*

北野天満宮のアクセス。京都駅からバスなら?周辺ランチとお守り効果

SPONSORED LINK

みなさんは、北野天満宮をご存知でしょうか?

 

『「北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。天神信仰の発祥の地であり、親しみをこめて「北野の天神さん」「北野さん」と呼ばれています。』と公式HPは出ております。

 

要は、全国の天満宮の頂点に君臨していると言えます。そこで今回は、この天満宮の頂点である北野天満宮についてお届けしたいと思います。

 

●京都駅から北野天満宮のアクセス方法は?
●駐車場はある?拝観料と見所について
●周辺のおすすめランチ。人気グルメや安い店は?
●北野天満宮のお守りの効果は?種類と値段

 

受験生などは時間余裕があれば、是非足を運んでみてください。

 

SPONSORED LINK

 

京都駅から北野天満宮のアクセス方法は?

最初に、北野天満宮の所在地は下記の通りとなります。

 

北野天満宮
住所:〒602-8386 京都市上京区馬喰町
電話:075-461-0005
 
北野天満宮のアクセス。京都駅からバスなら?周辺ランチとお守り効果

 

 

 

アクセス方法ですが、今回は京都駅から北野天満宮へのアクセスをご紹介します。他にも様々なアクセス方法が考えられますが、以下が王道で分かり易い行き方となります。

 

JR京都駅より市バス50・101系統(北野天満宮前下車すぐ)

 

kitano_tenmangu_001

 

駐車場はある?拝観料と見所について

駐車場についてですが、参拝専用ですので駐車は参拝時間内(9時~17時)のみです。また、毎月25日は縁日のため駐車できません。例外として、第2駐車場(今出川通七本松東側)には約40台駐車できます。

 

拝観料についてですが、これは見どころとともに紹介いたします。

 

まずは、「梅苑」です。例年2月初旬から3月下旬に開苑すのですが、入場料は茶菓子付きで700円です。梅約50種、1,500本の紅白が咲き乱れるのは、苑内を楽しむのにもってこいです。

 

kitano_tenmangu_006

 

 

続いて、「もみじ苑」です。こちらは、11月上旬から12月上旬でライトアップも行われております

 

入苑料は700円で、こちらも茶菓子付き(利休居士が考案したと伝わる麩の焼を再現したお菓子)です。約250本の紅葉が境内を色濃く秋色に染める姿は、本当に心が落ち着きます。

 

kitano_tenmangu_007

 

 

そして、「青もみじ」の公開もあります。これは5月上旬から下旬にかけてで、入苑料は300円で宝物殿拝観券付きです。鮮やかな新緑が生命の力強さを感じさせてくれます。

 

kitano_tenmangu_008

 

 

最後に、「宝物殿」をご紹介します。開館日は縁日(毎月25日)、観梅・紅葉シーズン、1月1日、12月1日、4月10日~5月30日で、料金は300円となっています。

 

展示品は入れ替えをすることがあるようなので、公式HPで紹介しているものが公開されていない場合もあれば、別のものを見られる機会があります。

 

そして、何といっても宝物殿には国宝である「北野天神縁起絵巻 承久本」を見ることができます。複製品ですが、是非一度見ておきたいところです。

 

SPONSORED LINK

 

周辺のおすすめランチ。人気グルメや安い店は?

せっかく北野天満宮へきたのだから、ランチもちょっと小洒落たものやおいしいものを堪能したいですよね。そこで、北野天満宮周辺のおススメランチをご紹介します。

 

「とようけ茶屋」は参拝後、豆腐料理や湯葉を楽しむのであればおススメです。予算もそれほどかかりませんので、足を運んでみてください。

 

とようけ茶屋
住所:京都府京都市上京区今出川通御前西入ル紙屋川町822
電話:075-462-3662
 

 

 

北野天満宮のお守りの効果は?種類と値段

北野天満宮のお守りは、願いごとに合わせて違うものを購入する必要があります。勧学守(\700)や学業守(\1,000)あります。そして、「星まもり」なるものがあります。

 

これは、北野天満宮の三光門の真上には北極星が輝き、天のエネルギーの働く聖地であると伝えられていることから、幸運をよぶ五色(青、白、赤、黄、紫)の星まもり(各¥1,000)となっております。

 

 

交通安全(大は700円、小は400円)や技芸上達守(こちらは800円)、病気平癒守(800円)や錦守(各700円)、厄除守(700円)、そして、縁結守、安産、延命長寿守はいずれも700円となっています。さらに、干支守(500円)もあるようです。

 

8691724602_d2aa6436b0_m

 

お守りの効果についてですが、北野天満宮のお守りは天神さまの御霊をお遷ししたもので、北野天満宮の神職がお祓いと祈願を行っているため、その効果は絶大なものであると言えます。

 

これを機に、京都に足を運んだ際は北野天満宮を参拝してみてほしいと思います。

 

【関連記事】

太宰府天満宮のアクセスで博多駅からは?お守り種類とランチおすすめ

 

こちらの記事では、同じく天満宮の有名どころ「大宰府天満宮」について詳しくまとめています。合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

若草山の山焼き2018年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。  

記事を読む

香典の金額の相場。会社や取引先なら?祖父母や身内。友人の場合

結婚式などのお祝い事は、前もって日程が分かるものですが、通夜や葬儀の大半は突然の訃報が多いもの。お世

記事を読む

インフルエンザの潜伏期間の症状。感染力や期間は?a型とb型まとめ

前回の記事に続いて、今回は、インフルエンザの潜伏期間の症状について調べてみました。感染力や症状、また

記事を読む

年賀状の書き方。先生や目上の方への文例。挨拶文や一言添え書き

いよいよ今年も年賀状の季節がやって参りました。でも残念なことに、特に若い方の年賀状離れがすすんでいる

記事を読む

引越しの転出届はいつから出す?手続きに必要なものと書き方

引越しをするとなると役所への手続きなどをはじめ、電気・ガス・電話など各所に住所変更の手続きなど、しな

記事を読む

セミの寿命はどれくらい?成虫が短い理由。 幼虫の土の中の年数は?

13年、17年の周期で発生する素数ゼミがいるとか、携帯電話ではセミの声は聞こえないとか、人間の大きさ

記事を読む

文化祭の出し物。食べ物で模擬店メニュー。高校なら?チュロス他

高校の文化祭、模擬店も楽しみの一つですね。食べ物を提供することが多いですが、どんなメニューがいいので

記事を読む

天神祭花火大会2018日程。場所と開始時間は?穴場スポット情報

天神祭とは東京神田祭、京都祇園祭りと並ぶ日本三大祭りの中のひとつです。水の都大阪の、火と水の伝統的な

記事を読む

お歳暮のお礼状の例文。ビジネスから個人まで例を紹介

年末になると慌ただしくお歳暮を贈ったり贈られたり…。頂いたお歳暮に対してお礼状を差し上げるため、どの

記事を読む

お花見の穴場はどこ?東京都内の隠れ花見スポットはここだ!

今年もお花見のシーズンがやってきました。しかし都内にはお花見スポットがたくさんありますが、情報誌やネ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑