*

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

花粉症で長年お悩みの方は、何かいいものはないか?常に色々な対策情報にアンテナを張っているかと思います。そんな中、幻の果物といわれる「じゃばら」が花粉症に効果がある!…というお話をご存知でしょうか?

 

耳慣れないこの「じゃばら」という果物ですが、一体どんなもので、花粉症にどう効果があるのか?など、じゃばらについて色々と調べてみましたので、ご紹介します。

 

●花粉症に効く?和歌山のじゃばらとは?
●じゃばらによる花粉症の効果は?
●解消に有効なじゃばらの飲み方とは?

こんな内容でお届けします。

 

SPONSORED LINK

 

花粉症に効く?和歌山のじゃばらとは?

和歌山県の北山村周辺にしか自生していなかったことから、幻の果実と呼ばれていた柑橘類で、ゆずやかぼすの仲間、「じゃばら」。見た目もゆずに似ている果物です。

 

邪気を払うという意味から、じゃばらと名付けられたといわれ、古くから縁起物とされていました。

 

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

 

そのじゃばらには、抗アレルギー作用が期待されるフラボノイド成分(ナリルチン)が、他の柑橘類に比べ非常に多く含有されてるそうです。

 

ここで注目して頂きたいのが、抗アレルギー作用。つまり、花粉症に効きそうな成分が、他の柑橘類に比べて非常に多く含まれている果物という事ですね。

 

北山村で村をあげて生産したものの、あまり広まらなかったじゃばら。ところが最近「花粉症に効果がある」という事で、再び注目が集まってきているようです。

 

 

じゃばらによる花粉症の効果は?

ビタミンやミネラル、そして、抗アレルギー作用が期待されているフラボノイド成分「ナリルチン」を含むじゃばら。

 

jabara_002

 

ナリルチンは、IgE抗体の産生を抑えたり、マスト細胞からヒスタミンの放出を抑え、I型アレルギーである花粉症やアトピー性皮膚炎等に対する抑制効果が期待できるとされているのです。

 

花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎にも効果が期待出るとの事で、色々な方に嬉しいニュースですよね。

 

SPONSORED LINK

 

また、ナリルチンについては、現在研究中であったり、学会未発表のものが多く、これから詳細が明らかになる分野だといわれています。

 

ですが、岐阜大学の大学院でナリルチンを使った臨床結果を行った結果、花粉症の症状が改善されたという試験結果を公表していたり、和歌山医大や和歌山高専などで、ナリルチンのエビデンスを取得中という事です。

 

こういったことから、花粉症で注目の成分がナリルチンで、それを多く含む果物がじゃばらという事がいえますね。更に研究が進み、色々な効果が実証されたら、益々注目されるのではないでしょうか。

 

jabara_005

 

解消に有効なじゃばらの飲み方

じゃばらがテレビなどでも取り上げられている事から、じゃばら飴じゃばらパンじゃばらポン酢じゃばらジュースなど、色々な商品が出ているようです。

 

そこで、花粉症の解消に有効な果汁100%のじゃばらジュースの飲み方をご紹介したいと思います!

 

果汁100%のじゃばらジュースの飲み方


 
jabara_004
 
・一日に必要な量:5mlを朝晩2回(合計:10ml)
・飲む期間:20日程度

 

たったこれだけで花粉症への効果が期待出来ますどうですか?簡単ですよね?

 

飲み方は、そのままストレートで飲んでも構いませんが、かなり酸味の強いジュースという事で、水で薄めて飲むと飲みやすいようです。薄め具合は味を見つつ、お好みに調節してください。

 

また、はちみつなどを入れる事で、更に美味しく飲めるのではないでしょうか?

 

jabara_007

 

じゃばらとはちみつを水で割り、お手製スタミナドリンクとして、飲んで頂くと美味しく摂取出来そうですよね。「じゃばらソーダ」なんてものもあるようですから、本当にジュース感覚で飲めそうな気がしますね。

 

jabara_003

 

また、柑橘系という事で、酎ハイ焼き魚にかけるなど、色々なアレンジも楽しめそうです。

 

 

じゃばらが気になっているという方に、少しはじゃばらについて伝わったでしょうか?これを機に興味を持って頂いて、花粉症の症状を和らげてもらえると嬉しいです。

 

自分も花粉症に悩んでいる身ですので、じゃばら100%のジュースを早速取り寄せて、はちみつと割って美味しく飲んでみたいと思います。

 

既に色々なタイプの商品が出ていますし、今後の注目度も上がる果物だと思いますので、益々摂りやすくなる!と期待しています。

 

【関連記事】

花粉症対策に効く食べ物とは?食事で改善する方法。悪い食べ物とは?

 

沢山の人が手軽にじゃばらを摂取出来て、みなさんの花粉症の悩みが軽減されますことを期待しています!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

年男年女とは?年齢と意味。厄年が重なる場合は?節分の豆まきの由来

新年を迎えたということで、今回は年男・年女についてよく耳にするので、こちらについて調べてみました。

記事を読む

結婚式お車代の相場とマナー。友人、親族や上司へ渡すタイミングは

先日、親戚の結婚式に出席してきました。   友人の結婚式もひと段落していたので、ひさし

記事を読む

文化の日とは?11月3日の由来と意味を子どもに説明するなら?

11月3日は「文化の日」です。ここで1つの疑問が浮かびます。「文化の日」とは、一体何をする日なのでし

記事を読む

アパートとマンションの違い。ハイツやコーポで防音性が高い構造は?

年度末から年度始まりは引っ越しが多い時期ですね。そこで今回は、マンションとアパートはどこが違うのかを

記事を読む

就職保証人は親でいいの?いない場合はどうする?頼まれたら?

就職の内定が決まった皆さんおめでとうございます。   これから社会人として働く中、分か

記事を読む

破魔矢の飾り方と2019年の方角。はまやの置き場所はどこ?

破魔矢とは正月の縁起物として神社や寺院で授与される矢の事で、「魔除け」や「一年の好機を射止める」など

記事を読む

七五三で親の服装。父親は?スーツとネクタイの色。礼服で良い?

七五三では普段は着られない着物や洋服を着られるので、お子さんも楽しみにしているのではないでしょうか。

記事を読む

ゴーヤの栄養と効能。妊婦は食べない方がいい?健康にいい効果とは?

毎年、夏のグリーンカーテンのために、5月頃からせっせとプランターに苗を植えます。夏になると、立派なグ

記事を読む

干し芋の作り方。簡単に室内で!レシピと保存方法。美味しい食べ方

冬のおやつにぴったりな、甘くてねっとりとした自然素材の干し芋。子供にも安心して食べさせられる優しいお

記事を読む

妊婦が手足口病に感染した影響は?妊娠初期、中期、臨月の治療

夏風邪が流行る季節になりました。特に今年は「手足口病」が流行しているようです。 5歳以下の子どもが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑