*

花粉症と風邪の違い。風邪薬の併用は平気?鼻水など症状の見分け方

春は何だかウキウキ嬉しい気持ちになる人が多い季節ですが、花粉症の私にとっては憂鬱な季節。

 

毎年、花粉が飛ぶ春になると、こまめに花粉予報をチェック。少しでも花粉の飛ぶ量が少ない日にでかけていますが、それでも鼻水・くしやみ・目のカユに悩まされています。

 

しかし、この悩まされる花粉症の症状も、あれ?これは風邪なのかな?と思うような時もあります。鼻づまりによる寝不足や、からだのダルさから熱っぽい日が続くと、風邪の症状なのか花粉症なのか?自分では判断に悩みます。今回は、

 

●花粉症と風邪の見分け方。鼻水や症状の違いとは?
●疑わしい時はどこの病院に行く?何科で診察か?
●花粉症に風邪薬は効く?代用して効果はあるか?
●同時に薬の併用は平気?飲み合わせや副作用について

 

花粉症と風邪の違いについて、気になる情報をまとめています。花粉症か風邪かで迷った時にどの病院に行けば良いのか?薬は何を飲めば効果があるのか?などお悩みの方は是非参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

花粉症と風邪の見分け方。鼻水や症状の違いとは?

スギ花粉などが飛び交う春の季節は、花粉症と風邪の見分けがつかない時もあります。花粉症と風邪は、症状で見分けがつくのでしょうか?

 

花粉症と風邪の違いや、風邪薬の併用は平気なのかを調べてみました。

 

花粉症にも風邪にも共通する症状は、鼻水・鼻づまり・くしゃみです。私の場合、花粉症であれば異常な目のカユミが症状として出ます。逆に、風邪であれば、目のカユミは起こりません。

 

その他であれば、咳が出るか出ないかでしょうか?

花粉症の場合は、咳の症状はありません。

 

 

熱での見分け方は難しいところです。風邪の場合、微熱も高熱もあります。高熱が出れば、風邪の判断もしやすいですが、微熱の場合は花粉症との見分けがつきにくくなります。

 

その場合は、鼻水の色での判断も良いかもしれません。花粉症であれば、わりと透明でサラサラの鼻水です。風邪の鼻水は、やや黄色がかっており、粘りもあります。

 

hayfever_005

 

花粉症と風邪の見分け方で、私の一押し症状は、やはり目のカユミがあるかないかですね♪

 

hayfever_003

 

疑わしい時はどこの病院に行く?何科で診察か?

花粉症か風邪か、判断に迷う時はどこの病院に行けば良いのでしょうか?

 

hayfever_004

 

そのような時は、耳鼻科を受診されることをおすすめします。花粉症も風邪も、耳鼻科の診療範囲です。どちらの場合も、診察や処方が可能です。

 

私も春先になると、鼻水グズグズ、目はカユミで真っ赤に腫れあがり、頭がボーっと微熱が続く症状が出ますので、その時は必ず耳鼻科で診察を受けています。

 

SPONSORED LINK

 

まず耳鼻科では、くしゃみの回数、目やのどのかゆみの有無、いつから症状が出たか、アレルギー疾患の既往歴などの問診があり、その後、鼻水の細胞検査と血液の抗体検査医師による鼻の視診を受け、花粉症か風邪かの診断がつきます。

 

私の場合は、ほぼ毎年、花粉症の診断です(笑)

 

風邪や花粉症の鼻づまり解消法について、医師が紹介している動画があります。最後は少し笑ってしまいますが、是非チェックしてみてください♪

 

 

花粉症に風邪薬は効く?代用して効果はあるか?

花粉症も風邪も似たような症状ですが、花粉症にも風邪薬が効くのでしょうか?

 

風邪薬には、鼻水を止める成分も含まれていますので、花粉症に効果がないわけではありません。花粉症の症状が主に鼻水であれば、風邪薬の服用も効果があるでしょう。

 

 

しかし、長期的な風邪薬の服用は、胃を痛める原因にもなりかねません。また、花粉症に必要のない薬の成分も、風邪薬には入っています。できれば、無用な薬は控えたいものです。

 

花粉症の症状は、風邪に比べ長期的な薬の服用が必要です。花粉症の場合は風邪薬ではなく、なるべく鼻炎薬の服用をおすすめします。

 

hayfever_008

 

同時に薬の併用は平気?飲み合わせや副作用について

では、花粉症か風邪か判断つかない場合、花粉症薬と風邪薬を一緒に服用するのはどうでしょう?判断がつかないのだから、どちらとも服用して大丈夫か・・・?

 

答えは、NO!です。

 

花粉症薬の説明書きにも、風邪薬や頭痛薬との併用は不可。と必ず書いてあります。花粉症薬と風邪薬では、重複する薬の成分もありますので、併用すれば、命に関わる重い副作用が生じる可能性もあります。

 

花粉症薬と風邪薬の併用に限らず、病院からの処方以外の薬を併用する場合は、必ず医師や薬局の薬剤師に相談することをおすすめします。

 

hayfever_007

 

いかがでしたでしょうか。春は、花粉症も風邪も流行ります。今まで花粉症の症状がなかった人も、ある日突然、花粉症の症状が出ることもあるそうです。

 

いつもの風邪とは少し違うな。と感じる時は、耳鼻科を受診してみてください。もしかしたら、花粉症の症状かもしれません。

 

【関連記事】

花粉症の治療。舌下免疫療法とレーザーの費用。東京ほか病院おすすめ

 

薬の併用も人によってリスクは異なりますが、自己判断による薬の併用は危険です。薬の併用は、必ず病院の医師、又は薬剤師に相談しましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

浴衣の着付け男性編。帯の結び方。兵児帯のアレンジを簡単に!

最近は少しずつですが、浴衣姿の男性を見かけることも多くなってきましたね。いろんなブランドが季節になる

記事を読む

太宰府天満宮の梅見頃。2018年の開花状況と梅祭り最新情報

太宰府天満宮といえば菅原道真公が祀られているとして、とても有名ですよね。でも、それだけじゃありません

記事を読む

出産手当金の申請。退職後にもらうには?扶養に入った場合と計算方法

出産手当金とは、出産で休業する場合の無給期間を支えるための制度で、 加入している健康保険組合から支

記事を読む

お年賀おすすめランキング2018。お菓子で人気は?ビジネス向けも

今日は、お年賀のおススメランキングを私の独断と偏見でお伝えします。もちろんビジネス向けのものもご紹介

記事を読む

福島県白河市のだるま市2018の日程。駐車場はあるの?

約300年の歴史のある福島県白河市の「だるま市」をご存知でしょうか。   市内の目抜き

記事を読む

バナナの栄養と効果的な食べ方とは?加熱すると栄養素はどうなる?

バナナを一房買ってくると、子どもたちが争うようにすぐに食べてしまいます。甘くて食べやすいバナナは、我

記事を読む

そら豆の栄養成分。薄皮にも栄養はある?枝豆と比べるとどっちが上?

あなたは、そら豆が好きですか?また、よく食べますか?   鞘の中は、ふわふわの綿のよう

記事を読む

初盆のお返しでのしの書き方。金額の相場や返す時期は?挨拶状の文例

忌明け後に初めて迎えるお盆のことを、初盆もしくは新盆といいます。初盆を取り仕切る経験は人生に幾度もな

記事を読む

夏バテの症状と原因。疲れ解消、対策と予防に効く食事や食材とは?

ポカポカとした陽気から、ギラギラとした痛い日差しへとかわりつつある今日この頃。去年ってこんなに暑くて

記事を読む

カラオケランキング女性編。盛り上がる歌いやすい曲を年代別に紹介

現在30代後半の私は、最近めっきりカラオケに行く機会も減りましたが、10代後半から20代前半は毎日の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑