*

アレグラ市販薬と処方箋の価格はどっちが安い?ジェネリックの効き目

花粉症やアレルギー性鼻炎に悩まされる私のお気に入りの薬は、アレグラ♪ アレグラは、わりとポピュラーな薬です。病院で処方を受ける以外に、市販や通販で手軽に購入することができます。

 

では、同じアレグラでも、市販薬と病院で処方を受ける薬とでは何か違いがあるのでしょうか?

 

私は病院に行くのが面倒なので、いつも市販のアレグラを服用しています。しかし、市販薬の効果には個人差があるのか、市販のアレグラでは効き目が感じられないから、わざわざ病院に行って処方を受ける友人もいます。

 

今回は、アレグラの市販薬と処方薬の違いについて調べてみます♪

■アレグラの市販薬と処方箋との違いとは?成分は同じ?
■市販薬は効かない?花粉症の改善効果について
■処方箋と価格はどっちが安い?値段は比較すると?
■おすすめのアレグラ市販薬。口コミで評判が良いのは?

 

これらについて、まとめています。そもそもアレグラとは??どんな症状に効くの?と気になる人にもお役に立つ情報です。是非、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

アレグラの市販薬と処方箋との違いとは?

そもそもアレグラとは?私は、花粉の飛ぶ季節が近づくと必ず薬局で購入しますので、アレグラと聞くと花粉症だけに効く薬と思っていましたが、他の症状にも効果があるのでしょうか?

 

調べてみると、アレグラは花粉症だけでなく、他の症状にも改善効果があるようです。

 

では、市販薬と処方薬では効き目は同じ?これまたてっきり、市販薬も処方薬も同じ成分と思っていましたが、調べてみると両者に違いがありました!!

 

12664593434_b2a204139c_m

 

まず、市販薬のアレグラは、主に鼻炎を伴うアレルギー疾患に効果があるとのこと。花粉症やアレルギー性鼻炎などが対象の疾患です。服用できる対象年齢は15歳以上で、中学生以下は服用できないのが特徴です。

 

病院で処方されるアレグラは、もちろん花粉症やアレルギー性鼻炎の症状にも効果がありますが、この他にアトピーや蕁麻疹、喘息など、アレルギー疾患に分類されるもの全般に効果があるそうです。処方薬の対象年齢は12歳以上から服用できます。

 

病院の処方薬の場合、12~15歳のお子さんには1回分に1/2錠が処方されます。ただし、市販薬の場合も同じように12~15歳だからと1/2錠にして服用させてはいけないそうです

 

アレグラには副作用もありますので、12歳~15歳のお子さんにアレグラを服用させる場合は、必ず病院を受診して医師に相談してくださいね。

 

 

市販薬は効かない?花粉症の改善効果について

私は毎年花粉症に悩まされているのですが、市販薬のアレグラを服用することで症状の緩和に効果があります。しかし、私の友人は、花粉症にまったく効かないと言います。

 

効果には個人差があるのでしょうか? 答えは、YES。アレグラの効果には個人差があるようです。これは、市販薬も処方薬も同じこと。アレグラを服用しても症状の緩和がみられない場合は、他の薬を探した方が良いかもしれません。

 

私は、体調にもよりますが、市販薬のアレグラで花粉症の緩和に充分効き目があります。自分にどの薬が合うが分からない人は、薬局の薬剤師さんや医師に相談してみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

処方箋と価格はどっちが安い?値段は比較すると?

市販薬と病院の処方薬では、どちらが安いのでしょう? 病院受診の場合は、通常1~3割負担が一般的でしょうから、薬だけで考えると処方箋の方が断然に安いかもしれません

 

しかし、処方を受けるには病院の通院費や診察費等が必要となります。初診で3割負担と考えた場合、診察から処方薬のアレグラを受け取るまでの費用が2,300円ぐらいでしょうか。病院での処方は、2週間分が一般的です。

 

私が服用するアレグラの市販薬は、2週間分で約2,000円です。となると・・市販薬が安い??

 

 

ここで一つポイント!花粉症はわりと長期で薬の服用が必要ということ。私も花粉の飛ぶ季節は2カ月以上、アレグラを服用します。市販薬を毎年5箱は買いますので、約1万円の支出です。

 

同じく、病院で処方を受ける場合は2回目以降の受診の場合は初診料がかかりませんので、2回目以降は1,800円程度の費用で済みます。私と同じ期間服用し続けると考えると、総費用が9,500円

 

花粉症でアレグラを服用する場合は、病院受診した方が安くつきそうです。今年は、病院でアレグラの処方を受けてみようかしら・・。

 

ちなみに、ジェネリック医薬品のアレグラ錠は、処方箋と市販薬に比べ格段に安いです。同じ期間服用して、総額5,000~7,500円程度で済むと思われます。

 

chilblains_005

 

おすすめのアレグラ市販薬。口コミで評判が良いのは?

とは言っても、やはり病院受診は面倒と思う人もいるのではないでしょうか?仕事の都合などで、思うように病院を受診できない人も多いはず。アレグラは、市販薬も種類がたくさんあります。私のおススメをご紹介します♪

 

私の花粉症対策の愛用薬はアレグラFX

 

1日2回の服用で、眠くなる副作用も低く、運転の機会が多い人におすすめの花粉症薬です。ハウスダスト等による鼻炎にも効果があります。効果に個人差はありますが、市販薬を購入する場合は私のおススメです。

 

【関連記事】
花粉症の薬。市販で効くのは?眠くならないおすすめ薬。子供用なら?

 

ジェネリックアレグラ錠も、価格が安く、副作用が低いという点で人気があります。口コミを見ても、眠気などの副作用に悩まされるなどの記載はあまりありません。

 

病院を受診される場合は、費用の面からみても、ジェネリックアレグラ錠で処方を受けるのも良いかもしれませんね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

蚊取り線香の効果とは?赤ちゃんや妊婦に害が心配。犬や猫には?

夏の風物詩といえば蚊取り線香ですね。窓を開けて寝るような季節になってきたら、蚊取り線香を使い出すご家

記事を読む

花粉症に効くヨーグルトの食べ方とは?効果はあるの?種類と量は?

花粉症ってどうやって対策すればいいんだろう、ってお悩みではないですか?目薬をさしても、お薬を飲んでも

記事を読む

今年のインフルエンザの特徴。2018年のa型やb型の傾向とは?

12月~3月ごろにかけて、流行するのがインフルエンザです。最近は、ニュースでもインフルエンザのことに

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

五月病とは?原因とチェック方法。症状の治し方。予防方法はある?

入社式や入学式、始業式が終わり、新しい環境での生活が始まった方もたくさんいらっしゃると思いますが、慣

記事を読む

さつまいもの栄養とカロリー。皮も食べるほうが良い?妊婦への効果

ホクホクあま~いさつまいも。美味しいですよね~。お料理にもお菓子にも、我が家では1年中大活躍のお芋で

記事を読む

赤ちゃんの暑さ対策。夏の夜を快適にするグッズ。ベビーカーの対処

近年は大人でも夏の間に熱中症で倒れてしまった方がニュースで報道されていたりしますが、大人よりももっと

記事を読む

干し柿の作り方。おいしい柔らかい甘柿を簡単に!室内のコツと時期

秋の果物といえば柿もその一つですが、家にある柿の木にたくさんなったり、食べきれないほどいただいた時、

記事を読む

銀杏の栄養と効能。食べ過ぎによる中毒症状とは?妊娠中はNG?

銀杏といえば、私には、茶碗蒸しに1粒入っているモノという認識です。 あとは、お酒のおつまみで串に刺し

記事を読む

夏バテの症状と原因。疲れ解消、対策と予防に効く食事や食材とは?

ポカポカとした陽気から、ギラギラとした痛い日差しへとかわりつつある今日この頃。去年ってこんなに暑くて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑