*

インフルエンザの予防接種の効果と有効期間。副作用と子供の間隔

毎年冬になると、インフルエンザの流行による学級閉鎖などのニュースを耳にしますね。

 

私もうちの子供たちも毎年インフルエンザの予防接種を受けていますが、予防接種を受けていてもインフルエンザに感染し、発熱することがあります。インフルエンザ予防接種は、本当に効果があるのでしょうか?

 

今回は、

●インフルエンザの予防接種。効果はあるの?
●ワクチンの効果が有効に持続する期間は?
●予防接種の副作用はどんな症状が出るの?
●子供・幼児の予防接種の間隔、回数は?

これらについてご紹介します。

 

インフルエンザの予防接種について、私が疑問に思ったことをまとめています。是非、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

インフルエンザの予防接種。効果はあるの?

インフルエンザは、毎年12月~翌年3月にかけて流行し、インフルエンザの予防には、外出後のこまめな手洗いやうがいに加え、医療機関で予防接種を打っておくとより安心とされています。

 

毎年、私も子供たちと一緒に医療機関で予防接種を受けていますが、本当に効果があるのかはあまり実感したことがありません。

 

実際、インフルエンザの予防接種を受けた年にインフルエンザに感染したこともあり、1回の流行期間中に2回インフルエンザに感染したこともありました。

 

インフルエンザの予防接種には、どのような効果があるのでしょう?

 

調べてみたところ、インフルエンザの予防接種には、鼻や口の粘膜から侵入するウイルスを撃退する効果はないそうです。

 

インフルエンザの予防接種の効果と有効期間について調べてみました。

 

予防接種は、インフルエンザウイルス感染後の発症を抑えることと重症化させないことが主な効果とのこと。つまり、インフルエンザ予防接種を受けておくと発病率は大きく下がり、万が一発症しても症状を緩和する効果が期待できます。

 

しかし、子供の“はしか”や“水ぼうそう”は、予防接種を必要回数接種していれば、ほぼ予防することができますが、インフルエンザはなぜワクチンを接種しても、100%予防ができないのでしょう?

 

これは、インフルエンザウイルスが毎年少しずつ変化していることに理由があります。その為、予防接種を受けていても、体内で作られた抗体がウイルスを排除できずに発症する場合があります。

 

 

また、インフルエンザウイルスには3つの型があります。日本での流行は、大半がA型とB型ウイルスです。1回の流行期に2回インフルエンザにかかる人は、A型とB型の別々のウイルスによる感染が考えられます。

 

 

ワクチンの効果が有効に持続する期間は?

では、インフルエンザワクチンの効果はどのくらい持続するのでしょうか?

 

インフルエンザのワクチンの持続効果は、個人差があります。子供や高齢者は、ウイルスの抗体ができにくいそうですが、通常は接種後2週間目から5カ月ほど効果が持続できます。

 

私も毎年、どのぐらいの時期に予防接種を打つべきか悩んでいましたが、ウイルスに対する抗体ができるまで2週間ほどかかるのであれば、流行期より前に予防接種をしておいた方が良いようですね。

 

SPONSORED LINK

 

予防接種の副作用はどんな症状が出るの?

インフルエンザの予防接種後に副作用がでることもあります。私は、注射を打った部分が赤く腫れあがりますが、2日ほど経過すると赤みも消えます。

 

私のような症状が出る人はわりと多いと思いますが、発熱や頭痛、吐き気などの症状を伴う人も珍しくないそうです。

 

また、非常に強いアレルギー症状であるアナフィラキシーショック肝機能障害ぜんそくなど命に関わる、重篤な症状を引き起こす場合もあります。

 

 

予防接種後、30分間は医師と連絡がとれる場所で安静に過ごし、予防接種後に万が一起こった場合の副作用に備えておくことが大事です。

 

しかし、このような命に関わる重篤な症状はほとんど起こりませんので、過剰に心配する必要はありません。不安のある場合は、かかりつけの医師に相談してみましょう。

 

influenza_002

 

子供・幼児の予防接種の間隔、回数は?

子供・幼児の場合は、大人の接種回数とは異なります。

 

13歳未満のお子さんのインフルエンザ予防接種は2回、13歳以上のお子さんは1回または2回の接種となります。

 

1回の費用は、病院により価格が異なりますので、接種を受けようとする医療機関に直接問い合わせてみると良いでしょう。

 

また、予防接種の効果は2回接種する場合は、2回目終了後から2週間後に効果が現れると考えましょう。

 

 

12月中旬頃からインフルエンザが流行すると考えると、13歳未満のお子さんの場合は11月初旬に1回目を打ち、11月下旬ごろに2回目を打つと良いでしょう。

 

予防接種を2回打つ場合、間の間隔は3週間以上あけた方がより効果を高められるそうです。

 

13歳以上のお子さんは、基本的には1回の接種で大丈夫ですが、希望により2回接種することもできます。

 

influenza_003

 

いかがでしたでしょうか。インフルエンザの予防接種を受けておけば、インフルエンザが防げるわけではありませんが、万が一インフルエンザに感染した場合の症状の緩和には有効です。

 

また、インフルエンザウイルスは、毎年型が変異します。昨年、予防接種を受けたから、今年は受けなくても大丈夫というわけにはいきません。

 

その年に生産されたワクチンを、毎年接種することが大事です。もちろん、予防接種に加え、うがいと手洗いがインフルエンザ対策には効果的です。

 

【関連記事】

インフルエンザの予防接種の料金2018。東京や大阪で違いはなぜ?

 

こちらの記事では、今年のインフルエンザ予防接種の料金について詳しくまとめていますので、是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

湯島天神で初詣。アクセス方法は?元旦の混み具合と混雑を避けるコツ

雄略天皇2年(458年)に創建したと伝えられている、湯島天神。菅原道真が祀るこの神社は、学問の神様と

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

奈良吉野の桜見ごろはいつ?開花予想2018。おすすめ宿とツアー

旅行が好きな私は、やれ夏は花火大会だの、秋は紅葉狩りだの、冬はカニがおいしい季節だのと理由をつけて、

記事を読む

お墓参りの線香の本数は一人何本立てればいい?線香の意味は?

1人でお墓参りって行った事がありますか?いつも親戚や両親と一緒に行く事が主で、考えてみたら1人でお墓

記事を読む

静電気の除去と防止方法。髪の毛、服やスカートの対策とグッズ効果

寒い季節は特に発生率が高くなる「静電気」。髪の毛の広がりや、金属製のものを触る時のバチッ!!とした痛

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

口臭の原因。胃との関係。病気の疑いは?歯石やコーヒーで臭い?

自分では良く分からないからこそ気になる。それが口臭ですよね?   すぐ自分で気がつけれ

記事を読む

スポーツ中の水分補給。量や温度、タイミングは?運動中の取り方

だんだんと外に出てスポーツをするのに気持ちが良い季節になってきましたが、 忘れてはいけないのは運動

記事を読む

布団の湿気対策。フローリング床に布団を敷いた際のカビ、湿気取り

湿気の多い梅雨、気になる場所は沢山ありますよね?皆さん、お布団の湿気対策ってどうされてますか?直接肌

記事を読む

顔のシミを消す方法。できる原因は?男性、女性のシミの落とし方

顔に出来てしまったシミって、とても気になりますよね。ファンデーションで隠そうとしても、なかなか消えず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑