*

喪中はがきの年賀状の返事はどうしたらいい?文例とマナーまとめ

いまや当たり前の常識となっている、その年の家族または親族に不幸があった場合、毎年年賀状で新年の挨拶を行っている相手に、

 

家族または親族の死去により喪に服していることを知らせ、翌年の新年の挨拶を遠慮する旨を伝える喪中はがき

 

年賀状を遠慮する旨を伝えることから、「年賀状の欠礼はがき」「年賀欠礼状」などとも呼ばれています。

 

通常、喪中はがきは11月中旬以降12月15日までに送られてきますが、喪中はがきをいただいた後はどのように返事をするのが良いのでしょうか?今回は、

 

●喪中はがきが届いたら?
●故人が亡くなられたことを初めて知った場合と文例
●子供の友人から届いたら?マナーについて
●故人が亡くなられたことを知った場合

 

といった内容で、喪中はがきへの対応方法についてご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

喪中はがきが届いたら?

喪中はがきが届いた場合には、年賀状にかえてお悔やみの言葉を添えた寒中見舞い(喪中見舞い)などを出すのが一般的です。

 

寒中見舞いを出す時期としては、1月7~2月4日(立春)ごろまでとされています。寒中見舞いとして出す返信のはがきは、何か特別なことがない限り、郵便局の胡蝶はがきで済ますのが無難でしょう。

 

たとえば、家族写真が印刷され、そこにお悔やみの言葉が書かれている寒中見舞いをもらっても、相手にお悔やみの気持ちは伝わりにくいでしょう。

 

1

 

故人が亡くなられたことを初めて知った場合と文例

喪中はがきで亡くなられた事を知った場合、誰が亡くなられたのか書かれていない喪中はがきが届くことがあり、どのような返事をだしたらいいのか困ってしまうものです。

 

寒中見舞いで、きちんとしたご挨拶をしておきましょう。

 

(1)ご挨拶状を頂いた御礼と、ご不幸を知らずに居た失礼をお詫び

(2)お悔やみの言葉と慰めや励まし

(3)こちらからも年賀状を遠慮させて頂く

 

旨を書くようにしましょう。

 

喪中年賀状の返事は何を書いたらいいのか。はがきが届いた場合の文例

 

寒中見舞い例文:

寒中見舞い申し上げます。
御服喪中との由承り、お年賀ご遠慮申し上げます。
皆様には静かに御越年のことと存じますが、
厳寒の折からお身体お大切にお祈り申し上げます。

 

 

また、上記の例文は会社関係の人などフォーマルに使える文例ですが、友人など、今までフランクに付き合ってきた相手に対して喪中はがきの返事を書く場合は、もう少し文体を柔らかく書くのも良いでしょう。

 

友人向け寒中見舞いの例文:

寒中お見舞い申し上げます。
御服喪中のことと、年頭のご挨拶は遠慮させていただきましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ご家族がひとり欠けたこの冬は、寒さもひとしおと存じます。
世間では流感が猛威をふるっておりますが、
くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

 

SPONSORED LINK

 

子供の友人から届いたら?マナーについて

子供の友人から喪中はがきが届く場合もあります。この場合、上記に書いたような寒中見舞いのマナーを教えて、子供の名前で子供から寒中見舞いを出させるようにしましょう。喪中について、年賀状の文化について話す良い機会にもなります。

 

子供の名前と親の名前が連名で書かれていた場合に、きちんとした挨拶をしないと気持ち悪いと思う方は、親から寒中見舞いを出すようにすると良いでしょう。

 

3

 

故人が亡くなられたことを知った場合

喪中はがきで亡くなられた事を知った場合、誰が亡くなられたのか書かれていない喪中はがきが届くことがあり、どのような返事をだしたらいいのか困ってしまうものです。

 

寒中見舞いできちんとしたご挨拶をしておきましょう。

 

(1)ご挨拶状を頂いた御礼と、ご不幸を知らずに居た失礼をお詫び

(2)お悔やみの言葉と慰めや励まし

(3)こちらからも年賀状を遠慮させて頂く

旨を書くようにしましょう。

 

誰が亡くなられたか分からない場合、モヤモヤとした気持ちが残りますが、送り主が書いていないことを詮索するのはマナー違反です。

 

送り主にも事情があるかもしれませんので、相手から何か連絡があるまではそっとしておいてあげましょう。

 

【関連記事】

喪中はがきの文例。夫や義父の場合は?夫婦連名で出す続柄の書き方

 

では、こちらが喪中の場合の喪中はがきの書き方はご存知でしょうか?上記記事では具体的な文例をご紹介しておりますので、気になる方は参考になさってくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

田浦梅の里の開花状況。2018年の見頃はいつ?アクセスと駐車場

まだまだ寒さの厳しい2月上旬。日本各地では春の訪れを告げる梅の花が咲き始めます。花見としては桜より少

記事を読む

忘年会の余興ゲーム。盛り上がるネタは?ダンスや一発芸のアイデア

いよいよ年末に入ってきました。年末と言えば、そう、忘年会シーズン。幹事さんは頭を悩ましながらも、大盛

記事を読む

花粉症メガネの効果はある?ない?対策法とおすすめメガネの選び方

くしゃみ・鼻水・目のカユミなど、ツライ花粉症の対策は何が有効?毎年花粉症に悩む私にとって、花粉の飛び

記事を読む

畳にカビが生えたらどう取り除く?掃除で簡単に除去できる方法

日本のお家にかかせないもの、と言えば何だと思いますか? 私は、和室!と答えるかもしれません

記事を読む

大宮氷川神社の初詣2018。混雑状況と空いてる時間帯は?

初詣には行きたいけれど、何時間も並ぶのはちょっとな…そんな方のために今回は、大宮氷川神社へ初詣につい

記事を読む

立冬の意味とは?2017年はいつ?食べ物と風習。時候の挨拶の例

「きょうは立冬です。各地の表情をお伝えします」などと、秋も深まってくるころ「越冬する鳥たち」や「お正

記事を読む

NHK引越し住所変更の手続き。放置した場合と解約する方法

春は新生活がスタートする季節でもあります。今年の春から新天地での暮らしが始まるという方も、多いことで

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2017年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。   この冬至の日は

記事を読む

雛人形を飾る時期、期間はいつから?飾る向きや場所

ひな祭りは3月3日、まだまだ時間がある!…なんてのんびりしている方は居ませんか? また逆に

記事を読む

卒業旅行で海外。格安で人気の旅先は?おすすめビーチと穴場スポット

そろそろ卒業シーズンですね。学生のみなさんは、卒業旅行などを計画している人も多いのではないでしょうか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑