*

新入社員の挨拶はどうする?例文と好感度を上げる一言とは?

この時期になると社会人になった日の事を思い出すことがあって。

 

新しい環境で自己紹介をする。簡単に出来るならいいけれど、中々うまくできない!というタイプの人もいるんじゃないかな?なんて、思う今日この頃です。

 

今回は、入社時の挨拶について以下の3点をご紹介します。

●挨拶、自己紹介で伝えることは?
●好感度を上げる一言とは?
●スピーチ、挨拶の例文

 

この自己紹介。自己紹介が苦手だよ~!(;;><)という方にちょっとしたアドバイスをお伝えしちゃいますねっ

 

SPONSORED LINK

 

挨拶、自己紹介で伝えることは?

自己紹介で大切な物の1つが挨拶です。

 

「はじめまして」と「よろしくおねがいします」の気持ちを相手の方へ視線を向け、ハキハキと伝えましょう!

 

そうは解っているけれど…正直緊張してしまって、それどころじゃない!そんな方は、頭の中にでも、ちょっとしたメモ帳にでも自分の伝えたい事を書き出してみましょう。

 

●名前
●配属先
●得意分野
●出身地
●趣味や特技

 

箇条書きでも良いので、とりあえずこの5つ!この5つを書いてみてください。箇条書きにすると、すごくシンプルに頭の中へ入ってきませんか?

 

イメージするなら、新入社員の自己紹介はサンドイッチやハンバーガーのようなもの、と私は考えています。

 

どんなに中身を詰め込んだとしても、パンがパサパサになってしまっていたり、具の水分を吸い取ってしまったらどんなサンドイッチもハンバーガーも美味しくないですよね?

 

自己紹介で大切なのは、バランスと、上で例えたパンの部分である挨拶じゃないかな、なんて思います。

 

新入社員の挨拶はどう言えば大丈夫か、しっかり学びましょう。

 

好感度を上げる一言とは?

バランス良く自己紹介の内容を考えたとします。いたって普通かもしれない、この自己紹介。ほんの少し誰かに良い印象を与えられないものかな?と思いませんか?

 

実は、大きく好感度を上げる方法が1つあるんです。

 

その方法は…

上司の挨拶や言葉をしっかりと聞く事!

それだけ?と思うかもしれません。

 

これもどっちかというとシンプルな方法で、けれど、アドリブの出来る人でないと難しいかも?なんて思ったりもします。

 

なので、この上司の挨拶や言葉をしっかりと聞く、というのはとても重要なポイントなんですよ?

 

SPONSORED LINK

 

人が人に良い印象を持つ行動の1つが「自分の話を聞いてくれる」という事があって、きちんと目や顔、体をそちらにむけて聞く、という事が何よりも大切。

 

そしてそれよりももっと重要なのが、上司の言葉を自分の挨拶に盛り込む、という事。

 

上司、と書いたけれど、この場合は社長の言葉でもかまいません。大切なのは、聞いて、それを自分の自己紹介に組み込む、という事。

 

組み込むといっても、自分が考えました!というような物ではなくて、「先程、上司の●●さんが仰ったように私も~」とつけて話すのが良いのではないかな、なんて思います。

 

1

 

スピーチ、挨拶の例文

スピーチや挨拶の例を幾つか挙げてみたいと思います。

 

例1

はじめまして。○○と申します。
この度、●●へ配属となり、縁あって皆様と一緒に働かせていただくことになりました。

先程○●さんのお言葉を聞き~(上司や社長の話を元に自分の言葉にして話す)精一杯頑張りますので、宜しくご指導くださいますようお願い致します。

全く経験の無い仕事ですので、皆さまにいろいろご指導いただくこともあると思いますが、お役に立てるよう真摯に努力してまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

例2

この度入社しました、○○と申します。
(※名前の後に、配属先、得意分野、出身地、趣味や特技などを付け加えると良いかもしれません。)
私の出身地は山梨県で、中学生の頃からずっとバスケットボールをやっていました。

地元ではバスケットボールの強豪校に入りましたが、身長の都合により、高校の3年間までで諦めました。身体を動かすことは今も変わらず大好きです。やる気と体力には自信があるので思う存分鍛えて下さい。

また、スポーツ以外にも映画を観るのもするのも好きなので、何かお勧めの作品があれば、是非お声をかけてください。

初めてのことばかりで色々と至らない点があるかもしれませんが、どうかご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

慣れない事もありますが、社長をはじめ皆さんが築いて来られたこの会社の社員の名に恥じぬよう、精一杯努力していきたいと思います。何卒宜しくお願いします。

 

箇条書きにした自己紹介の項目は全てを言わなければならない、という決まりはないので、あらかじめいくつかピックアップしておきましょう。

 

タブーについて

挨拶でのタブーは、正しい敬語を使わない事や乱れた服装をしている事。猫背でいたり、人の顔を見て話を聞かなかったり等の態度もNG!

 

簡単に言えば、人として、社会人として当たり前の事をしていれば問題は無い。と言えます。

 

背筋をのばして、人の話は相手の方をきちんと見て聞きましょうっていうことですね。

 

 

 

新入社員の挨拶って周りで見たり、聞いたりするのは楽しいけれど、いざ、自分が言う事になると何だか恥ずかしさと緊張とが入り混じったりして一体何を言えばいいの?!と思った当時を少し思い出してしまいました。

 

ベストな自己紹介はきっと、自分の言葉で、自分を伝える。

 

うーん、シンプルだけど難しい!例文に自分なりのアレンジを加えて、がんばれ!新入社員!

 

【関連記事】

新入社員の自己紹介で何を言えばいい?出身大学や趣味の他は?

新入社員だけど歓迎会の挨拶は何を言えばいいの?文例とマナー

 

いかがでしたか?

 

初めての場での挨拶やスピーチは必要以上に緊張してしまいますよね。あまりに緊張しすぎて失敗してしまうこともあると思います。

 

それでも、一生懸命な姿勢であれば例え失敗であっても悪いイメージを持たれることは少ないと思います。失敗を恐れず、自分を上手にアピールしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

天皇誕生日の一般参賀に行こう。混雑を避ける方法は?

皆さんは天皇誕生日の一般参賀がある事はご存知でしたか?私は恥ずかしながら知りませんでした。一般参賀と

記事を読む

確定申告の医療費控除で明細書の書き方。交通費や治療内容の内訳は?

毎年、だいたい2月16日から確定申告の受付が開始されます。確定申告は、給与収入が2,000万円以上の

記事を読む

入籍の手続きに必要書類とは?手続きの流れ。婚姻届けの書き方

「ねぇ、入籍するのに必要な書類って何かある?」この時期になると、昔、友人の口からこぼれた言葉を思い出

記事を読む

年の瀬とは?意味と語源。挨拶の例文と使い方。あいさつはいつから?

毎年12月になると、「年の瀬」という言葉をよく耳にしますね。何となく年末に使う言葉ということは分かり

記事を読む

時候の挨拶で9月上旬の候と結び。ビジネスやお礼状。学校宛の例文

9月の上旬は、例年まだまだ暑い日が続いている時期ですね。この時期に出すビジネス関係のはがきや手紙、お

記事を読む

子供のクリスマスプレゼント女の子2018。小学1年から高学年向け

小学生の女の子のクリスマスプレゼントは何がいいのでしょうか?   1年生では、まだまだ

記事を読む

クリスマスデート東京プラン!昼から行くスポットとイルミネーション

東京都内でクリスマスデートをすることになったら、みなさんはどんな所に行きたくなりますか。ショッピング

記事を読む

福男選び2019はいつ?歴史と参加方法。走る距離とコース攻略法

いよいよ新年がスタートしました。そこで今回は、福男選びという催し物について調べてみました。 &nb

記事を読む

入学祝いの相場。大学や高校進学なら?孫や甥・姪へ渡す金額は?

受検シーズンもひと段落し桜便りが待たれる季節になると、あちこちで「入学」の話が聞こえてくるようになり

記事を読む

成人式お祝いプレゼント。男性、女性、彼氏・彼女が喜ぶ品は?

成人式のプレゼントで悩まれた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?   少し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑