*

鴻巣花火大会2018!穴場のよく見える場所とは?場所取りの時間

花火は大好きだけど、どうも夏に弱くて。真夏に汗だくで出かけるのって苦手。なんていう人には必見の、秋まっさかりに開催される花火大会を見つけました!

 

しかも、とっても華やかで大きな花火大会。なにやらギネスブックにも登録されているとか。鴻巣花火大会。気になりますね!ここでは、

■鴻巣花火大会2018年の日程。打上げ場所と最寄り駅は?
■無料の駐車場はある?駐車場の混雑と満車状況
■無料観覧できる穴場のおすすめスポット。よく見える場所は?
■鴻巣花火大会の場所取りのコツ。時間は何時に行けばいい?

 

について調べたことをお伝えします。花火が秋の風物に!? ご期待ください!

 

SPONSORED LINK

 

鴻巣花火大会2018年の日程。打上げ場所と最寄り駅は?

まず、鴻巣花火大会についての概要をご紹介します。埼玉県鴻巣市、鴻巣商工会青年部が主催するイベントで、打上げ数15,000発超、観覧客数60万人を誇る大きな花火大会です。

 

歴史は比較的新しく、第1回大会の開催が平成14年。当初は3,000発というこじんまりとしたものでした。

 

ですが、毎年の回数を重ねるごとに打上げ数を増やし、今では15,000発を超える数に。そして内容もまたゴージャスで粋を凝らしたものとなっています。

 

正二尺玉、正三尺玉に加え、平成25年の第12回大会からはなんと正四尺玉が登場。翌年、第13回大会の打上げで、見事ギネス世界記録に認定されるという快挙がなされました。

 

01
画像元:http://kounosuhanabi.com/ 

 

認定時の四尺玉花火です。下方に写る屋台などとの比較から、その大きさが推測されます。そしてなんとも優美で繊細な美しさ!

 

「鳳凰乱舞」と名付けられた日本一のラストスターマインも豪華絢爛ということで、花火師さんや商工会青年部の皆さんの努力と心意気の高さを感じます。また有料観覧席のシステムが整っているので、観覧予定もたてやすいですね。

 

 

日程と開催場所は、以下の通りです。

 

日程:2018年10月13日(土)

時間:18:00~

場所:埼玉県鴻巣市糠田 糠田運動場および荒川河川敷
   (埼玉県鴻巣市糠田1073-1)

 

打上げ会場へのアクセスです。

■JR高崎線 鴻巣駅下車(西口) 徒歩35分

■鴻巣駅から市内循環バス 田間宮小学校入口下車 徒歩5分

 

とっても詳しい案内図が公式HPにありましたので掲載します。昨年のものですので、また今年のアップがありましたら、そちらをご参照くださいね。

 

02
画像元:http://kounosuhanabi.com/ 

 

 

 

無料の駐車場はある?駐車場の混雑と満車状況

車での来場については、当日の交通規制がありますのでご注意ください。こちらも昨年のご案内になりますが、ご参考になさってください。

 

03
画像元:http://kounosuhanabi.com/ 

 

公式駐車場については無料の設定はなく、全て有料となります。一台につき一日2,000円です。駐車料金は大会運営費として利用と明記ありますので、これだけ大きな大会の支えとなるのならオッケーと思えますね!

 

 

場所は上記の交通規制図をご覧いただいて、左のほうの「吉見総合運動公園」。当日9:30の開場です。駐車台数にも限りがありますし(2,000台)、駐車場の構造上、駐車場に入るのも出るのも一苦労というコメントがありました。

 

15時以降になると駐車は難しくなる可能性が大きいので、出来るだけ早い時間に駐車してしまうのがおすすめです。また、鴻巣駅付近にはコインパーキングが数件あり、早い時間なら停められるようです。

 

※↓クリックで拡大


画像元:http://kounosuhanabi.com/

 

いずれにしても、車での来場の場合、行きも帰りも時間の余裕をかなり持っておくことが必須のようですね。

 

SPONSORED LINK

 

無料観覧できる穴場のおすすめスポット。よく見える場所は?

鴻巣花火大会では有料観覧席のチケットが販売されます。

 

有料観覧席は、昨年までの「糠田メイン会場」に加え、新設された「糠田メイン会場第2会場」の2箇所となります。

 

糠田メイン会場は、インターネット(チケットぴあ、eプラス)、電話、店頭(チケットぴあ、サークルK、サンクス、セブンイレブン)などで出来るようで、昨年は7月初旬より販売が開始されました。

 

価格は昨年のものは以下の通りです。

 

【有料観覧席料金】

・ブルーシート席(4名まで)14,040円
・イス持込可能席(4名まで)14,040円
・ペアシート席(2名まで)7,560円
・有料自由席 3,780円
・有料撮影席 5,400円

 

新設の「糠田メイン会場第2会場」は、7月中旬からの販売のようです。

詳細はこうのす花火大会公式ホームページでご確認ください。

 

423998

 

無料観覧席も設けられています。駐車場となっている吉見総合運動公園の一部が無料観覧席となっています。

 

駐車場と隣接していることで、駐車された方が利用されることも多く、あっという間に満席になってしまうとのことですが、駐車場は9時30分開場ですので、その時間以前に徒歩で着けるなら場所の確保は大丈夫そうです。

 

ただ徒歩の場合、JR鴻巣駅から5キロ、時間にして1時間近くかかってしまいます。しかも花火終了後の帰路になると、人の多さでかなりの時間がかかると見込まれます。

 

では、もっと気軽に見られる穴場はないの?ということになりますね。地元の方の口コミから、いくつかピックアップしてみますね。

 

225602

 

御成橋周辺

会場からやや離れていますが、その分ゆったりと観られるようです。

 

鴻巣西中学校

周囲に高い建物がなく、昔から穴場スポットとされているようです。

 

田間宮小学校付近の土手

地元の人の穴場スポットらしいです。

 

道の駅いちごの里よしみ

少し距離はありますが、道の駅なので遠慮なく駐車し、遠慮なくゆっくりと観られそうですね。

 

飲食の販売は17時間までとのことですので、お買い物はそれまでに済ませましょう。最近は人気スポットとのことなので、早い目の場所確保がおすすめです。

 

鴻巣花火大会の場所取りコツ。時間は何時に行けばいい?

大きく華やかな花火として、年々人気が高まっている鴻巣花火。鴻巣商工会青年部の方々のパワーと心遣いが伝わる、手作りの素晴らしいイベントですね。

 

人気と共に観覧者数も60万人となり、その分、観覧席の確保の難しさや駐車場の少なさ、交通手段の悪さ(駅から距離がある)など、問題点も多々あるようです。

 

鴻巣花火大会を楽しむコツは、行きも帰りもとにかく時間に余裕を持つこと。可能ならば有料観覧席を確保しておき、電車でも車でも、混雑する前に現地入りしてしまえれば、あとはゆっくりと花火を楽しめます。

 

有料観覧席のチケットが取れなかった場合で、無料観覧席狙いをするならば、吉見総合運動公園の駐車場のオープン(当日9時半)時刻前なら確実に取れそうな感じです。15時を過ぎると座って観るのは無理そう。

 

 

あとは、上記の穴場で、少し遠目にでもゆったりと花火を楽しめればいい、くらいの余裕でふらりと現地に向かうのも、秋の夜長の風物とするにはいいかもしれませんね。

 

それから、口コミで皆さんが書かれていることがあります。10月半ば。晴れた日中は暑いくらいの日もありますが、日が暮れるとかなり冷え込む日が多いようです。寒さ対策をしっかりすることを皆さん仰っています。

 

暖かい服装を心がけたり、ポットに暖かい飲み物を入れて持参したり、寒くて長居ができなかった!なんてことにならないように、しっかりとご準備ください。

 

【関連記事】
前橋花火大会2018。穴場スポットの見える場所は?屋台の出る場所

 

秋の夜空を飾る、正四尺玉の大花火。人出の多さは気になりますが、ぜひぜひ間近かに観たいものです。寒さ対策と時間の余裕を武器に、ちょっと頑張って行ってみませんか。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

若草山の山焼き2019年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。  

記事を読む

三千院の観光でアクセスと駐車場。ランチ穴場は?桜とあじさい見頃

皆さんは京都観光されたことがありますか?修学旅行の定番ともなっているので、1度は訪れたことがあるとい

記事を読む

ハロウィンの仮装で人気なのは?可愛いコスプレやおもしろ衣装など

ようやく日本にも馴染んできたハロウィン。本来の「秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭り」というのとは離

記事を読む

水着の選び方と体型カバーする方法とは?胸の大きさ。サイズと色

30度を超える日も多くなってきて、いよいよこれからバーベキューやプール・海へのレジャーが楽しくなって

記事を読む

七五三の時期はいつ?お参りは数え年、満年齢か?2018早見表

わが子の健やかな成長を祝う七五三。 毎年11月15日が七五三の日だけど、お参りやお祝いは成人式のよ

記事を読む

猪名川花火大会2018。穴場スポットはここ!場所と時間。駐車場は?

さて夏真っ盛り、遊び気分真っ盛りの季節ですね。夏といえば花火!今回は、第70回猪名川花火大会2018

記事を読む

シクラメンの育て方。手入れと植え替えの仕方。休眠のポイント

クリスマスのプレゼントや贈り物に最適のシクラメンは、冬の季節に人気の花ですね。ほんのりピンクに色づい

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

ハロウィンでゾンビメイク!リアルな傷を簡単な道具で作る方法

最近は日本でも、ハロウィンの日に様々な仮装をしてパレードするイベントがありますね。本格的な仮装をした

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣2019年。混雑状況、混み具合は?

伏見稲荷大社とは、その名の通り「おいなりさま」の総本山!稲荷神社といえば、耳に馴染みのある神様ですよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑