*

引越し不用品、粗大ゴミ処分方法。買取や引取で廃棄するコツ

この時期は卒業、入学、就職、転勤・・・そうです、引っ越しのシーズンです!わたしも進学や就職、結婚などで何度か引っ越しをしましたが、引っ越すたびに段ボール箱の数が増えていったのを覚えています。

 

なかなか物を捨てられない性格で、全然使っていないものも「いつか使う日がくるかもしれない!」なんて思って、一緒に引っ越してしまうんですよね。その結果、引っ越した時に開梱しないまま、次の引っ越しを迎える段ボールもちらほら・・・。

 

結婚後に今の住まいに引っ越してくる時は、夫と一緒に引っ越しをしたのですが、その時の夫の引っ越し手さばき、おもに不用品の処理が見事なものだったので、いくつかご紹介いたします。

 

●無料で不用品、粗大ゴミを処分する方法
●不要品を買取りしてもらうコツ
●買取りが無理でも無料で廃棄する方法
●どうにもならない場合は有料で処分

 

こんな内容でお届けしますので、引越しの際の不用品について、粗大ゴミとして処分する・買取や引取などで廃棄するコツなんかをお探しの方にお役立ていただけたらと思います。

 

SPONSORED LINK

 

無料で不用品、粗大ゴミを処分する方法

昔はお金を払ってゴミを処分なんてしてなかったのに・・・というと年がばれてしまいそうですが、ほとんどの自治体で粗大ごみは有料で処分するのではないでしょうか。普段のゴミ袋も有料という自治体もありますもんね。

 

わたしたちも今の家に引っ越しをするときは、家具などを一新したために相当の不用品が発生してしまいましたが、できるだけゴミにお金をかけたくなかった夫は、以下の方法でゴミをどんどんさばいていくことに。

 

●リサイクルショップ・出張買取り業者に買い取ってもらう

●不用品回収業者の無料収集日に出す

●上記でさばけなかったゴミは粗大ごみとしてお金を払って回収してもらう

 

ざっと分けるとこんな感じです。

 

そうなんです。お金を払わずともゴミを引き取ってもらえる可能性も、さらには買い取ってもらえる可能性もあるんですよ。

 

 

不要品を買取りしてもらうコツ

それでは先ほど挙げましたゴミ・不用品をさばく方法のうち、リサイクルショップなどに買取りしてもらう場合のコツについてお話したいと思います。

 

●リサイクルショップ・出張買取り業者に買い取ってもらう

moving_002

 

自分にとっては不要なゴミでも、もしかしたら他の人には価値のあるものかもしません。・・・というわけでリサイクルショップに買い取ってもらいましょう!

 

SPONSORED LINK

 

持ち込むのが大変ならば出張買取りに来てもらえますが、出張買取りの場合は往復の交通費などの手数料がかかるため、品物自体の査定額は同じだったとしても、結果的には持ち込みの方が買い取り額が高くなります。

 

moving_003

 

さらに、持ち込む時期も査定額を左右します。たとえばコタツやストーブだったら、それらの商品を探している人が多い秋~冬に持ち込めば、当然買取り価格もアップするんです。

 

逆に春~夏に売ってもお店側としては場所をとってしまうだけなので、安く引き取られてしまいます。

 

moving_001

 

買取りが無理でも無料で廃棄する方法

続いて、買取りが無理だった場合に、お金を使うことなく無料で廃棄する方法についてご紹介します。

 

えっ?そんな方法があるの?と気になりますよね。・・・あるんです!こんな方法で、不要品を無料で廃棄できちゃいますよ。その方法とは・・・!

 

●不用品回収業者の無料収集日に出す

よく自宅の郵便受けに「不用品引き取ります!」というチラシが入っていませんか?

 

これ、たいていの場合は相談や見積もりが無料なだけで、引き取りは有料ということが多いのですが、たまに「無料回収日」というものを設けていることがあるのです!

 

しかも出す方法も簡単で、多くの場合は、不用品にチラシを貼り付けて玄関前に置いておけばOKなんです。

 

moving_004

 

こちら側で日程を決めることはできませんが、引っ越しまでに時間に余裕があって、絶対お金は出したくない!という方はこういった方法を探してみるといいと思います。

 

 

どうにもならない場合は有料で処分

上記2つの方法でもどうしてもさばくことができなかった・・・なんてことも、不要品の種類や諸事情などにより、あるかもしれませんよね。

 

では、そんな場合はどうしたらいいかといいますと・・・ズバリ!

●粗大ごみとしてお金を払って回収してもらう

 

リサイクルショップも回収業者も引き取ってくれなかった・・・となったら最後の手段です。自治体の粗大ごみ収集で回収してもらいましょう。

 

回収費用などのお金がかかりますので有料となりますが、ほとんどのものを回収してもらうことができます。

 

便利な世の中になったもので、ほとんどの自治体でインターネットで回収申し込みができるようになってきています。もちろん電話で申し込むことも可能です。

 

 

回収してもらいたい粗大ごみを伝えると、料金回収日回収場所などを案内してもらえますので、案内に従いコンビニや公民館・市役所などでゴミ処理回収券を購入しましょう。

 

これはシールになっているので、このシールを粗大ごみに貼り、指定の回収場所に期日までに搬送しましょう。

 

2

 

いかがだったでしょうか。私たちは引っ越しの際に家具家電7点を5,000円程度で引き取ってもらいました。自治体に有料で引き取ってもらったのは総額1,000円程度と、さほど大きな金額ではなさそうですよ。

 

【関連記事】

引越し手続きで慌てないためにチェックリストで確認!やること一覧

 

引越しで不用品の処分・廃棄にお困りの方や、ゴミなんて捨ててしまおう!と思っていた方は、今回ご紹介した処分方法を是非とも検討してみてくださいね。ゴミが思わぬ臨時収入になるかもしれませんよ!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

どんど焼きは東京都内どこの神社でやっている?ご利益は?

日本の各地で行われている『どんど焼き』ですが、子供のお祭りと思っていませんか?子供だけではなく大人も

記事を読む

十五夜の意味を子供に説明するなら?由来とすすきや団子の意味

突然ですが、十五夜のお月見って詳しくどういうものかご存じですか。 私は先日、姪に突然「十五夜って何

記事を読む

大阪の初詣デートおすすめ神社。恋人と楽しくお参りしよう!

今年も残すところ、あとわずかですね。新年に恋人と初詣に行きたいと考えている方も多いのではないでしょう

記事を読む

マイコプラズマ肺炎の症状。大人も感染、うつるの?治療期間と薬

ちょっと風邪を引いたかなと思っていても、なかなか仕事や家事を休むわけにもいかず、無理をすることありま

記事を読む

立冬の意味とは?2018年はいつ?食べ物と風習。時候の挨拶の例

「きょうは立冬です。各地の表情をお伝えします」などと、秋も深まってくるころ「越冬する鳥たち」や「お正

記事を読む

非常食のおすすめ!おいしい缶詰やパンお菓子。3日分の根拠は?

東日本大震災をきっかけに防災グッズや非常食を備える家庭も増えたのではないでしょうか。  

記事を読む

大倉山公園の梅まつり2019。梅林の開花状況と見どころは何?

まだまだ寒い日が続いていますが、そろそろ各地で梅まつりが始まるようです。寒さの中でも美しく花開く梅。

記事を読む

定期券払い戻しの計算方法。利用途中は使用期間いつまで可能か?

普段何気なく便利に使用している定期券。   でも何らかの事情により、定期券が不要になっ

記事を読む

仙台光のぺージェント2018。点灯時間と期間。周辺で食事なら?

今年2018年で33回目となる仙台光のぺージェントは仙台の冬の風物詩となっています。全国あちこちにイ

記事を読む

英語で贈る卒業メッセージの文例。感謝の気持ちを英語で伝えよう

卒業のシーズンですね。いろんな場面でメッセージを書く機会があると思います。もちろん、普通に「卒業おめ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑