*

鼻づまりの解消と原因。ツボとペットボトルで鼻の通りを良くする方法

SPONSORED LINK

鼻がつまっていると酸素が足りなくてイライラするし、頭の働きも鈍くなり、仕事にも勉強にも身が入らない…なんてことを経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

●鼻づまりの原因とは?
●鼻づまりを解消するツボとは?
●ペットボトルで解消する方法
●その他の解消法は?

 

今回は、鼻づまりで困った時に、手軽に行える鼻づまり解消法についてご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

鼻づまりの原因とは?

鼻から吸い込んだ空気は、鼻の中の粘膜で覆われた部分を進み、喉を通過して気管から肺へと流れていきますが、何らかの原因でこの空気の通り道が狭くなったり塞がったりすることで鼻づまりに繋がります。

 

鼻づまりの原因は、何らかの原因で鼻の粘膜などに炎症が起こってしまい、粘液腺や漿液腺からの分泌が増え、鼻腔内に溜まることから起こります。

 

このようにして鼻水が溜まったり、炎症などにより鼻粘膜が腫れて鼻腔内が狭くなることが原因で、空気の流れが悪くなり、鼻づまりへと繋がるのです。

 

鼻づまりの解消と原因を突き止めて対処しましょう。

 

鼻づまりを解消するツボとは?

鼻づまり解消のツボとして有名なのが、「迎香(げいこう)」と呼ばれる、小鼻の真横のくぼみにあるツボです。

 

迎香

 

ここに人差し指を当てて、下から上に押し上げるように3秒間押して、3秒休みます。これを1セットとして、5セット繰り返しましょう

 

 

このツボは、鼻づまりだけではなく、花粉症や鼻血、また顔の血行を促しますから、むくみや頭痛、視力低下防止などにも効果があります。

 

オフィスなどでも簡単に押すことができますから、鼻づまりが気になる時には試してみて下さいね。

 

<鼻づまりを簡単に解消するツボ>

 

ペットボトルで解消する方法

鼻づまりをペットボトルで解消する方法もありますので、ここでご紹介しておきましょう。

 

まず、つまっている鼻と反対側の脇に500mlのペットボトルを挟みます

 

脇の下には圧力を感じるセンサーがありますから、ペットボトルで圧迫することで反対側の交換神経が刺激されることになります。

 

交感神経が刺激を受けると、血管が収縮しますから、鼻の粘膜部分の腫れが引いて鼻腔内に隙間が出来ます。

 

stuffynose_002

 

鼻づまりによって、鼻の粘膜の血管に血が溜まり、膨らんでしまっていることで空気の通り道が塞がれてしまっていますから、

 

このようにして血管を収縮させてあげると粘膜の腫れが引いて空気の通り道が出来ることになるのですね。

 

SPONSORED LINK

 

その他の解消法は?

上記で紹介した他にも、鼻を暖めることで鼻づまりが解消されることがあります。

 

お風呂に入っている時にも実感されることがあるかもしれませんが、鼻を蒸しタオルやカイロなどで覆い、暖めると一時的に鼻づまりが解消されます。

 

タオルやカイロが無い場合は、暖かい飲み物の蒸気を吸ったり、自分の手で鼻を覆って温めるだけでも効果があります。

 

 

何故鼻を温めると鼻づまりが解消されるのか、理由は不明ですが、手軽で効果がある方法ですので、鼻づまりで困った時には試してみて下さい。

 

ただ、蒸しタオルやカイロを直接鼻につけると、火傷してしまう可能性もありますから、鼻に付ける前にタオルやカイロの温度を確認してから行いましょう。

 

 

この他の方法として、「鼻をつまんで息を止める」というのも手軽に行える鼻づまり対策ですので、オススメです。

1.まず、一度大きく深呼吸をしてください。
2.その後、肺が空っぽになるまで息を吐ききります。
3.息を吐ききったところで鼻をつまみ、息を止めたまま約2秒毎に天井と床を交互に見ます。

 

これを、息が続く限界のところまで行いましょう。

 

 

このようにして無理矢理酸欠の状態を作ると、脳から「酸素が不足しているから、鼻の穴を広げて」という命令が出ます。

 

そうすると、鼻では血が溜まらないように血管が細くなり、空気の通り道が出来て鼻づまりが解消するというわけです。

 

先程紹介した、ペットボトルで脇の下を圧迫するのと原理的には一緒ですね。

 

stuffynose_003

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

アレグラ市販薬と処方箋の価格はどっちが安い?ジェネリックの効き目

紫外線アレルギーの症状とは?顔のかゆみの原因。対策と治療法

 

今回ご紹介した方法は、アレルギー性の鼻炎や風邪による鼻づまりには効果がありますが、鼻の奥にポリープが出来ている場合や、蓄膿症になっている場合には効果がありません。

 

何をやっても鼻がつまる、という場合には一度耳鼻科で相談してみて下さいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

正月太りを解消する!今すぐダイエットに効く食事・運動・ストレッチ

みなさん、楽しいお正月休みを過ごされた事と思います。楽しい年末年始を過ごした後、ふと気が付くと体が重

記事を読む

花粉症対策でステロイド注射の副作用とは?妊娠中の女性や男性の影響

花粉症って本当にツライですよね。私はスギやマツっていうメジャーな花粉症じゃなく、イネ科なんです。です

記事を読む

紫外線吸収剤とは?肌に悪いの?シミができやすい?害はあるか?

紫外線の気になる季節、特に女性の皆さんは、早くから日焼け止めを塗って、対策をとっている方も多いですよ

記事を読む

にんにくの栄養と驚きの効果効能とは?加熱すると栄養素は失われる?

スタミナアップ!滋養強壮の食材としてイメージの高いにんにく。このにんにくには、どのような栄養が含まれ

記事を読む

片頭痛の原因とは?吐き気や肩こりの対処法。頭痛に効くツボとは?

唐突に激しい頭痛が襲ってくる片頭痛。その頻度も決して少ないものではなく、多い方では週に1〜2回も起こ

記事を読む

夏バテの症状と原因。疲れ解消、対策と予防に効く食事や食材とは?

ポカポカとした陽気から、ギラギラとした痛い日差しへとかわりつつある今日この頃。去年ってこんなに暑くて

記事を読む

汗かきの原因は?顔や頭、子供の汗っかき。病気で多汗症の疑い?

だんだんと、暑くなってきましたね。まだまだ、肌寒いと思って上着を着て外出したら、意外にも暑くて汗だく

記事を読む

アボカドの栄養と驚きの効果効能。食べ過ぎは太る?妊娠中の影響は?

スーパーで目にする、緑から茶色っぽい恐竜の卵のような、皮を剥くと薄い緑色をしていて、独特な食感のアボ

記事を読む

たけのこは栄養ない?健康への効果効能と食べ過ぎによる影響とは?

春を代表する旬野菜と言えば、たけのこ!4月~5月が収穫の時期です。この時期になると、やはり掘りたての

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑