*

つわり対策。軽減する食べ物、飲み物レシピ。吐き気に効くつぼは?

新しい家族を迎えられる妊娠は、とても嬉しい事。そんな嬉しい事でも、妊娠にともなってやってくるつわりって、とても辛いものですよね?

 

そこで今日は、今まさにつわりで辛いという方や、これからつわりが来るだろう・・・という方、また、ご家族がつわりで苦しんでいるという方々のお役に立てるように、つわりを軽減する対策をご紹介していきたいと思います。

 

●つわりを軽減する食べ物・飲み物とは?
●妊娠初期、妊婦のつわり対策レシピ
●悪阻を軽減するつぼとは?
●よりハッピーなマタニティーライフを

 

こんな内容でまとめておりますので、つわりでお困りの皆さまは、是非参考になさってくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

つわりを軽減する食べ物・飲み物とは?

つわりが酷いと、あまり食べ物を食べたくなくなってしまったりしますよね?でも、空腹になると、ムカムカしたり吐き気がしたりするものですので、少しずつでも食べられるようにしたいものです。

 

そこで、妊娠中に食べたい食材を、つわりを軽減する方法で食べる工夫など、ご紹介したいと思います。

 

野菜、くだもの

トマトや枝豆、ブロッコリーなどに含まれる葉酸。これは赤ちゃんの発育に欠かせない栄養素です。生野菜にすっぱいレモンを掛けて食べると、食べやすいですよ!

 

morningsickness_015

 

納豆

良質なタンパク質を補給出来、血栓が出来るのを防いでくれます。臭いが特に気になる食べ物ですので、梅干しや大根おろしを加える事で、食べやすくなります。

 

morningsickness_016

 

乾物

ひじきや切り干し大根は、カルシウムや不足しがちな鉄分の供給源になります。酢の物にして食べると美味しく食べられます。

 

morningsickness_017

 

飲み物

発泡水に、はちみつとレモン汁を加えたものがカラダにもおすすめ。ビタミンの補給にもなり、カロリーも安心。はちみつは腸内の善玉菌を増やしてくれるので便秘の改善にも。

 

グレープフルーツジュースやスムージーなど、果物ジュースも飲みやすいです。

 

morningsickness_018

 

つわりで辛いから食べられないのに、赤ちゃんの分も…とあまり無理をすると逆効果になりますので、少量でも食べる回数を増やして行くなどして、負担やストレスにならないようにしてください。

 

<つわりの原因と軽減方法とは?松山オステオパシー整体>

 

妊娠初期、妊婦のつわり対策レシピ

続いては、つわり対策レシピのご紹介です。今回は、梅大根です。つわりで辛い妊婦さんはもちろん、お酒のおつまみにもどうぞ!

 

●梅大根


 
morningsickness_014
 
材料:

・大根:5~6cm
・梅干し:中2個
・砂糖:適量
・塩:適量

作り方:
1.大根を太めの千切りにする
2.梅干しの種を取り除きみじん切りに
3.上の二つを混ぜて、塩と砂糖でお好みの味に仕上げる

 

作り方は以上です。

 

すぐに食べると、サラダのようなしゃきしゃき感を楽しめますし、半日置いたら浅漬のようになって美味しいですよ。

 

SPONSORED LINK

 

悪阻を軽減するつぼとは?

続いては食べ物以外の対策として、悪阻を軽減してくれるツボをご紹介したいと思います。自分で押してみるのもよし、ご家族の方に押して貰うのもいいですよね!

 

内関(ないかん)

内関

 

つわり対策には有名なツボで、吐き気を抑えてくれる為、車酔いなど吐き気をもよおした時にはオススメのツボ。場所は手首の付け根の所に、横向きに反対の手の指を2本当てた中央部分です。

 

 

裏内庭(うらないてい)

裏内庭

 

胃のムカつきや吐き気などの消化器系に効くツボで、吐き気が改善されて食事を摂りやすくなります。ここにお灸をすえるのもいいそうです。

 

場所は足の人差し指を曲げてみて、指の先端が付く部分です。お腹が大きくなると自分では押しづらい場所ですので、ご主人やご家族に協力してもらうといいですね。

 

 

足の三里(あしのさんり)

足三里

 

胃のもたれやムカつきを和らげてくれるツボなので、匂いに敏感になっていて、吐き気のせいで食欲が落ちているときなどに、刺激すると効果があります。

 

場所は、立った状態で膝を持ちあげて出来る、膝の下にあるくぼみです。

 

 

よりハッピーなマタニティーライフを

つわり対策、色々なものがありましたね。

 

いくつかご紹介させて頂きましたので、ご自身に一番合う方法で、少しでもつわりが軽減されて、よりハッピーなマタニティーライフを送って頂けたらと思います。

 

morningsickness_019

 

レシピもとても簡単なものをご紹介しましたし、ツボも一人では押しづらいものもありました。

 

【関連記事】

つわりはいつから?悪阻の症状のピークはいつまで?時期と原因

 

旦那さんを始めとしたご家族の方に協力して貰って、家族みんなでハッピーなマタニティーライフを作っていってください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

鼻づまりの解消と原因。ツボとペットボトルで鼻の通りを良くする方法

鼻がつまっていると酸素が足りなくてイライラするし、頭の働きも鈍くなり、仕事にも勉強にも身が入らない…

記事を読む

低温やけどのかゆみや水ぶくれ治療法。カイロや湯たんぽ対処法

寒くなってくると、お布団の中に湯たんぽを入れる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?私が子供を産ん

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

とびひで有効な薬。市販薬は?症状と感染原因。大人にもうつるか?

とびひとは、細菌による感染症です。 あせもや湿疹、傷などをかきむしって身体中に広がったことはありま

記事を読む

納豆の栄養と効果的な食べ方。毎日1パックで食べ過ぎの害はある?

納豆嫌いの人もいますが、私は納豆が好きです。何もしなくてもそのまま食べて美味しいところが特に好きです

記事を読む

寒暖差アレルギーの対策方法。頭痛や症状を抑える薬はあるの?

熱もないし、花粉症や鼻炎でもないのに、何故か咳やくしゃみ、鼻水などの症状が治まらない…。そんな原因不

記事を読む

赤ちゃんの熱が出た時の対処法。お風呂は入る?病院に行く目安

お母さんからもらう免疫が切れてくる生後6ヶ月頃から、赤ちゃんは突然の高熱を出すようになったりします。

記事を読む

今年のインフルエンザの特徴。2018年のa型やb型の傾向とは?

12月~3月ごろにかけて、流行するのがインフルエンザです。最近は、ニュースでもインフルエンザのことに

記事を読む

とうもろこしの栄養と効能。夜食べると太るの?効果と体にいいのか?

黄色くてぷっくりツヤツヤの粒が揃ったとうもろこし。ぷちぷちとした食感と甘~い味で、大好きという人が多

記事を読む

バナナの栄養と効果的な食べ方とは?加熱すると栄養素はどうなる?

バナナを一房買ってくると、子どもたちが争うようにすぐに食べてしまいます。甘くて食べやすいバナナは、我

記事を読む

Comment

  1. つわり対策。軽減する食べ物、飲み物ほかレシピ。吐き気に効くつぼ » 美容ドリンクでダイエット! より:

    […] しんでいるという方々のお役に立てるように、 つわりを軽減する対策をご紹介して行きたいと思います。 つわりを軽減する食べ物・飲み物とは? つわりが酷いと、 あ…[続きを読む] […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑