*

熱中症の症状とは?頭痛や下痢。赤ちゃんや子供の症状と応急処置

春が来て、夏が来ると、外で遊ぶ機会も増えてきます。部活や遊びに熱中してしまうと、つい水分補給や休憩を忘れてしまいがちですが、そこで気をつけたいのが熱中症です。

 

つい油断してしまいがちですが、熱中症は命にも関わる危険な状態です。そんな危険な熱中症に、もし大切なお子さまが・・・または、大切な人がなってしまったら・・・!?

 

熱中症の症状や、もし熱中症になってしまった場合の応急処置の方法を知っておきたいところですよね!

 

そこで今回は、

●熱中症の原因。症状とセルフチェック法
●赤ちゃんや子供の初期症状とは?
●熱中症になったら? 応急処置の仕方

 

といった内容で、熱中症の症状や応急処置法について詳しく紹介していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

熱中症の原因。症状とセルフチェック法

熱中症は、気温が高い場所に長時間いるなどして、発汗状態が続くことで体の水分や塩分が失われて起こったり、湿度が高い場所では汗が蒸発しないため熱を放散出来ず、体の中に熱が溜まってしまって起こります

 

熱中症の症状には、軽症から重症まで三段階あります。

 

heatstroke_016

 

現場で応急処置を行うことが出来るのは軽症までで、熱失神や熱痙攣、めまい、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗などの症状が現れます。

 

中等症以上になると、病院に行って手当を受ける必要があります。中等症での症状は、嘔吐や吐き気、倦怠感や虚脱感、不快感、頭痛といった症状が主なものです。

 

 

また、重症になると入院して集中治療を受ける必要があります。この時の症状は、意識障害や痙攣、異常な高体温、手足の運動障害といったものが現れます。

 

下記にあげるような症状が出ていたら、熱中症にかかっている可能性があります。いざという時のために、長時間外にいるイベントなどの前には頭に入れておきましょう。

 

heatstroke_015

 

めまいや顔がほてるなどの症状がある

一時的ではありますが、意識が遠のくこともあります。また腹痛が出ることもあります。

 

 

こむら返りや筋肉痛がある

手足の筋肉がつって、痙攣したり硬くなるという症状が現れます。

 

 

吐き気や体のだるさを感じる

体に力が入らない、嘔吐や吐き気、頭痛といった症状が現れます。

 

 

異常に汗が出る、または汗が全くでない

汗のかき方がいつもと違う場合は、熱中症になっている可能性があります。

 

 

真っ直ぐに歩けなくなる

真っ直ぐ歩けなかったり、体にひきつけがある時は重度の熱中症の可能性があります。また、呼びかけに応えないなどの異常が出ることもあります。この場合はすぐに病院に行きましょう。

 

 

自分で水分補給が出来ない

自分で水を飲むことが出来ない状態も、重度の熱中症にかかっている可能性が非常に高いです。この場合は、無理に水を飲ませようとせず、すぐに病院に行きましょう。

 

heatstroke_014

 

赤ちゃんや子供の初期症状とは?

子供の熱中症で気をつけたいのは、熱中症のサインを見逃さないことです。

 

子供に下記のような症状が出ていたら、熱中症を予防するために、涼しいところで安静にしたり、スポーツドリンクなどで水分補給をするようにしてください。

 

 口、鼻の中が乾燥している。

 舌が白っぽく見える。

 目が落ちこんで、くぼんでいる。

 皮膚から弾力性が失われ、乾燥してカサカサになっている。

 

SPONSORED LINK

 

また、大量に汗をかいていたり、手足の温度が熱くなっている場合も熱中症の可能性があります。

 

気温や湿度の高い日には、20分おきくらいに水分を補給するなどして、子供の様子には気をつけてあげて下さいね。

 

heatstroke_002

 

熱中症になったら? 応急処置の仕方

熱中症になった場合の応急処置法についてご紹介していきます。ただし、症状が酷い場合にはすぐに病院に連れて行くようにしてください。

 

急に暑い場所などに出た時に、めまいや失神などを起こした場合

足を高くして涼しい場所に寝かせてください水分補給を行うべきですが、吐き気があるなどして水分を取れない場合には、病院に行きましょう。

 

heatstroke_011

 

大量に汗をかく運動をした後などに、筋肉が痙攣を起こした場合

生理食塩水などで塩分を補給します。

 

heatstroke_012

 

大量に汗をかき、めまいや頭痛、吐き気、倦怠感がある場合

涼しい場所で安静にし、水分や塩分の補給を行いましょう。症状が進むと、汗をかかなくなり、皮膚が熱っぽくなります。

 

また、意識障害や錯乱、昏睡、全身痙攣などの症状も現れます。このような状態になると、体温調節が正常に行われておらず、生命の危険性もありますから早急に病院へいくようにしてください。

 

heatstroke_013

 

<熱中症救急対策マニュアル>

 

いかがでしたでしょうか。熱中症は生命の危険性もあります。

 

外で遊ぶ時だけではなく、炎天下の中で車に長時間いるなどした時も熱中症になる危険性がありますので、決して油断せず、適切な対応が取れるようにしておきましょう。

 

【関連記事】

熱中症の対策と予防法。食べ物や牛乳。飲料で子供や赤ちゃんを守る

 

熱中症を起こさないための対策や、予防する方法については、上記の記事を読んで下さい。こちらも要チェックですよ!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

部屋の湿気対策。押入れやタンス、クローゼット。床下の湿気取り

雨が降らないと困ってしまうのですが、雨ばかり続くとなんとなく気分が沈んでしまいますよね? &nbs

記事を読む

赤ちゃんが便秘の時は?離乳食のレシピ。綿棒やマッサージで解消

赤ちゃんのちょっとした変化で右往左往してしまうことは良くあることですが、その中でも最も起こりやすく心

記事を読む

豆腐の賞味期限切れは何日まで食べられる?未開封はいつまで大丈夫か?

パックのお豆腐はついつい買い置きしてしまいます。なるべく使おうと思いながらも、気づいたら賞味期限が過

記事を読む

日射病と熱中症と熱射病の症状の違いとは?応急処置と治療対策

夏が来ると気分も弾んでくるものですが、気を付けたいのが日射病や熱中症などの症状ですが、皆さまは日射病

記事を読む

ピーナッツの栄養と効能。食べ過ぎの影響は?一日の適量は何粒?

ピーナッツチョコレートやピーナッツバターなど、ピーナッツ関連のものは好きな私ですが、ピーナッツ自体っ

記事を読む

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

花粉症で長年お悩みの方は、何かいいものはないか?常に色々な対策情報にアンテナを張っているかと思います

記事を読む

ヘルパンギーナの症状。大人は感染する?治療と食事。登園の目安

夏風邪ってなぜひくのでしょう?私は、梅雨時に風邪をひいてしまいました。 38度以上の熱が出て、いつ

記事を読む

とうもろこしの栄養と効能。夜食べると太るの?効果と体にいいのか?

黄色くてぷっくりツヤツヤの粒が揃ったとうもろこし。ぷちぷちとした食感と甘~い味で、大好きという人が多

記事を読む

ほうれい線の原因。骨格や筋肉で肌への影響。片側だけの原因は?

女性の肌の悩みはつきないもの。年を重ねれば重ねる程、悩みは増えて来てしまいますよね?特に加齢で一番目

記事を読む

子どもが自閉症かも?特徴や症状とは?幼稚園のわが子が診断された体験談

発達障害について、最近はメディアで取り上げられることが増え、世間一般にも知られるところとなっています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑