*

つわりはいつから?悪阻の症状のピークはいつまで?時期と原因

新しく家族が増えるという事は、家族のみんなにとってとてもうれしい事。中でもお母さんにとっては、大変感慨深いものだと思います。

 

そんな嬉しい事ですが、初めての事って、 分からない事もたくさんで、心配事が多いもの。つわりも、その中の一つなのではないでしょうか?

 

そこで今回は、その悪阻について、原因や症状、またいつからいつまで続いてピークはいつなのか?など、色々とお話して行きたいと思います。

 

●つわりの症状とは?
●悪阻の原因とは?
●ピークはいつからいつまで?
●理解し、そして協力する事

 

こんなテーマでお話ししていきますので、是非とも最後までお読みいただき、参考になさってみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

つわりの症状とは?

吐き気がするんだろう・・・というのは、妊娠経験者でなくても、なんとなく知っているつわりの代表的症状。でも、他にはどんな症状があるのか、皆さん、ご存知でしょうか?

 

実は吐き気以外にも、様々な症状があるのです。

 

つわりはいつからいつまで続くのか?悪阻について調べました。

 

嘔吐、吐き気

酷い人は嘔吐を繰り返し脱水症状飢餓状態になり、病院で点滴をする必要が出てくる事も。

 

morningsickness_010

 

においに敏感になる

食べ物、生活臭、たばこの臭いなどに嫌悪感を抱くようになる。湿気も苦手になり、キッチンやお風呂の湯気も苦手になったりも。

 

morningsickness_004

 

食べ物の嫌悪

食べ物を見ただけで嫌悪感が。酷い人はCMで食べ物が映るだけでも吐き気を催す事も。

 

 

嗜好の変化

好きだったものが苦手になったり、ある特定のものしか食べられなくなる事も。

 

 

心理的不安

今まで堪えられた、少しのストレスに対する耐久性がなくなってしまう。

 

morningsickness_005

 

眠気

普段よりいっそう眠くなってしまう。

 

morningsickness_006

SPONSORED LINK

 

胃もたれ、ムカつき

吐き気だけでなく、胃痛や胸焼けも。激しい胃痛に見舞われる人もいるようです。

 

 

頭痛

一日中、疲れた時、吐いた後などタイミングは様々ですが、頭痛は頻繁に起こるようです。薬を飲む事が出来無い為、解決しづらいという問題も。

 

 

便秘や下痢

人により便秘になる人、下痢になる人がいるようですが、ホルモンのバランスが崩れて、そういう症状が顕著に。

 

morningsickness_013

 

唾液過多症

ひどい人は多すぎて飲み込めない事もあるようです。また自分の唾液を不快に感じて飲み込めなくなる人も。

 

 

喉の不快感

喉がむくんだ感じ、ぶよぶよした感じになり、飲み込む時に違和感を感じる場合も。

 

 

体調の変調

疲れやすくなる、首肩が凝るなど、様々な変調が。

 

morningsickness_009

 

以上のような症状がみられるのですが、こうして書き出してみると、本当に多いですね。実際に悪阻に悩まされている方は、本当に大変だと思います。

 

<【動画HowTo】つわりの時の過ごし方>

 

悪阻の原因とは?

様々な症状で大変な悪阻。では、そのつわりの原因とはなんなのでしょうか?

 

原因その1

まだ胎盤が未成熟で、妊婦の体が赤ちゃんを異物だと認識してしまい、アレルギー反応がでる為

 

原因その2

急激な身体の変化に自律神経のバランスが混乱して、それが副交感神経緊張状態をまねき、一種の自律神経失調症となってしまう為

 

原因その3

母体があまり動かない様にして、流産を防ぐ為

 

原因その4

毒素となる食べ物を排除する目的

 

 

以上のような事が原因と考えられています。

 

つまりはっきりと「これが原因です」という理由は、今のところ分かっていないようです。

 

morningsickness_011

 

ピークはいつからいつまで?

妊婦さんの50~90%の人が経験するつわり。妊娠中ずっと寝込んでしまう程重い人もいれば、いつもより少しイライラする程度で済んでしまう人もいると、症状も人それぞれ。

 

では、その期間は、一体いつからいつまで続くのでしょうか?

 

 

一般的に妊娠4週目から6週目に始まり、12週目から16週目くらいには落ち着いている人が多いようです。

 

中でもピークだといわれている時期が、妊娠7週目から9週目のようです。

 

morningsickness_012

 

これも症状の出方に個人差があるように、早くつわりを感じなくなる妊婦さんもいれば、ずっと続いてしまう人もいるようです。

 

こんな大変な悪阻や、陣痛の苦しみを乗り越えるからこそ、赤ちゃんをその腕に抱いた時の感動は大きい物なのでしょうね。

 

 

理解し、そして協力する事

つわりと一言で言っても様々な症状があります。細かく見てみると、日常生活を送るのにも、本当に大変な症状ばかりですよね?

 

そんなつらい時期を支えてくれるのが家族だと思います。

 

旦那さんを始めとしたご家族が、悪阻の症状などを詳しくしる事で、理解し、そして協力する事が出来ると思います。

 

negi4

【関連記事】

つわり対策。軽減する食べ物、飲み物ほかレシピ。吐き気に効くつぼ

 

辛いつわりの解決策が気になる方は、上記の関連記事を参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

目の下のたるみの原因は?マッサージやエクササイズでたるみ取り

若く美しくありたいというのは、女性の願望ですよね。でも、年とともに気になってくるのが目の下のたるみ。

記事を読む

目の下のクマの原因。消す対策と解消法。簡単マッサージで改善する

仕事や勉強で遅くまで起きていて睡眠不足が溜まっていたり、疲労が溜まってきたりすると、いつの間にか目の

記事を読む

鼻づまりの解消と原因。ツボとペットボトルで鼻の通りを良くする方法

鼻がつまっていると酸素が足りなくてイライラするし、頭の働きも鈍くなり、仕事にも勉強にも身が入らない…

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

昼寝をすると頭痛になる原因は?吐き気やだるい症状の解消法

こんにちは!マリーです。この時期になると、ポカポカとした陽気が気持ちよくて、ついウトウトとしてしまう

記事を読む

風邪に効く食べ物。いい果物や食材は?コンビニで買えるおすすめ品

寒い冬だけでなく、忙しくて疲れている時など、ちょっとした体の弱り時などにひいてしまう風邪…。「風邪を

記事を読む

梨の栄養と効能とは?妊婦は食べてはいけない?皮ごと食べる効果

皮むきが面倒だと感じてしまう私にとって、りんごなどはあまり食べる機会がないのですが、皮をむいてでも食

記事を読む

赤ちゃんの熱が出た時の対処法。お風呂は入る?病院に行く目安

お母さんからもらう免疫が切れてくる生後6ヶ月頃から、赤ちゃんは突然の高熱を出すようになったりします。

記事を読む

玉ねぎの栄養価。加熱と生で違いは?食べ過ぎの害と効果的な食べ方

普段一番よく使う野菜ってなにかなぁ、と考えたら、私はやっぱり玉ねぎです。台所の片隅に麻袋を吊っていて

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑