*

結婚式の二次会で着る服装。男性編。スーツ選びとカジュアルマナー

結婚式の服装はなんとなく解るけれど、二次会しか参加できない場合もある事と思います。けれど、この二次会、どんな服装で行けば良いわけ?と首を傾げてしまいますよね。

 

招待状には「平服でお越しください」と書いてあるけれどこの平服ってそもそもなんだ?みたいに思う人もいるんじゃないでしょうか。

 

●平服とは?普段着でもいいの?
●二次会の服装のマナーとは?
●2次会のおすすめスーツスタイルは?

 

平時っていうのは普段って事だから、平服=普段着!という結論を出すのはちょっと待って!ここでいう、平服とは一体何なのか。そして二次会にオススメの服装を調べてきましたよ!

 

SPONSORED LINK

 

平服とは?普段着でもいいの?

平時=普段、つまり、平服=普段着でしょ?なんて考えてはいませんか?

 

平服というのは、略礼装の事で、略礼装というのは、改まった場に出ても恥ずかしくない服装の事です。

 

フォーマルほどきっちりとした服装ではないものの、普段着ではない服装ということですね。

 

「平服だろー!普段着できたぜー!」

 

なんて考えで、ジーンズ姿で行かないように!友人も貴方も、恥ずかしい想いをしてしまいます!

 

結婚式の二次会で着る服装ですが男性はどんな格好がいいのでしょう?

 

二次会の服装のマナーとは?

二次会の服装マナーは平服が基本です。でも、この平服って何?具体的にはどんな服装?と思うじゃないですか。

 

結婚式などの祝いの席での平服は、ビジネススタイルより華やな装いにするのをオススメします。

 

お仕事でいつも着ているスーツと比べて、少し光沢があるスーツを着ていったり、もしくは普段のスーツでも、華やかな小物を使って、上品に見せると良いようです。

 

SPONSORED LINK

 

実は、二次会の服装ってきちんとした決まりは無いんです。

 

なので会場の格式に合わせた服装で行くのが良いのではないかな、と思うのですが、仮に二次会の会場が居酒屋さんであっても、お祝いの場なので、抑えるべき基本をおさえて、スーツやジャケットの着用を心がけるようにしてください。

 

afterweddingparty_fashion_mes_002

 

2次会のおすすめスーツスタイルは?

おさえるべき基本

・暗めの色合いのダークスーツ
・ホワイトのシャツ、タイ

※シャツの色はパステル調の薄いカラーの付いたものでもOK。

※タイも光沢のあるグレーのストライプが入ったものなどでもOKです。

 

二次会のオススメスーツスタイルは上記の基本に則ったスタイルがオススメです。

 

この基本的な形に薄い色合いのシャツを合わせるととてもお洒落な印象になるのですが、

 

上に羽織るスーツの色合いと合ったものでないと少しアンバランスな感じになり、悪目立ちをしてしまうので、スーツの色合いと合ったシャツをオススメします。

 

ネクタイ無しで良いのか否かと悩まれると思います。基本的にはネクタイがある事が望ましいのですが、会場によっては無しでOKの所も。

 

また、シャツで外しても良いボタンは上二つまで、と言われてます。スーツのボタンがシングルボタンで3つの場合は、一番下のボタンを外すのが礼儀といわれています。

 

afterweddingparty_fashion_mes_004

 

そして、何よりも重要なのが細やかな部分の手入れをしっかりとする事。

・靴はきちんと磨いていますか?
・シャツやスーツにシワは付いていませんか?
・きちんと清潔感のある髪形ですか?

 

ある結婚式で、奇抜な髪形をして二次会に参加してきた新郎の友人がいたそうで、パッと見は服装もしっかりとしていたそうなのですが、良く見ると靴が古く、穴が開いていたそう。

 

きちんと頭からつま先まで、確認は大切ですよ!

 

<結婚式 二次会 服装 ネクタイ 夏 男…>

 

 

いかがでしたか?今日は結婚式の二次会での服装についてお伝えしました!

 

【関連記事】

結婚式の二次会で着る服装。女性編。おすすめのコーデとNGマナー

結婚式の服装マナー男性・女性編。アクセサリー他NGタブーまとめ

 

平服=普段着だと勘違いしていた人はいませんでしたか?実は、この勘違いをする人って結構多いんです。

 

お洒落を意識するのも大切ですが、マナーを守った服装の方が好感度UPなので、ぴしっと、パリッとした服装を心がけてくださいね!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

クリスマスプレゼントの予算はいくら?彼氏や彼女。子供の平均相場

クリスマスが近づいてくると、いくつになってもワクワクしませんか。子供の頃は本当にサンタクロースがいる

記事を読む

正月飾りはいつまで飾る?関東や関西で違いはあるの?意味と捨て方

正月飾りと言えば門松としめ縄、鏡餅ですね。鏡餅はスーパーでも簡易的なものが販売されており、ご自宅に飾

記事を読む

保育園や幼稚園の運動会の挨拶例。PTAと保護者で開会と閉会文例

我が子の運動会。保育園や幼稚園でどんな風に過ごしているか垣間見れる絶好の機会ですよね。  

記事を読む

知恩院の除夜の鐘で並ぶ時間は?混雑と待ち時間。試し撞き2018

皆さん、京都にある知恩院ってご存知ですか?桜や紅葉の名所としても有名ですが、除夜の鐘もとても有名です

記事を読む

恵方巻の正しい食べ方やルールとは?食べる時間帯はいつ?

節分の風習である「恵方巻」について。きちんとしたルールを実は知らない、という方は多いのではないでしょ

記事を読む

お年賀の時期はいつまで?年賀状との違いと意味。渡し方のマナーは?

新年も明け、新しい年の始まりですね。旧暦では、春なので迎春なんて言葉もよく目にします。  

記事を読む

水着の選び方と体型カバーする方法とは?胸の大きさ。サイズと色

30度を超える日も多くなってきて、いよいよこれからバーベキューやプール・海へのレジャーが楽しくなって

記事を読む

クリスマスネイルデザイン2018。やり方が簡単なアート画像あり!

クリスマスが近づいてきたら、クリスマス仕様のネイルに変えたくなりますよね。でもクリスマスが過ぎると、

記事を読む

秋のファッション2018。メンズ流行トレンドと大人の男コーディネイト術

暑い夏も、もう少し。重ね着が楽しめる秋が近づきました。男性の方も、おしゃれな服装で秋を迎えたいですよ

記事を読む

干し芋の作り方。簡単に室内で!レシピと保存方法。美味しい食べ方

冬のおやつにぴったりな、甘くてねっとりとした自然素材の干し芋。子供にも安心して食べさせられる優しいお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑