外線が原因で出来てしまったシミを消したい時は、美白成分と保湿成分を合わせて肌に与えてあげるようにしてくださいね。

 

OO85_skincare1209500-thumb-260xauto-3738

 

また、男性の場合でも、シミの一番の原因になるのは紫外線です。シミの原因の8割が紫外線ともいわれています。

 

30歳を過ぎた頃からシミが気になってくる方もいらっしゃると思いますが、まずは最も大きな原因である紫外線対策から始めましょう。

 

すでに肌が荒れてしまっていて傷が付いている部分は、特に紫外線を浴びないようにすることが大切ですから、市販の日焼け止めなどを使用して日常的に紫外線対策を行うようにしましょう。

 

肌に負担がかからない、SPF15くらいの日焼け止めを使用するのがオススメです。

 

facespot_007

 

また、シミは、メラニン色素が体内で生成されることで増えていきます。

 

ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑えてくれる作用がありますので、食事やサプリメントなどを利用して、積極的に摂るようにしてみてください。

 

facespot_001

 

シミ取り化粧品は効果あるの?

たくさんのシミ取り化粧品が販売されていますが、本当に効果があるのか気になるところですよね。

 

化粧品のメーカーホームページを見るだけではなかなか良いものなのか分からない、結局は使ってみないとダメ、でもそんなにお金はない…ということでなかなか手を出しにくいのがシミ取り化粧品です。

 

facespot_008

 

化粧品ですから、医薬品なみの効果はそもそも期待出来ないという事は念頭に置き、外れをつかまないようにするポイントをご紹介していきましょう。

 

 

まずホームページに、その化粧品がどうして効果があるのか、シミ取り効果の根拠がきちんと紹介されているものを選びましょう。

 

よくあるのは、「○○ランキング第1位!」とか「口コミ満足度No.1」など、なんとなく良さそうな言葉を並べてはいるけれど、根拠についてほとんど触れていないというものです。

 

根拠が書かれていない化粧品はほぼ外れですから、間違っても買わないようにしましょう。ほとんど効果は期待出来ないと思って頂いて間違い無いです。

 

 

また、口コミでの評価に良い事しか書いていないのも怪しいです。シミ取り化粧品だけではなく、全ての化粧品について言えることですが、化粧品は人によって結構合う合わないがあります。

 

であれば口コミにも良い評価だけではなく、悪い評価も載ってくるはずです。それがないのは口コミがサクラだらけ、という可能性が高いですから、このような商品は避けましょう。

 

 

ただ、基本的には出来てしまったシミを消すよりは、シミが出来ないように努力する方がずっと簡単ですし、お金もかからないのは間違いありません。

 

facespot_007

 

いかがでしたでしょうか。シミ対策としては、上記で紹介した事の他に、血行を促進することで摂取したビタミンCなどの栄養素をしっかりと行き渡らせることも重要です。

 

肌の血行や新陳代謝を促すためには、マッサージを行うのも非常に有効です。

 

【関連記事】

ほうれい線の原因。骨格や筋肉で肌への影響。片側だけの原因は?

 

シミが出来てしまっても諦めないで、しっかりとケアをするようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

溶連菌感染症で大人の症状。感染原因と治療法。仕事を休む期間

お子さんがかかるイメージの溶連菌感染症ですが、大人にも感染することご存知ですか?ただの風邪だと思って

記事を読む

汗かきの原因は?顔や頭、子供の汗っかき。病気で多汗症の疑い?

だんだんと、暑くなってきましたね。まだまだ、肌寒いと思って上着を着て外出したら、意外にも暑くて汗だく

記事を読む

花粉症の薬の副作用とは?妊娠中や授乳中への影響。種類と強さ比較

鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの症状に悩まされる花粉症。花粉症になると、夜も寝つきにくくなり、体調も

記事を読む

くる病とは?原因について。大人と子供の症状とは?治療法と薬

最近、乳幼児の間で「くる病」が増加傾向にあるようです。 この「くる病」は、栄養が慢性的に不

記事を読む

風邪に効く食べ物。いい果物や食材は?コンビニで買えるおすすめ品

寒い冬だけでなく、忙しくて疲れている時など、ちょっとした体の弱り時などにひいてしまう風邪…。「風邪を

記事を読む

とびひで有効な薬。市販薬は?症状と感染原因。大人にもうつるか?

とびひとは、細菌による感染症です。 あせもや湿疹、傷などをかきむしって身体中に広がったことはありま

記事を読む

風邪に効く飲み物は?栄養ドリンクおすすめ。コンビニで市販なら?

鼻やのどの痛みや腫れ、発熱・悪寒といった症状を引き起こして、数日間これらの症状に悩まされて辛~いのが

記事を読む

さつまいもの栄養とカロリー。皮も食べるほうが良い?妊婦への効果

ホクホクあま~いさつまいも。美味しいですよね~。お料理にもお菓子にも、我が家では1年中大活躍のお芋で

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑