*

喪中の寒中見舞いはどうしたらいい?送る時期はいつ?

寒中見舞いは、喪中時に年賀状の代わりとして送られる方が多いかと思いますが、元々の用途は厳寒期に相手の体調伺いや、お互いの近況報告をしあう為の挨拶状です。

 

ですから、用途としては年賀状代わりの挨拶状のほか、年賀状を出すのが遅れて松の内を過ぎてしまった時や、お歳暮を頂いた際のお礼状としての用途もあります。

 

もちろん、頂いた寒中見舞いのお返事や、喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合のお詫びの手紙としても用いる事が出来ます。

 

今回は、

●喪中時の寒中見舞いの文例
●送る時期はいつ頃が良いの?
●出産報告はしても良い?
●写真の挿入は避けるべき?
●使用するはがきは、年賀用で大丈夫?

といったテーマで、喪中時の寒中見舞いについて、文例や注意点等の紹介をします。

 

SPONSORED LINK

 

喪中時の寒中見舞いの文例

基本的な喪中時の寒中見舞いのレイアウトとしては、まず始めに寒中見舞いの挨拶を記載し、その後に時候のご挨拶、それから年賀状の返礼の場合には頂いた年賀状のお礼を述べ、自分の近況報告を記載します。

 

それから、相手の体調を気遣う言葉を必ず入れるようにし、最後に日付を添えるようにしましょう。

 

kingashinnen_002

 

上記のような事をふまえて、文例を挙げると以下のようになります。

 

寒中お見舞い申し上げます。
毎日寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました。

ご心配をお掛けしておりましたが、
ようやく新しい職場にも慣れ、少しずつ余裕をもてるようになって参りました。

本年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

この冬は例年になく寒さが厳しいようです。
皆様もどうぞご自愛下さい。

平成◯◯年 一月

 

喪中の寒中見舞いを送る時期はいつが最適でしょうか?

 

送る時期はいつ頃が良いの?

一般的には、松の内を過ぎた1月7日から1月下旬頃までを目安に投函するものとされています。

 

寒中とは、そもそも小寒と大寒にあたる時期を指しますので、寒の入りである1月5日から立春の前日である2月4日までの期間を表した言葉です。

 

 

そのため、2月4日の立春以降に寒中見舞いのような季節の挨拶状を送りたい時は、寒中見舞いではなく余寒見舞いとして送るようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

出産報告はしても良い?

喪中ハガキに一筆「子供が生まれました」と書き加えて送るというのはNGですが、寒中見舞いに出産報告を添えて送る事は問題ありません

 

ただ、あくまで喪中であることに変わりはありませんので、幸せオーラを全開にした子供の写真や文面は載せずに、あっさりとした報告に留めるようにしましょう。

 

 

郵便局などで売っている喪中用の寒中見舞いはがきを見ると分かりやすいと思いますが、喪中用のものはそのレイアウトも地味目なもの多いですよね。

 

あまり賑やかなレイアウトのものは送らず、年賀状で出来なかったご挨拶と簡単な近況報告としての出産報告を添える程度にしておく方が無難です。

 

2

 

写真の挿入は避けるべき?

もともとが季節の挨拶状という用途ですので、寒中見舞いに厳密なルールはありません

 

もちろん写真やイラストを挿入する事も問題ありませんが、そこに使う素材としてお正月をイメージさせるものはふさわしくありませんし、干支など年賀状に用いられる素材を使用するのは避けましょう。

 

 

写真やイラストを挿入する場合は、冬の風物詩や早春を想起させる題材にするのが無難です。

 

また、年賀状で使用したデザインの使い回しはせずに、少し落ち着いたデザインにまとめて仕上げるようにしましょう。

 

 

使用するはがきは、年賀用で大丈夫?

お年玉付きの年賀状はがきの方が貰った相手も嬉しいのではないかと考えて、年賀状の残りを使用したいという方もいらっしゃると思いますが、寒中見舞いには一般の官製はがきを使用するようにしましょう。

 

【関連記事】

喪中年賀状の返事はどうしたらいい?はがきが届いたら

 

こちらの記事では喪中はがきの返事について詳しくまとめていますので、喪中はがきが届いて対応にお困りの方は是非お役立てくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

佐布里池の梅まつり2019。アクセス方法と梅林の開花状況は?

梅の開花情報を聞いて、梅を見に行くにも地方で遠い…。そんな人は、大都市近郊で開かれる梅まつりを見つけ

記事を読む

喪中の初詣。神社の参拝がいけない理由。厄除けはできる?

そろそろ来年の事が気になる時期になりましたね。親族にご不幸があって、今年は正月行事をしないと言う方も

記事を読む

小学校の卒業式で祝辞の例文。感動するPTA会長の挨拶とは?

長い冬が終わりにさしかかると、あっというまに3学期が過ぎて、いよいよ卒業の季節となります。PTA会長

記事を読む

卒園式でコサージュは必要?つける位置や場所。色やマナーまとめ

ヨチヨチ歩きだった子供も早いもので、もう卒園。子供の成長が嬉しい反面、ママは卒園式で着る洋服のコーデ

記事を読む

結婚式招待状の返信メッセージ。友達や親しい友人へ贈る一言は?

結婚式の招待状を受け取ったら、出来るだけ早めに返事をするのがマナーですが、返信する際には何か気の利い

記事を読む

靖国神社の初詣2019年の混雑予想。混み具合と回避のコツ

東京都民の方のみならず、初詣は靖国神社に行こうと計画している方も多いのではないでしょうか? &nb

記事を読む

寒の入りとはいつからなのか?2019年の大寒はいつ?

寒さが厳しくなってくるとよく聞かれる「寒の入り」という言葉、皆さんはきちんと説明できるでしょうか?

記事を読む

初日の出スポット関東2019年。おすすめの穴場はここです!

こんにちは!…もういくつ寝るとお正月?なんて考える暇もなく、気付けば年の瀬が振り向けばすぐそこに訪れ

記事を読む

スーツの衣替えの時期。春はいつ頃?シャツは半袖?秋は10月から?

スーツを着るお仕事の方も多いと思いますが、衣替えっていつ頃されていますか?学生さんなら6月1日と10

記事を読む

ヒートショックを防ぐための対策と予防ノウハウ!入浴にはご用心!

冷たい風が吹く寒い冬。風邪やインフルエンザといった病気の予防や対策の他にも、特にこの寒い冬に気をつけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑