*

出産手当金の申請。退職後にもらうには?扶養に入った場合と計算方法

出産手当金とは、出産で休業する場合の無給期間を支えるための制度で、加入している健康保険組合から支給されるものです。

 

パートやアルバイトなど、正社員ではなくても、健康保険に加入していて産休中でも健康保険料を払っていれば、受け取ることが出来る手当金です。

 

今回は、

 

●出産手当金を申請する方法は?
●退職してしまっても出産手当金を受け取ることは出来る?
●退職後に扶養に入ったら受給できないの?
●出産手当金の計算方法は?

 

これらのことについてご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

出産手当金の申請方法は?

産休に入る前に、まず勤務先の担当窓口か社会保険事務所で、「健康保険出産手当金支給申請書」を受け取りましょう。

 

共済組合の場合は、「出産手当金請求書」と名前が異なりますから、注意してください。

 

出産のために入院する時には、病院に上記の申請書を持参しましょう。出産後、病院で必要事項を記入して貰えます。

 

 

退院後でも記入してもらう事は出来ますが、入院中に済ませておくと後の手続きをスムーズに進めることが出来ますので、出産時の入院道具バッグに忘れずに入れておきましょう。

 

産後56日が経ち、法律上就業出来るようになったら、会社に申請書を提出して、残りの記載欄を埋めてもらいましょう。

 

必要事項が全て記載されている事を確認したら、会社の担当窓口か社会保険事務所に申請書を提出します。

 

出産手当金の申請方法は難しくありません。

 

申請後1〜2ヶ月後には指定の口座に出産手当金が振り込まれます。

 

出産時に申請を忘れてしまっても、産休開始の翌日から2年以内の間であれば全額請求出来ますので、もし申請を忘れてしまっていても慌てずに申請を行うようにしてください。

 

<5-3-3 出産手当金 | 山川社労士予備校>

 

手当金を退職後にもらうには?

2007年4月までは、退職してから6ヶ月以内の出産や、健康保険を任意継続している場合には、出産手当金を受け取ることが出来ていました。

 

ですが、2007年4月から制度が変更になり、退職後には出産手当金を受け取ることは出来なくなっていますので、妊娠で退職を検討している方は覚えておくようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

ただ、出産育児一時金は、退職後6ヶ月以内または任意継続している場合には、退職前に加入していた健康保険から支給されることになります。

 

また、退職日の前日まで被保険者期間が1年以上継続されていて、退職日の前日にすでに出産手当金の支給を受けている、または、受けられる状態(出産日以前42日目が加入期間であり、且つ、退職日は出勤していない)であれば、資格喪失後も決められた期間内で引き続き支給を受けることが出来ます。

 

 

気になる方は、一度会社の担当窓口などに相談をしてみるようにしてくださいね。

 

benefit_for_delivery_001

 

退職後に扶養に入ったら受給できない?

出産手当金は、勤務先で健康保険に加入し、産休中も保険料の支払いを継続している場合に支給されます。

 

ですので、退職後であっても夫の保険に扶養で入っている方には支給はありません。

 

 

専業主婦や自営業などで国民健康保険に加入している場合や、たとえ会社勤めしていても国民健康保険に加入している場合には、支給はありませんので注意するようにしてください。

 

benefit_for_delivery_002

 

出産手当金の計算。算出方法は?

出産手当金の金額は、日給の2/3×産休日数です。また、対象となる期間は、出産予定日の6週間前(多胎妊娠の場合は14週)から出産後8週までの14週間です。

 

ですから、例えば月給が25万円の方の場合の計算方法は以下のようになります。

 

 

1)まず日給を求めます。

日給 = 25万円(月給) ÷ 30(日) = 約 8,333円

 

2)次に求めた日給から出産手当金を求めます。

出産手当金 = 8,333円 × 2/3 × 98日(産休日数) = 544,390円

 

 

産休中でも給料が出ている場合は、その分が引かれた差額分が支給されます。また、給料が出産手当金を上回っている場合は出産手当金の支給はありません。

 

出産予定日から遅れてしまった場合や、出産予定日よりも早く産まれた場合は、それに合わせて出産手当金の支給期間も変わることになります。

 

 

気になる方は、参考サイト:産前産後期間計算ツールを利用するなどして、確認してみてくださいね。

 

benefit_for_delivery_003

 

いかがでしたでしょうか。

 

出産手当金の制度は分かりにくいところがありますが、基本的には働いている女性のための制度であるということを、覚えておいてくださいね。

 

【関連記事】

出産育児一時金の直接支払制度の方法と書き方。里帰りの場合は?

 

また、出産手当金を受給すると傷病手当金の支給はなくなりますから、合わせて覚えておくようにしてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

小学校の卒業式、ママのスーツ選び方。母に合うブランドは?

春の日差しが少し眩しくて、暖かい風が吹く今日この頃です。小学校の卒業式の季節ですね。  

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

産休の挨拶の際のメール例文。社内向けと取引先のあいさつ文とは?

女性が社会進出する機会が増えるに伴い、子供が出来ても働き続ける女性がどんどん増えてきました。 &n

記事を読む

入学祝いの書き方。のし袋の選び方と表書き、中袋には?金額目安

この春高校に入学する甥がおります(*´∀`*)おめでたいですね!   兄弟の子供の成長

記事を読む

確定申告の医療費控除で必要な書類と申請方法。提出や郵送方法とは?

皆さん、確定申告したことありますか?お勤めの方は、年末調整として会社がしてくれることがほとんどですし

記事を読む

一人暮らしおすすめペットは?猫、うさぎ、ハムスターは飼いやすい?

一人暮らしにも慣れてきた頃、誰もいないお家に帰るのはちょっとさみしい。もし、家に帰った時に誰かがいて

記事を読む

年末年始の海外旅行。格安のおすすめ国は?お正月を楽しく安く過ごす

テレビやブログなどで、芸能人がハワイやグアムなどで年末年始をすごす光景を、よく見かけます。最近では芸

記事を読む

正月太りを解消する!今すぐダイエットに効く食事・運動・ストレッチ

みなさん、楽しいお正月休みを過ごされた事と思います。楽しい年末年始を過ごした後、ふと気が付くと体が重

記事を読む

年賀状はいつまでに出す?元旦に届く期限。返事はいつまで出すか?

12月に入ると、そろそろ年賀状の準備をしないと…と気持ちが焦ってきますよね。皆さんは、家で手作り派で

記事を読む

退職金の計算。相場と平均。中小企業の勤続年数、自己都合では?

会社を退職する時に気になるのが、退職金を貰えるのか?・・・というところですよね。今後の自身の生活に関

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑