*

五月人形の飾り方。いつから飾る?場所と方角。しまう時期とは?

SPONSORED LINK

もうすぐゴールデンウィークですね。この時期になると、昔は鯉のぼりが飾られているお家をちらほら見かけましたが、今はめっきり減ってきました。

 

室内で飾ることができる五月人形を選ぶ方が増えてきているからだと思います。

 

私の実家では、甥っ子のこいのぼりが毎年そよそよと泳ぎ、家の中には鎧兜が床の間に飾られています。

 

●五月人形はいつから飾ったらいいの?
●飾る場所や方角に決まりはある?
●飾り方の種類いろいろ
●しまう時期は?

 

さて、男の子のいるお家で飾られる五月人形ですが、その飾り方やルールが色々あるのをご存知ですか?ちょっとまとめてみました。

 

SPONSORED LINK

 

五月人形はいつから飾ったらいいの?

これに関しては特に何日からという細かな決まりはありません。大まかにいえば、春分(3/21)を過ぎたあたりから4月の中旬までに飾るとよいでしょう。

 

大安を選べとかそういう決まりもありませんので、家族の都合のいい日に飾ってはどうでしょうか。

 

ただし、初節句の場合に注意しておきたいのが配送日です。

 

端午の節句ギリギリになると、注文が殺到して到着が遅くなってしまうことがあります。余裕をもって注文しておきましょう。

 

五月人形の飾り方や、いつから飾るなど、正しい方法を知っていますか。

 

飾る場所や方角に決まりはある?

これも特に決まりはありません。この方向に飾ったら縁起が悪いとか、この場所に飾ったら失礼だとかそういうものもありません。

 

SPONSORED LINK

 

ただ、五月人形の品質を保持するためにも、直射日光の当たらないところに飾りましょう。

 

お飾りの布部分が色あせてしまったり、変色の原因にもなってしまいます。

 

55dolls_002

 

飾り方の種類いろいろ

平飾りか三段飾りによって異なりますが、ここでは平飾りについて説明します。

 

まず中央に兜または鎧を置きます。そして左側に弓を、右側に太刀を飾ります。後ろに屏風を飾り、もしオルゴールや写真立てがある場合は、一番手前に飾りましょう。

 

 

三段飾りの場合は、これらのお飾りの下段に、陣太鼓や扇、柏餅などを飾ります。

 

また、飾る時のポイントとしては、「飾るところで組み立てる」です。雛人形もそうですが、こういったお飾りは細かい部品が多いうえに非常にデリケートな品物です。

 

移動中に落としたりぶつけたりして壊してしまわないように、あらかじめ置くところを決めて、その場所で組み立てましょう。

 

そしてこれは我が家でもやっていることなのですが、組み立てるときにパーツを取り出す順に写真を撮っておくと、片づける時に非常に楽です。

 

ちなみに両親が私に用意してくれた雛人形は七段飾りで、毎年家族で悪戦苦闘しながら組み立てて、そして片づけていたのですが、ある年から携帯で写真を撮るようになってからはスムーズに片づけることができるようになりました。

 

 

しまう時期は?

雛人形ですと、よく「3月3日にしまわないとお嫁に行けなくなる」と言われますが、五月人形の場合はそうではなく、5月5日以降に片づけるのが慣習です。

 

目安としては5月の中旬頃でしょう。

 

それ以降になると梅雨時期に入るため、片づける時に湿気が混入してカビのもとになるので、できるだけ晴れている時に早めに片づけてしまいましょう。

 

55dolls_003

 

【関連記事】

五月人形は誰が買うもの?初節句でどっちの親が贈るのが常識?

五月人形の処分方法。供養の仕方。処理はいつ、どうしたらいいか?

 

五月人形の飾る時期ついては特に細かい決まり事はないため、家族がそろった時にでもみんなで楽しく飾ってみてはいかがでしょうか。きっとお子さんにとっても楽しい1日になると思いますよ。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

エアコンの水漏れ原因。ドレンホースの掃除方法。修理料金の相場

桜の季節も過ぎ去り、新緑の眩しい季節になりました。最近は日差しも強く、少し外を出歩くだけで汗ばんでし

記事を読む

畳にカビが生えたらどう取り除く?掃除で簡単に除去できる方法

日本のお家にかかせないもの、と言えば何だと思いますか?   私は、和室!と答えるかもし

記事を読む

結婚式の服装で男性のおしゃれ術。友人の式で着ていくスーツ選び

友人の結婚式に呼ばれたのは良いものの、どんな服装をしていったらよいのか分からない…。  

記事を読む

百草園の梅まつり2019。開花状況と見どころ。駐車場はある?

皆さんは、京王百草園(けいおうもぐさえん)をご存知でしょうか。新撰組副長の土方歳三や、六番隊長の井上

記事を読む

花粉症の薬。市販で効くのは?眠くならないおすすめ薬。子供用なら?

スギやヒノキの花粉などによって、咳やくしゃみ、鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす

記事を読む

七五三のお参りの時間帯。仏滅の日はまずい?普段着でお参りは?

我が子の大事なイベント、七五三。毎年11月15日と日にちが決まっていますが、写真の早撮りなどに気を取

記事を読む

博多祇園山笠2018。追い山ならしのコースと所要時間は?

暑い七月の九州をもっと暑く楽しむなら、博多祇園山笠です。起源は諸説ありますが、鎌倉時代、博多に疫病が

記事を読む

大阪城公園の桜を見に行こう!2018開花予想。お花見イベント情報

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきました。この間散歩をしていたら、近所に梅の花が咲

記事を読む

花粉症の治療。舌下免疫療法とレーザーの費用。東京ほか病院おすすめ

花粉の季節になると、鼻水やくしゃみ・咳、目のカユミなどの症状に日本人の約3割が悩まされるそうです。

記事を読む

蚊取り線香の効果とは?赤ちゃんや妊婦に害が心配。犬や猫には?

夏の風物詩といえば蚊取り線香ですね。窓を開けて寝るような季節になってきたら、蚊取り線香を使い出すご家

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑