*

お年玉袋の書き方。折り方や入れ方は?意味と由来。英語で伝えると?

私ごとですが、むかしむかし、冬休みの宿題に書き初めというのがありまして、それは「新年の抱負を書き初めにしましょう!」というものでした。

 

でも、おっちょこちょいの私は、お正月関係の言葉を書くのだと思い込み、堂々と「お年玉」と書いて大笑いされた苦い経験が有ります(苦笑)。それでもそんな事は関係なく、お年玉はうれしい物でした。

 

昔を懐かしく思い出しましたら、そんなお年玉の由来やお年玉袋の書き方などが、なんだか気になって参りました。そこで今回は、

 

●お年玉とは?意味と由来。起源について。
●お年玉袋の名前の書き方。表裏のどこに書く?
●お札の折り方と入れ方。面白い折り方は?
●英語で説明すると例文は?
●あげたお年玉に贈与税はかかる?もらった場合の税金は?

 

この内容で調べてみましたので、是非ご覧ください。

 

SPONSORED LINK

お年玉とは?意味と由来。起源について。

お年玉」という単語にまあるいイメージを感じるのは、わたしだけでしょうか?どうやら、語源が鏡餅らしいので、そのせいかもしれません。

 

お正月には欠かせない鏡餅ですが、大切なお役目があるようです。年頭のこの行事には、年神様を家にお迎えしておもてなしをすることで、新しい年の幸福を願い、魂をいただく!という意味があります。

 

 

そして鏡餅には、家にいらした年神様の御魂がそこに宿るとされ、餅玉と言ったそうです。鏡開きで、その餅玉を有難くいただく(食べる)ことで、その年を無事に過ごすことが出来ると考えられていました。

 

その餅玉を「御年魂」「御年玉」と言い、それがお年玉の由来で、分け与えるそのお役目は、一家の家長が行っておりました。時代を経て、大人が子供にお金を上げる「お年玉」に変化したと言われています。

 

 

このような流れから、目上の方にお年玉という名前で差しあげるのは失礼とされます。どうしても渡したいときは、表書きを「お年賀」などに変えたりするのがマナーだそうです。

 

私は両親に、毎年お年玉としてポチ袋にいれて渡しておりました。とんだ不作法ものですね。恥ずかしいです。

 

お年玉袋の書き方。折り方・入れ方は?意味と由来。英語で伝えると?

 

お年玉袋の名前の書き方。表裏のどこに書く?

かわいらしい物、おしゃれな物、素敵なお年玉袋が売られていますね。ところで、名前の書き方はご存じでいらっしゃいますか?

 

newyears_money_003

 

袋の裏に「~ちゃんへ」「~より」などと印刷で入っている物は別ですが、宛名は、袋表の左上に○○ちゃんへとし、差出人は、袋裏の右下へ○○おばちゃんより又は苗字だけを書き入れるのが一般的といわれています。

 

これは、差し上げた子供の親御さんにも分かり安くする為という役割も果たしています。

 

SPONSORED LINK

 

お札の折り方と入れ方。面白い折り方は?

紙幣は肖像がある方が表です。開いたときに肖像が見えるように、また、お札の右側が上になるように、まず左から折り、次に右の順で、3つ折りにします。

 

4つ折りは縁起が悪いとされていますので避けるようにしましょう。

 

newyears_money_008

 

ここで注意したいのは、お札を折る時に気合いを入れてピシッと折るのではなく、折り目がなるべくつかないように曲げる点です。

 

入れ方は、袋を表に向け折った紙幣を天地が逆にならないようにいれてください。できたら、新札を用意しましょう。

 

 

お札の折り方も色々あるようです。お雛様のように折ったり、鶴亀など縁起物に折ることもできるとか。お金で遊ぶな!と言われそうですが、お子さんは喜ぶかもしれませんね。

 

newyears_money_002

 

英語で説明すると例文は?

海外でも、国や地域によってはお年玉が有るようです。(習慣が無い国もあります。)習慣のある国では、

New Year’s Money

 

と、直訳すると「新年のお金」といった言い方が多いようです。

 

 

説明する場合は、

There is the custom which adults give money to their kids on New Year’s Day in Japan. We call the money Otoshidama.

 

大人は、日本の元旦に自分の子供にお金を与える習慣があります。私たちはお金お年玉を呼び出します。」といったところでしょうか?

 

newyears_money_006

 

あげたお年玉に贈与税はかかる?もらった場合の税金は?

110万円未満であれば、贈与税はかからないそうです。でも、もらった人の1年間(1/1~12/31)の合計金額が110万円を超えれば、もらった人が贈与税を申告しなければならないとのこと。

 

お年玉としての100万円、夏のお盆玉(?)として100万円もらっていれば、1年間の合計は200万円となり、基礎控除110万円を引いた90万円に、税率10%をかけた9万円を贈与税として申告納税する必要が出るのです。

 

 

教育資金贈与制度という制度を利用すれば、1,500万円までの贈与が非課税で可能となります。(ただし、いくつか条件があるようですのでご注意ください。)

 

newyears_money_005

 

さて、お楽しみいただけましたか?最後までお読みくださり、本当に有難うございます。

 

【関連記事】

お年玉の金額の相場はいくら?2015年の最新平均金額を公開

 

お年玉袋は用意できたものの、一体いくら入れたらいいのかわからない!そんな皆様にはこちらの記事はいかがでしょうか?

 

気になるお年玉の金額の相場についてまとめていますので、是非とも参考になさってみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

年末年始の海外旅行。格安のおすすめ国は?お正月を楽しく安く過ごす

テレビやブログなどで、芸能人がハワイやグアムなどで年末年始をすごす光景を、よく見かけます。最近では芸

記事を読む

初詣に行きたい東京の穴場神社。混雑なしでお参りしよう

東京で初詣に行きたいけれど、どこもかしこも混雑していそうで、気が進まない!という方もいらっしゃるので

記事を読む

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからな

記事を読む

静電気の除去と防止方法。髪の毛、服やスカートの対策とグッズ効果

寒い季節は特に発生率が高くなる「静電気」。髪の毛の広がりや、金属製のものを触る時のバチッ!!とした痛

記事を読む

鎌倉の桜の開花時期2018。名所の花見スポット満開予想と混雑状況

春の鎌倉は、いつもと一味違った観光が楽しめますよ♪数々の名所で知られる鎌倉ですが、春は桜のお花見スポ

記事を読む

ハロウィンのかぼちゃ販売はどこ?通販はある?由来から育て方

ハロウィンと言えば、やっぱりオレンジ色のかぼちゃが真っ先に思い浮かびますよね。そもそもハロウィンって

記事を読む

お盆に郵便局は営業してる?窓口配達について。ATMの振込は?

ゴールデンウィークも終わってしまい、社会人の皆さんの次の楽しみはお盆休みですね。お盆休みは帰省したり

記事を読む

授業参観の服装。小学校で母親や父親なら?春夏秋冬コーデの画像あり

入学から1ヵ月が過ぎたあたり新緑の美しい頃になると、だいたいの小学校で初めての授業参観日が設けられま

記事を読む

足立の花火の穴場スポット2018。場所取りの時間。屋台はどの辺?

その起源は明治時代に遡ると言われる足立の花火。60分間に12,000発が打ち上がる濃密な演出で、観客

記事を読む

サンタクロースからの手紙の申し込み方法2017。おすすめはどこ?

子供のころサンタクロースからの手紙をもらったことがありますか?私はもらったことがあります。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑