*

マイコプラズマ肺炎の症状。大人も感染、うつるの?治療期間と薬

ちょっと風邪を引いたかなと思っていても、なかなか仕事や家事を休むわけにもいかず、無理をすることありますよね。

 

ただの風邪なのに咳がずっと治まらないという症状があれば、ただの風邪じゃないかもしれません。何週間も咳が続くという場合は、もしかするとマイコプラズマ肺炎かもしれません。

 

名前は聞いたことあるけれど、ハッキリとは知らないなという方の為に、今回はマイコプラズマ肺炎についてお話したいと思います。

 

●マイコプラズマ肺炎の原因と症状。子供と大人では?
●感染力はいつまで?期間やうつる可能性は?
●治療方法と期間、薬について。食事療法はある?
●妊婦のマイコプラズマ肺炎。胎児への影響は?

 

姪っ子がマイコプラズマ肺炎にかかった時は本当に大変でした。秋から冬にかけて流行することが多いので、気をつけたいですね。今回はこのテーマでお届けします。

 

SPONSORED LINK

 

マイコプラズマ肺炎の原因と症状。子供と大人では?

マイコプラズマ肺炎は、患者数の約8割が14歳以下と言われています。特に5歳から14歳までの子供が発症しやすいそうです。私の姪っ子も5歳の時にかかりました。

 

マイコプラズマ肺炎にかかる原因は「肺炎マイコプラズマ」という微生物の一種で、この微生物の影響で起こる呼吸器感染症なんです。

 

マイコプラズマ肺炎の症状について。大人も感染するのか?調べました。

 

感染経路はインフルエンザ同様、飛沫感染接触感染です。比較的、感染力は低いですが、教室などの閉鎖的な空間では感染しやすくなります。

 

症状は風邪と同じような発熱や頭痛、倦怠感などですが、最も特徴的なものが長引く咳です。乾いた咳が出始め、どんどん悪化していき、3~4週間も咳が続くそうです。

 

有効な抗生物質を飲むことで治療しますが、中には抗生物質が効かないケースもあり、その為に最近は患者数が増えているようです。

 

 

大人の方が重症化しやすく、肺炎になることもあります。自分で風邪だと思って風邪薬を飲んでいたりして、治療が遅れてしまうことも原因のひとつです。

 

マイコプラズマ肺炎には一部の抗生物質しか効き目がないので、いつもの風邪と違い乾いた咳が続く場合は早めに病院へ行った方が良さそうですね。

 

mycoplasma_pneumonia_005

 

感染力はいつまで?期間やうつる可能性は?

マイコプラズマ肺炎は潜伏期間が長いことも特徴のひとつで、感染してから発症するまでに、約2~3週間もあります。

 

この潜伏期間中は、症状は出ていませんが他の人に感染する可能性があります。さらに症状が出てから治まるまで1週間~2週間かかります。そして症状が出ている間も、もちろん他の人に感染する可能性があります。

 

この期間を足すと約3週間から1ヶ月ほどにもなります。

かなり長い期間、感染力を保つことになりますね。

 

SPONSORED LINK

 

しかし、感染力は比較的低いので、マスクの着用や手洗いうがい等に気をつけていれば、防ぐこともできるでしょう。

 

ただ、お子さんが通う幼稚園や学校で感染されている場合は、家族にも感染する可能性が高いので症状が出ていなくても、日頃から手洗いうがいを徹底しておくことが大切ですね。

 

mycoplasma_pneumonia_003

 

治療方法と期間、薬について。食事療法はある?

マイコプラズマ肺炎と診断されると、この病気に効く抗生物質を処方されます。適切な時期に薬を飲めば、2,3日で熱は下がってくるでしょう。

 

ただ、必ずしも薬が必要なわけではなく、安静にしていれば一週間ほどで自然に治ります。病院によっては肺炎や気管支炎の所見がある場合のみ治療をすると決めているそうです。

 

mycoplasma_pneumonia_002

 

自然治癒する病気ですので、肺炎や気管支炎になりそうでなければ安静にしているのが1番の治療と言えそうです。

 

食欲があまり無いかもしれませんが、薬を飲んでいると思ってできるだけ栄養のあるものを食べましょう。

 

 

特に咳が続いて苦しい時はレンコンを食べると良いですね。レンコンには呼吸を楽にしてくれる作用があります。

 

食事によって体力をつけることが大切なので、高タンパク食にして抵抗力を高めていきましょう。高タンパク食とは白身魚ささみうどんなどです。

 

揚げ物などは却って胃腸に負担がかかることがあるので、避けた方が良さそうです。咳がひどい時はレンコンのしぼり汁が良いそうですよ。

 

 

妊婦のマイコプラズマ肺炎。胎児への影響は?

妊婦さんが感染したら、胎児への影響などが気になりますよね。

 

でも、マイコプラズマ肺炎に感染したとしても、胎児への影響はありません

とはいえ、薬が胎児に影響するのかが心配になりますよね。

 

症状にもよりますが、自然治癒する病気なので薬を飲まずに自然治癒を目指した方が良さそうです。

 

 

ただ、胎児に影響の少ない薬もあるようなので、症状が重い場合は医師に相談しましょう。

 

ただでさえ、マイコプラズマ肺炎は治るまでに時間がかかってしまいます。自己判断はせずに、必ず医師と良く相談しましょう。

まずは感染しないように、手洗いうがいを徹底して下さい

 

mycoplasma_pneumonia_004

 

マイコプラズマ肺炎について、お届けしましたがいかがでしたか。

 

インフルエンザほど感染力は強くないですが、潜伏期間が長いので、感染した人が知らず知らずのうちに他の人へ感染させてしまうこともあります。日頃から、感染しないように手洗いやうがいをしっかり行いましょう。

 

【関連記事】

溶連菌感染症で大人の症状。感染原因と治療法。仕事を休む期間

 

溶連菌感染症」をご存知でしょうか。

上記記事では溶連菌感染症についてまとめていますので、気になる方は是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

赤ちゃんの水分補給。母乳以外はいつから?飲まない場合や量は?

赤ちゃんが成長するに伴って、赤ちゃんへの水分は母乳やミルクだけで良いの、と不安に思われているお母さん

記事を読む

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

花粉症で長年お悩みの方は、何かいいものはないか?常に色々な対策情報にアンテナを張っているかと思います

記事を読む

東京電力の引越し手続きは?電話番号と料金と精算方法

引越しが決まったら、様々な手続きが必要になってきますよね。特に、水道・ガス・電気といったライフライン

記事を読む

寒中見舞いを出す時期はいつまでがマナー?過ぎたらどうする?

寒中見舞いは、年賀状を松の内に出しそびれてしまった場合や、喪中で年始のお祝い状をお届けできない場合に

記事を読む

汗かきの原因は?顔や頭、子供の汗っかき。病気で多汗症の疑い?

だんだんと、暑くなってきましたね。まだまだ、肌寒いと思って上着を着て外出したら、意外にも暑くて汗だく

記事を読む

納豆の栄養と効果的な食べ方。毎日1パックで食べ過ぎの害はある?

納豆嫌いの人もいますが、私は納豆が好きです。何もしなくてもそのまま食べて美味しいところが特に好きです

記事を読む

入学祝いのお礼状の例文。本人から親戚への書き方なら?

新入学の季節です。   ご入学にあたり、お祝いを頂戴することも多く、また出会うかたがた

記事を読む

喪中はがきの文例。夫や義父の場合は?夫婦連名で出す続柄の書き方

木々の葉が色づき始め、朝晩冷え込むようになってまいりました。今年親しいご家族を亡くされた方の中には、

記事を読む

結婚式ご祝儀の相場。親族、いとこや兄弟。友人や上司、部下は?

結婚式のご祝儀額の相場って実際のところどうなの?という話はよく出てきますよね。私も働いていた時、同僚

記事を読む

田浦梅の里の開花状況。2019年の見頃はいつ?アクセスと駐車場

まだまだ寒さの厳しい2月上旬。日本各地では春の訪れを告げる梅の花が咲き始めます。花見としては桜より少

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑